良心的な葬儀屋の見分け方は、ここを判断する!悪徳葬儀屋にだまされるな!

良心的な葬儀屋の見分け方は、ここを判断する!悪徳葬儀屋にだまされるな!

良心的な葬儀屋の見分け方はここで判断する!

 

電話対応・接客が丁重で親切

見積もりを依頼するとき、葬儀屋の言動を細かく観察しましょう。
良心的な葬儀屋は、お客様に対する言葉使いや接し方が丁寧で親切です。

 

依頼者の状況・要望にあったプランを提案してくれる

「予算はどれくらいか?」

「どんな葬儀を行いたいか?」など、

良心的な葬儀屋は、まず依頼主の状況や要望を細かく伺います。
そのなかで、不必要なものは一切勧めません。
それどころか助言までしてくれます。
それらをまとめた上で、適切なプランを提示してくれるでしょう。

 

 

葬儀に関わる内容や費用を細かく説明をしてくれる

 

 

葬儀だけでなく

 

「お坊さんへのお布施」

「提供する引き出物やお料理」

 

といった、関係する費用や内容までも細かく見積り、説明もしっかりとしてくれます。

 

以上を踏まえて

良心的な葬儀屋は、常に依頼主の要望を元にして、足りないところや必要なことを助言するという形でサポートを行うようです。
依頼主を中心として、葬儀屋本位にすることはまずありえません。

 

 

 

悪徳葬儀屋の見分け方は、ここで判断する

経験者に訊くところによると、葬儀屋の社員と初対面にもかかわらず言動の所々に違和感を感じるそうです。
そのような嫌な感じを覚えたら、なおさら警戒を強くして様子を伺ってみましょう。

 

 

依頼主に対する言葉使いや接客が雑、もしくは馴れ馴れしい

 

依頼主への対応に、どこかめんどくさそうだったり、馴れ馴れしい口調で説明したり。
このような葬儀屋はやめておいたほうが無難でしょう。

 

 

細かい見積もりや相談などを嫌がる

 

提示された見積書が大雑把。
細かい内容を訊ねると、はぐらかそうとする。

また、費用の面がかなり曖昧。

このように費用や内容に対して説明をさける、嫌がる葬儀社は、
高確率で「別料金」や「不必要なもの」を上乗せしてきます。

依頼はやめておきましょう。

 

依頼者の要望そっちのけで、葬儀社が提示するプランを強引に勧める

葬儀を行うにあたって、中心となるのは喪家(依頼主)です。
その依頼主を無視し、葬儀社の要望のみをのませようとする会社はお勧めできません。

 

 

社員の身だしなみが悪い

 


葬儀屋社員が身につけているもの、スーツにシワがあったり靴が汚れていたり、

髪がだらしなかったりと、そのようなところでも会社の内情を判断できます。

 

 

 

葬儀の裏事情

 

高額生花は使いまわしの中古商品

 

 

最近の葬儀では従来の木製の祭壇よりも生花で飾られた花祭壇が人気です。

生花は高額な費用がかかります。

 

しかし葬儀業界では生花は使いまわしが常識なんです。

 

遺族が高い費用を払い買った花の中には中古の花が混じっている事がほとんどです。

 

葬儀が終わり、不要になった花は、生花業者の手により回収されます。
そこで選別して状態の良い花を再利用します。

 

 

「リサイクル」と言えば聞こえは良いかもしれません。

しかし、使いまわしの花を使用しておきながら

遺族からは新品の生花代金を請求しているのですから、

これは大きな問題だといえるでしょう。

 

 

生花は遺族が買った花ですので、葬儀後に持ち帰るのは自由なはずですよね。

 

しかし現実には葬儀後に花を持って帰る人はほとんどいません。

業者は「このような花は持ち帰る事はお勧めしません」と言い、

生花を持ち帰らせないように誘導しているのだとか・・・

 

 

また、人知れず高額な生花を隠す方法があるのだそうです。

一連の葬儀が終わり、遺体とのお別れの時が来ると、棺は葬儀会場の中央に運ばれます。

 

そこで、社員の手で摘み取られた生花はお盆に盛られ、参列者の手でご遺体を飾ります。

 

会葬者全員の目がお棺に向かれているこの時がチャンスなのだそうです。

「花の摘み取られた祭壇を会葬者に見せるのは失礼なのでカーテンで隠す」と言い、

祭壇の前のカーテンを閉めて隠してしまいます。

 

実際には祭壇周辺には摘み取られていない生花があるのですが、

遺族の目から隠されてしまいます。

 

葬儀業者はなんとしても生花を多く残しておきたいのです。

 

遺族は新品の花だと思い、高額なお金を支払っているのですから、

生花の使いまわしは立派な犯罪でしょう。

 

使いまわし前程の生花は、本来ならば「リース代」として扱うべきです。

当然、生花代金も半減しなくてはなりません。

 

使いまわしで儲けを産もうとする葬儀業界を、

ここまで野放しにしてきた行政にも責任があると言えるでしょう。

 

 

葬儀費用と相続と控除の関係

 

 

葬儀費用は『相続税』から控除される

 

国税庁の〈相続と税金〉には『葬儀費用を遺産総額から差し引きする』とありますので、

葬儀費用は『相続税の控除対象』となります。

 

しかし、相続税には基礎控除額がありますので、

残せる財産が6,000万円以下であれば、そもそも相続税すら発生しません。

 

日本の平均的な葬儀費用は全額で約200万円です。

遺産を残せるほど成功している故人であれば、もっと大きな葬儀を行っていても不思議ではありません。
葬儀費用が相続税の控除対象となる事を知らないだけで、

200万円以上も多く、税金を収めてしまう可能性があるという事です。

 

遺産は所得の対象外です。

遺産が相続税にならないのなら、次に気になるのは所得税という事になります。
しかし、控除内で相続した物についても収入ではありませんから、

確定申告を行う必要はなく、相続した分に所得税がかけられることもありません。

 

 

控除となる葬儀代とは?

 

一口に葬儀と言っても、1日で終わるものではなく、その支払う内容は多岐にわたります。
そしてその全てが控除対象になる訳ではありません。

 

相続税控除の対象になるケース

国税庁が葬式費用と認めるのは、以下の場合です。

 

・死体の捜索、運搬に掛かった費用
・遺体や遺骨の回送費
・本葬式や火葬などに掛かった費用
・お通夜など、葬式の前後に必要となった費用
・お寺に渡すお布施などの費用

具体的には、

 

「仮・本葬式」

「お通夜」

「お布施」

「葬儀の会場代」

「霊柩車の費用」

 

などが葬儀費用と認められます。

 

相続税控除の対象にならないケース

しかし、以下の費用については、控除の対象外です。

 

・香典返しの費用
・墓地や墓石の購入費
・告別式以降に掛かった費用

注意するべきは「3・告別式以降に掛かった費用」の項目。

これにより、初七日や四十九日の法要で必要となった金額は、

控除対象から外されることになります。

 

香典は相続?所得?

葬儀を行った際に頂く香典は収入と考える事も出来ます。

しかし香典の本来の意味は『お香を持参する代わりに用意した現金』です。

一応現金の形を取っていますが、本来はお香ですので通常の収入とは考えません。
収入にならないのですから、確定申告も必要ありません。

 

つまり、『所得税や相続税の対象とはならない』という事です。

 

 

相続と葬儀費用の控除の注意点

葬儀を行う時は、バタバタと忙しいのが普通です。
しかし、その忙しい中でも必要な事をしておかないと、後で面倒なことになる可能性があります。

 

領収書は全部取っておく

葬儀に掛かった費用で、葬儀社が用意してくれる分や、出前などの飲食代、コンビニで支払った分など、

葬儀の期間中に受け取った領収書は、全てひとまとめに保管しておく事で、相続税控除を申告する際の証拠になります。

 

領収書がない物はメモでも大丈夫です

また、お寺へのお布施など、領収書を受け取る事ができない場合はメモを残して置きましょう。

必要な項目は

 

・『支払日』

・『支払った相手』

・『支払った目的(お布施や車代など)』

 

支払金額が分かるようであれば十分です。

 

カテゴリ:便秘 

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ

error: Content is protected !!