J-cellジェイセルは、日本人のためのヒト幹細胞培養液ジェル!口コミは?

J-cellジェイセルは、日本人のためのヒト幹細胞培養液ジェル!口コミは?

クラウディアのJ-cellジェイセルの口コミ

 

 

株式会社クラウディア(東京都港区)はこのほど、日本人のヒト幹細胞を使用した水溶性美容ジェル『J.CELL 1stジェル』の販売を開始した。

油性の化粧品の前に使用することで、肌のパフォーマンスを発揮し、メイクの仕上がりが格段に上がる。

 

『J.CELL』では、脂肪組織由来幹細胞だけを抽出。

 

同細胞が分泌するEGF(表皮細胞成長因子)は肌のターンオーバーを促進してシミやくすみを改善し、

FGF(維芽細胞増殖因子)はハリや弾力を与えてシワやたるみを改善する。

 

また、標高約1100mの軽井沢・浅間山南麓に広がる約5000坪のハーブファームから採取された天然ハーブエキスを使用。

さらに、水溶性プロテオグリカン、加水分解コラーゲンなど優れた抗酸化作用が期待できる高機能成分も配合した。

 

ベースとなる水は、久米島海洋深層水(同島沖2.3km、水深612mから汲み上げ)を使用。

雑菌が少なく、ミネラル分を豊富に含んでいる。

 

生産工場(GMP基準)は、沖縄県海洋深層水研究所に隣接しており、直結パイプラインで外気に触れることなく取水されている。

また、水がコラーゲンの生成を増やす独自の製法を導入している。

 

それではさっそく、『J.CELL』を使用された方の口コミをみてみましょう!

 

その1 30歳

この年代ではまだ早いかなと思いましたが、どうしても試してみたくて購入。
今から使っておけば10年後20年後が違ってくるように思えました。

 

その2 43歳

今まで使っていた化粧品にプラスして使うということでちょっと躊躇しましたが、
話題になっていたので一回だけと思い使って見ました。これはもう手放せないです。

 

その3 40歳

ヒト由来幹細胞はずっと試してみたいと思っていました。

私は植物由来の幹細胞配合コスメは使ったことがありますが、それよりも実感力が違いました。

 

その4 44歳

今までと同じ化粧水や・乳液を使っているのに

これを加えただけで高級化粧水を使っているような特別なものに変わります。

 

その5 53歳

年齢も年齢だしもう何をやっても無駄・・ではありませんでした。

肌が再生するってこういうことをいうのですね。

 

その6 51歳

J-cellジェイセルの香りは天然ハーブの自然なものなので癒やされます。

肌への馴染みもよく香りとともに幸せな気持ちになります

 

その7 60歳

シワもたるみもあって当たり前の年齢です。

でも、同窓会であった友人の中には若々しい方もいてお手入れ次第ではどうにでもなるんだなと思っていました。

そこで本格的にお手入れに取り組んでみようと思い、娘からススメられたJ-cellジェイセルを使い始めました。

今まで手を抜いた分、肌の吸収力が違うように思えます。

大げさに聞こえるかもしれませんが本当に感激した化粧品です。

 

 

 

J-cellジェイセルは日本人のためのヒト幹細胞培養液ジェル

これまでヒト幹細胞培養液は、韓国や台湾などのアジア人の幹細胞が主に使われていました。

そのヒト幹細胞培養液を日本人の幹細胞により培養液を抽出し完成させたのが、J-cellジェイセルです。

 

 

これまでのヒト幹細胞培養液も同じアジア人として通じるものがあり、悪いものではありません。

しかし食生活も気候条件も異なり、日本には日本特有のものがあるので、

日本人のヒト幹細胞培養液であることは、より安心で効果があるといって良いでしょう。

 

 

日本人のヒト幹細胞培養液幹細胞を使用した化粧品は、現在のところクラウディアの他に一社しかありませんが、

薬効やアロマ効果のエビデンスのあるハーブを配合したのはJ.CELLだけです。

 

 

ハッとするピンクのジェルはビタミンB12の自然の色。

ピンクは癒やしや脳への働きかけも大きく、さらにエイジング効果も期待できます。

また、ビタミンB12は整肌効果に優れ、保湿、紫外線によるダメージにも働きかける作用も持っています。

 

 

ヒト幹細胞の危険性とか副作用とかは?

 

ヒト幹細胞ときいて

 

・「なんだか怖いな」

・「ちょっと気持ちが悪いな」

 

といった、もぞもぞした感覚になりますよね?

 

この感覚は以前にもありました。それはプラセンタという成分が世の中に出始めたときの感覚です。

あのときも、プラセンタというのはヒトや馬などの哺乳類の胎盤から抽出した成分ときいて

「え!これ顔に塗るの?」「サプリメントにして飲むの?」と、ぎょっとしたことを覚えています。

 

 

現在は、プラセンタは安全な美容成分として広く使用されるようになっていますが、

幹細胞それもヒト由来の幹細胞はまだ新しい成分ということで同じような感覚になるのだと思います。

 

 

ヒト幹細胞と聞き、まず思ったことは、他人の幹細胞を自分の細胞に塗るの?ということでした。

 

 

それに関しては、ヒト幹細胞培養液というのはあくまでも幹細胞を培養するときの抽出液であり幹細胞そのものではないということです。

ですので、他人のDNAが入るということはないとのこと。

 

 

J-cellジェイセルは、ヒト由来幹細胞培養液

 

 

幹細胞の培養は、清浄度の高い状態で維持されたクリーンルームで行われなけれならず、

また細胞を提供するドナーの選定にも基準が設けられているそうです。

 

ヒト由来の幹細胞培養液の製造は特に安全が配慮いること、

また、もともとがヒトの細胞であるため拒絶反応が起こりにくいことからも、

 

安全性が確立された成分であるということは間違いないようです。

 

 

ポイント1.ベースは久米島海洋深層水

 

幹細胞培養液の特性上、水溶性にすることがベストという研究結果のもと商品化されました。

ベースとなる大切な水は久米島海洋深層水を使用。

久米島の沖2.3km、水深612mから汲み上げられる海洋深層水は雑菌が少なく、ミネラル分を豊富に含んでいます。

 

ポイント2.生産工場も久米島

 

J.CELLを生産する化粧品工場は、GMP基準に準じた工場整備のクリーンな工場です。

沖縄県海洋深層水研究所に隣接しており、研究所から直結したパイプラインで外気に触れることなく取水されています。

 

ポイント3.軽井沢の天然ハーブと高機能成分も配合

 

日本人のヒト幹細胞培養液に加え、

標高約1,100mの軽井沢・浅間山南麓に広がる約5,000坪のハーブファームから採取された天然のハーブエキスを使用。

 

土作りからこだわり、無農薬、有機肥料で特殊栽培した生命力溢れ摘みたてハーブが原料です。

 

 

J-cellジェイセルの公式サイトへ

 

女性の美と健康に特化したネット通販を展開するクラウディアは、化粧品ブランド「J.CELL(ジェイセル)」を立ち上げ、

第1弾アイテムとして日本人の幹細胞培養エキスを使用したジェル美容液「ジェイセル ファーストジェル」の販売を開始した。

 

今年で創業27年目を迎える同社が自社オリジナルブランドを立ち上げるのは今回が初めて。

ヒト由来の幹細胞培養液を配合した化粧品は、次世代コスメとして昨今注目を集めているが、これまでは韓国や台湾など海外製のものが中心だった。

2018年3月1日現在で日本人のヒト幹細胞を使用した化粧品を手がける企業は同社を含めて2社のみとなっている。

 

カテゴリ:便秘 

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿
カテゴリー
プロフィール

毎日の生活の中で起こる体や健康に関するお悩みについて、いろいろ調べて解決していくブログです。

Naomi

ページの先頭へ