無農薬野菜、キッチン除菌、農薬除去、離乳食、子供の健康

無農薬野菜、キッチン除菌、農薬除去、離乳食、子供の健康

無農薬野菜、キッチン除菌、農薬除去、離乳食、子供の健康

 

 

こんなに暑い日が続くと、気になるのが食べ物の管理ですね!

 

最近、O157を始め食中毒のニュースもあり、

食の安全性が気になる季節になりました。

 

「感染を防ぐためにも生で食べる野菜は、よく洗ってから食べてください」

 

 

なんてテレビでも言っていましたが、

実際問題、よく洗えってどう洗うの?と気になりますよね。

 

食器用の洗剤で洗ったら却って危険な気もするし・・・

 

 

 

そこで今回は、「ベジシャワー」という

 

農薬や汚れを落とせる商品を紹介します!

 

 

ベジシャワーは2017年の冬に新発売になったばかりなのです。

 

汚れとか農薬対策としてだけでなく、

ベジシャワーを使ってきれいにした野菜や果物はとっても瑞々しいのです。

 

 

農薬を落とす効果

 

中国では野菜洗い用の洗剤が

普通に売られているというニュースを見たことがありますが、

 

日本だって、やはり大量生産して安定供給するためには農薬を使わざるを得ません。

 

いまだに
無農薬野菜はなかなか手に入りにくかったり効果だったりしますから。

でも気軽にスーパーで購入できる野菜や果物についている農薬は心配だし、

と思っていたけれどベジシャワーのことを知り、

今では安心して野菜や果物を食べていますという口コミもありました。

特に小さいお子さんや、高齢者の方がいるお宅では必需品かもしれませんね。

 

防カビ剤も落とす効果

 

輸入レモンなどに代表されるように

海外からの柑橘類には防カビ剤がたっぷり添付されているものも多いです。

テレビのニュースでアメリカの農家の人は

 

日本に輸出しているオレンジは自分達は絶対に食べない」と言っていました・・・

 

 

それだけ農薬や防カビ剤が多いというのをやっていたのを見たことがあります。

ベジシャワーの口コミの中にも、

この防カビ剤をベジシャワーで落として安心して食べられるようになったという人もいました。

 

ワックスや汚れも落とす効果

オレンジとかりんごの表面に塗って、

見た目を鮮やか新鮮っぽく魅せられるワックス。

売る側としては見た目が良いのですが、食べる側としては困りますよね。

 

特にりんごなどは皮のすぐ下に栄養が多いとか言うし、

出来ることなら皮ごとガブリといきたいところです。

それで、ベジシャワーを使えば、

このワックスもキレイに落とせるので皮ごとガブリと食べられるようになります♪

 

流しもお弁当箱もスッキリ爽やかにし食中毒予防<の効果
除菌パワーもあるので、お弁当箱、まな板や包丁、さらには流し全体もキレイに保てます。これから暖かくなると食中毒の心配も増えますから、頼りになりそうですね。

実際に、ベジシャワーの口コミの中にも、

農薬や汚れ落としだけでなく除菌スプレーとしても使えるので色々と使えて便利という人もいました。

 

 

 

ベジシャワーの効果的な使い方

ベジシャワーの使い方はわずか3ステップ!

 

1.ベジシャワーを野菜や果物に吹きかける

 

 

 

野菜や果物に使う時に、お皿やボウルなどに入れて、ベジシャワーを吹きかけます。

汚れが多い場合には、その後1分ほど放置します。

 

2.少しおいた後に、手で優しくなじませる

 

 

暫く置いたあとに、全体にベジシャワーがかかるように軽く手で馴染ませます。

(野菜や果物を潰さないように気をつけてくださいね)

手で馴染ませると汚れを吸着したベジシャワーがお皿にたまるので、

ここでこれまで付いていた汚れを確認できます。

実は、野菜や果物に使う農薬がありますが、

雨などで農薬が流れ落ちるのを軽減するために展着剤というのを使います。

 

ベジシャワーを使うとその展着剤が落ち、

洗浄液が黄色に変わるので農薬が落ちたのが分かりやすいのですが、

全ての野菜や果物に対し、ベジシャワーが黄色に変化するわけではありません。

 

3.汚れが落ちたら水道水ですすぐ

 

 

水道水で数秒洗い流したら完了です。

使い方は、野菜や果物にベジシャワーを吹きかけ、

馴染ませて洗い流すというたったの3ステップのみ!

とっても簡単ですね。

 

これまで農薬を洗い流したくて、台所洗剤などを使って洗い流していたとしたら、

その洗剤をきれいになるまで洗い流すのにも大変だったと思います。

やり方によっては栄養までも洗い流したり、

完全に洗い流せずに台所洗剤を口にするはめになることも…。

安心安全に野菜や果物を食べるのなら、やっぱりベジシャワーですね。

 

ミニトマトを洗う様子が動画で公開されています

 

 

 

水道水とベジシャワー使用の違い

 

 

野菜や果物の表面についている農薬とか汚れって、実はプラスイオンを帯びている状態です。

このプラスイオンにベジシャワーのマイナスイオンが吸着します。

 

 

今度はマイナスイオン同士が反発しあって汚れや農薬等を落とすというしくみです。

イオンパワーで汚れを落とし、水ですすぐだけなので安全性も高いのも頼もしいポイントです。

 

日本の農薬使用量は恐ろしいのです!

 

 

「ベジシャワーなんて怪しい!」と、

 

詳しいことを知らないまま勘違いして使わないでいると損しちゃいますね!

 

簡単お手軽に、家族の健康を守るチャンスですよ♪

 

 

本当にこれからは、正しいものだけを体に取り込みましょう!

 

ベジシャワーの安全性

 

 

野菜の栄養素は溶けやすい

 

 

すばやく汚れが落ちる秘密

すっきり洗菜ベジシャワーの公式サイトへ

(1)家族の健康が気になる、健康でいたい、健康であってほしい
(2)無農薬野菜にこだわりたい。無農薬が気になし食べたい。でも高い。。
(3)野菜についた農薬が気になる
(4)キッチン周りの除菌がしたい
(5)離乳食を作る時に自然なものを食べさせたい。悪いものは食べさせたくない。
(6)子供の健康、将来のために食には気を使いたい
(7)農薬除去したい、キッチン周りの除菌もしたい

 

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿
カテゴリー
プロフィール

毎日の生活の中で起こる体や健康に関するお悩みについて、いろいろ調べて解決していくブログです。

Naomi

ページの先頭へ