夜間尿・残尿感・尿漏れに効く「生漢煎 八味地黄丸」

夜間尿・残尿感・尿漏れに効く「生漢煎 八味地黄丸」

頻尿にさよなら!生漢煎「八味地黄丸」は、夜間尿・残尿感・尿漏れに効くの?効果は?

 

あなたは、こんなお悩みはありませんか?

 

 

・頻尿(尿意が我慢できなくなった)
・残尿感(残っている感じがする)
・排尿困難(排尿に時間がかかる)
・夜間尿(夜トイレに起きる)
・軽い尿漏れ(クシャミするのがこわい)
・高齢者のかすみ目(かすんで見えにくい)
・腰痛(腰が痛い)
・下肢通(足が痛い)

 

もし、1つでも当てはまることがあれば、

 

漢方薬の「八味地黄丸」をおすすめします!

 

生漢煎「八味地黄丸」はどんなふうに効くの?

 

子どもの体には温かみやうるおいがあり、柔軟性も高いのに、

年齢を重ねるとだんだん体温が下がり、うるおいが失われ、体が硬くなっていきます。

 

このような機能低下は、加齢にともなう

 

「気」

「血(けつ)」

「水(すい)」

 

の不足が原因であると漢方では考えます。

 

漢方用語解説

:目に見えないが人の体を支えるすべての原動力のようなもの
:全身の組織や器官に栄養を与えるもの
: 飲食物中の水分を消化吸収によって人の体に必要な形にして体をうるおすもの

 

 

そうすると、夜トイレに行きたくなる、頻尿、尿もれといった尿トラブルのほか、

疲れやすい、目がかすむ、腰痛など、さまざまな症状が出てきます。

「八味地黄丸(はちみじおうがん)」は、体を温め、体全体の機能低下をもとに戻していく処方です。

「気」「血(けつ)」「水(すい)」を増やし、めぐらせる生薬と、体を温める生薬の組み合わせで、

頻尿や軽い尿もれ、残尿感、夜間尿などを改善していきます。

 

また、「腎気丸(じんきがん)」の別名があるように、昔から“腎虚”に対して用いられてきました。

漢方でいう腎とは、現代医学でいう腎臓だけでなく、副腎、膀胱、そして生殖器を含めた総称です。

 

「八味地黄丸(はちみじおうがん)」は、腎のはたらきを良くする生薬を主薬に8種類の生薬が配合され、

新陳代謝機能を高めて中年以降の保健薬・治療薬として効果があります。

 

 

 

漢方的考え方と西洋医学の考え方

 

 

漢方では、人の体は

 

「気」

「血(けつ)」

「水(すい)」

 

で構成されていると考えますが、

 

「気」「血(けつ)」「水(すい)」

のもととなるものは、加齢や病気、出産などで消耗されていきます。

 

 

すると、体のうるおいや温かみをつくり出せず、

体が乾いて冷え、柔軟性が失われてしまいます。

 

膀胱でも同じことが起こっていて、

うるおいや温かみが失われることで、筋肉の柔軟性が失われます。

 

膀胱や、その周りの筋肉の柔軟性が失われると、

膀胱は尿をたくさんためることができずに、尿もれや頻尿を引き起こします。

 

また、温かみが失われた体は冷えやすく、

汗をかきにくいので、水分が逃げていかずに尿に回ります。

 

そのため、すぐに尿がたまってしまい、トイレに行く回数が増えることがあります。

この場合、1回の尿量はふつうで、とくに痛みはないことが多いようです。

 

 

西洋医学では、

膀胱炎に対しては抗菌剤や抗炎症剤を使い、菌を殺すとともに炎症を抑える治療をします

また、頻尿には尿を出にくくする薬を、

尿量減少には尿を出やすくする薬を使うのが一般的です。

漢方では、

頻尿や尿もれといった表面的な症状ではなく、その原因にはたらきかける治療をします。

 

同じ薬で、頻尿にも尿量減少にも対応できるのはそのためです。

排尿の際に痛みのない、体の機能低下による尿トラブルは、

 

「気」

「血(けつ)」

「水(すい)」

 

のもとになるものが、加齢や病気、出産などで不足したためと考えます。

 

 

この場合は、

「気」「血(けつ)」「水(すい)」を補い、めぐらせるような治療をします。

 

 

生漢煎「八味地黄丸」の8つの成分

 

 

地黄(ジオウ)の効果

八味地黄丸のメインは地黄で、補血しつつ腎虚を補うという効果があります。

つまり、腎臓系の疾患に対応する生薬です。

 

山茱萸(サンシュユ)の効果

山茱萸は腎と肝を補いながら、

必要なものが体外に漏れるのを防ぐ(固渋といいます)効果があります。

 

山薬(サンヤク)の効果

山薬は腎と脾を補う効能があります。

山茱萸と山薬は地黄と一緒に滋養強壮し、下半身の衰弱を補う効能を発揮します。

 

沢瀉(タクシャ)の効果

沢瀉には利水効果があり、泌尿器系の機能を改善します。

 

茯苓(ブクリョウ)の効果

茯苓も沢瀉と同様に利水効果があり、泌尿器系の機能を改善します。

 

牡丹皮(ボタンピ)の効果

牡丹皮には血分の熱を冷まして血行を促す効果があります。

沢瀉、茯苓、牡丹皮で、薬全体の体への負担を軽くする効能を持ちます。

 

桂枝(ケイヒ)の効果

桂枝は体を温めることで血液の循環を促進して気を巡らす効果があります。

 

附子(ブシ)の効果

附子も体を温めて

ホルモン内分泌系や自律神経系を興奮させ、代謝を高める効果があります。

 

 

これら8つの生薬が総合的に働き、

頻尿や尿漏れなどの尿トラブルを軽減させる効果を発揮します。

 

生漢煎「八味地黄丸」の口コミ

 

トイレのことがいつも気になっていて、

外出時は出ない時もあるのに出そうな気がして何度もトイレに行ってしまいます。

やはり一人ではない時は度々のトイレが気になり、

妻に探してもらって八味地黄丸を購入しました。

 

残尿感もあるし、尿意も我慢できないので、ついついトイレに行きますが、

飲み始めてからは残尿感がなくなり体がスッキリした感覚があります。

 

8種類の生薬が効いて、体が温まっているような感覚もあり、

これからの老化に負けないように生漢煎八味地黄丸を飲み続けたいと思います。

 

朝までぐっすり眠れなくなって、もう何年も経ちますが、

やはり体の疲れには敵わず、生漢煎八味地黄丸を試してみました。

 

漢方には興味があったし、

体の冷えも気になっていたのでちょうど良いと思ったからです。

 

食事中でもトイレを我慢できなくなっていたのですが、

生漢煎八味地黄丸を飲み始めてからはトイレの間隔が開くようになりました。

 

腎の働きを良くする生薬ということでこれからも頼りにしたいと思います。

 

残尿感や、ふとした拍子の尿漏れに悩んでいる時に、生漢煎八味地黄丸を知りました。薬を飲むには抵抗があったし、何か自分でできることはないかなと思って選んだのですが、漢方だけあって体に良さそうな感じです。

 

独自の香りはありますが、生漢煎八味地黄丸は丸い錠剤になっていて、

とても飲みやすいので毎日無理なく飲むことができます。

飲んでいるうちに残尿感がなくなってきて、

心なしかトイレも遠くなって効果を実感しています。

 

生漢煎「八味地黄丸」の公式サイトへ

 

夜間尿・残尿感・尿漏れに効く ー第2類医薬品薬品生漢煎 八味地黄丸

・「生漢煎 八味地黄丸」(はちみじおうがん)は,中高年の方の体力の衰えや、
 老化による腰痛、残尿感、夜間頻尿、軽い尿漏れなどによく効きます。

・八味地黄丸「オオクサ」は、8種類の生薬末をハチミツで練り合わせた丸剤で、
 独特な香味を持ち大変のみやすくなっています。

・高血圧に伴う肩こり、頭重、耳鳴りにも適しています。

 

 

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ

error: Content is protected !!