関節痛、ひざ痛、更年期、新軟骨成分プロテオグリカン

関節痛、ひざ痛、更年期、新軟骨成分プロテオグリカン

関節痛、ひざ痛、更年期、新軟骨成分プロテオグリカン

 

 

毎日の生活の中で、本当に辛いのは

 

普通に歩けないことです。

 

 

・階段の上り下りや歩くのが億劫に感じる
・健康のための運動をいくつになっても続けたい
・日頃の生活をスムーズに送りたい
・グルコサミン、コンドロイチンの摂取を考えている
・甲殻類アレルギーでグルコサミンを摂取できなかった

 

 

今回は、コンドロイチン・グルコサミンを超える

 

最強の軟骨最新成分「プロテオグリカン・UC-II(非変性Ⅱ型コラーゲン)」

の2種類が配合された人気上昇中のサプリメント

 

「深潤EX」を紹介します!

 

「深潤EX」とは

 

深潤EXは、

 

コンドロイチン・グルコサミンを超える最強の軟骨最新成分

 

「プロテオグリカン・UC-II(非変性Ⅱ型コラーゲン)」

 

の2種類が配合された人気上昇中のサプリメントです。

 

特に、関節や節々の痛みが気になりはじめる中高年世代から高い支持を得ています。

 

 

60代、70代と年齢を追うごとに、

膝や関節のスムーズな動きをサポートする軟骨が

徐々に減少しはじめ、痛みを感じるようになります。

 

 

今まで当たり前にできた

 

「立つ・座る・階段の上り下り」

 

もスムーズに行えなくなり、膝・腰の痛みや関節痛によって

歩くのも外出するのも億劫になってしまう可能性があるんです。

 

 

痛みを軽減するためには減少した軟骨成分を外から補わなければなりません。

 

そこで活躍するのが「深潤EX」です。

 

 

深潤EXには痛みへの効果を実感しやすい、

 

注目の最新軟骨成分「プロテオグリカン」と、

水以外の軟骨成分の約80%をしめる成分である変性Ⅱ型コラーゲンの

「UC-II(非変性Ⅱ型コラーゲン)」が配合されています。

 

これまでコンドロイチン・グルコサミンの効果を

あまり感じられなかったという方は、ぜひ「深潤EX」の実力を試してみてはいかがでしょうか。

 

深潤EXの配合成分

プロテオグリカン配合

 

 

プロテオグリカンとは関節軟骨の主成分の1つで

優れた保水力から肌や軟骨を支える土台のような役割を担っています。

 

その保水力・保湿力はヒアルロン酸の1.3倍にもなるとされています。

 

しかし、プロテオグリカンは加齢とともに減少していくため

スムーズな動きから次第に遠ざかっていくとされています。

 

そのため、サプリメントによる摂取によって

体内のプロテオグリカンを減らさないようにすることは健康維持に役立つとされています。

 

 

こうしたプロテオグリカンが発見された当初は牛から抽出されたものですが、

ごく僅かの抽出しか行えなかったため、価格もなんと、1g 3,000万円と大変高価なものでした。

 

 

しかし、弘前大学の研究によって

サケの鼻軟骨から大量かつ高純度のプロテオグリカンを抽出する技術が確率され、

現在に渡っても様々な研究が行われています。

 

 

 

深潤EXにはそうした研究によって抽出が成功した

 

「国産サケ鼻軟骨を原料とした高純度プロテオグリカン」

 

が使用されていて、

 

さらには特殊技術によってプロテオグリカンならではの性質を変えることなく

本来の形のまま抽出されたもの(非変性プロテオグリカン)になっています。

 

 

「深潤EX」のプロテオグリカンは

本来の形のまま&高純度といった効率的なアプローチが目指せられる

嬉しい要素がギュッと詰まっていると言えます。

 

特許取得成分のUC-Ⅱ

 

 

 

深潤EXにはスムーズな動きをサポートするなめらか成分として、

「鶏軟骨抽出物非変性Ⅱ型コラーゲン(UC-ⅡR)が配合されています。

 

Ⅱ型コラーゲンは

もともと関節軟骨部分に多く存在し、軟骨を構成する主成分です。

 

通常のコラーゲンはⅡ型コラーゲンと構造が異なるため、

効果を発揮するまでに極めて効率が悪く時間がかかってしまいます。

 

 

しかし、UC-ⅡR(非変性Ⅱ型コラーゲン)は

関節軟骨のコラーゲンと同じであるためそのまま届き、

関節軟骨成分としてスムーズに活用されます。

 

 

非変性Ⅱ型コラーゲンには様々なものがありますが、

その中でもハーバード大学で研究開発され、アメリカで5個の特許を取得した成分

「UC‐ⅡR」は注目を集める成分です。

 

 

というのも、UC-ⅡRは人の軟骨Ⅱ型コラーゲンと同じ形で、

非変性の弱点とも言える「熱で変性する」が他のものよりも温度が高く、

非変性の特長を失いにくい成分だからです。

 

 

また、原料としては鶏が採用されていますので、ほとんどが甲殻類を原料としていた

グルコサミンやコンドロイチンを避けていた方にもお勧めの成分と言えます。

 

深潤EXに期待できる効果

 

スムーズで快適な毎日をサポート

歩くたびに膝や足が痛む・立つ座るの動作が億劫など、

年齢とともに今までできていた動作に関する悩みが多くなっていきます。

 

足腰や関節の痛みを和らげ、快適な毎日を提供するのが深潤EXです。

 

深潤EXには

非変性Ⅱ型コラーゲン「UC-Ⅱ・プロテオグリカン」

の2つの軟骨成分が配合されています。

手軽に摂取できる深潤EXを生活習慣に取り入れ、

スムーズで快適な毎日を過ごしていきましょう。

 

1日1粒で軟骨成分をしっかり吸収

深潤EXには

プロテオグリガン25mg・UC-II(変性Ⅱ型コラーゲン)40mgが配合されています。

 

最新軟骨成分と米国特許を5つ取得している

特許成分を同時に摂取することで、体内への吸収率や即効性を早めることが可能になります。

 

1日1粒なので、

 

飲み忘れの心配やたくさんのサプリメントを飲むことに抵抗がある方にもおすすめです。

 

他のサプリメントとの併用もしやすいため、

軟骨成分の摂取を考えている方はぜひ深潤EXを試してみてはいかがでしょうか。

 

「深潤EX」の満足度とリピート率

 

 

「深潤EX」は香料・着色料・保存料 無添加

 

 

「深潤EX」のお客様の声

膝の痛みに長年悩まされてきたのですが、

深潤EXを飲み始めてから痛みが徐々に少なくなり、

周囲からも歩き方がスムーズになったと言われるようになりました。

飲んで2週間しか経っていないですが、歩くのがラクになりました。

 

錠剤を飲み込むのが苦手なので、

1日に何回も分けて飲用しないといけないサプリメントには

抵抗感を抱いていました。

 

その点、深潤EXは1日1粒の飲用で済みますし、

錠剤自体の大きさも飲みやすいサイズなので無理なく続けられています。

 

軟骨成分に興味はあったのですが、

たくさんのサプリを摂取しなければいけないと思っていたので、

なかなか手が出せずにいました。

 

深潤EXは、1日1粒だけでいいので、

忘れっぽい私でも継続することができています。

 

飲み始めてから半年ほどになりますが、

以前はふしぶしの悩みから億劫になっていた

外出や運動も楽しく取り組められるようになりました。

 

体を動かすことが多くなったからかストレスが溜まりにくくなりましたし、

何と言っても少しの動作でも辛く感じなくなったのが助かっています。

 

甲殻類アレルギーを持っていたため、

今までコンドロイチンやグルコサミンサプリが飲めませんでした。

 

深潤EXは、甲殻類アレルギーでも飲める点が高評価です。

3ヶ月継続して飲み続けていますが、腰の痛みがだいぶ楽になりました。

 

少しの動作で腰の痛みに悩まされていましたので、浸潤EXを飲み始めました。

飲用を始めてから2ヶ月ほどで

腰の痛みが随分と和らいだ実感があったので驚きました。

今後も継続して快適な毎日を目指したいです。

 

立つときも座るときも膝や節々に痛みがあったのですが、

深潤EXを飲んでから

しゃがんだり、立ったりといった

毎日の動作がスムーズに行えるようになりました。

 

関節痛を和らげるため、他のグルコサミンサプリを飲んでいたのですが、

あまり効果は感じられず。

 

深潤EXに変えてから、関節痛の痛みが少なくなりました。

他のサプリよりも効果が出るのが早いように思います。

関節が痛くて休んでいた運動も再開できるまでになりました。

 

「深潤EX」の公式サイトへ

コンドロイチン・グルコサミンを超える

 

米国特許を5つ取得した話題の新成分「UC-II」と、

新軟骨成分として注目の「プロテオグリカン」を配合したサプリです。

 

・関節(膝)など痛み・違和感にお悩み方
・曲げ伸ばし登り降りが気になる方
・健康のためにスポーツを続けていきたい方
・グルコサミン、コンドロイチンが続かなかった方
・整骨院に通っている方
・いつまでも若々しくいたい方

 

 

カテゴリ:ひざ痛、腰痛 関節痛 

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿
カテゴリー
プロフィール

毎日の生活の中で起こる体や健康に関するお悩みについて、いろいろ調べて解決していくブログです。

Naomi

ページの先頭へ