日焼け止めジェル、紫外線、界面活性剤、NALCの日焼け止め口コミ

日焼け止めジェル、紫外線、界面活性剤、NALCの日焼け止め口コミ

日焼け止めジェル、紫外線、界面活性剤、NALCの日焼け止め口コミ

一ヶ月程使用していましたが、すんごく良かったです。

なかなか☆7つをつけることはないのですが、これは本当におすすめです。

 

見た目は淡いイエローのクリームみたいなのですが、伸ばしてみるとみずみずしいジェルです。

お肌にサッと馴染んでいき、ベタつかないです。

 

日焼け止め特有の白浮きや乾燥も全くなし。

化粧下地としても使えて、特に崩れやすくなるなどなく、快適に使用できました。

 

特許取得の三相乳化法という技術を使用しているので、汗や水に強いのも良いです。

 

NALCの日焼け止めは、ナノ粒子を使用した特許製法

「三相乳化法」 という界面活性剤を使わない方法で乳化させているので、

水に濡れても 「再乳化」することがなく

肌から流れ落ちない パーフェクトウォータープルーフ です。

 

界面活性剤フリーでだから肌にやさしいのはもちろん、

パラベン ・ 香料 ・ アルコール ・着色料 ・ 鉱物油 といった

6つのフリー処方で、敏感肌の方はもちろん、小さなお子様も

使えるほどのやさしさです。

 

シンプルでカッコいいデザインの本体は、使いやすいチューブタイプ。

ほんのりクリーム色をしたみずみずしいジェルタイプのクリームは、

日焼けによる乾燥から肌を守るヒアルロン酸、日焼け後の炎症を抑える

グリチルリチン酸ジカリウム、シワ ・ タルミにアプローチするクララエキスを配合。

日焼け止めだけでなく、日焼け後の肌へのダメージを最大限に抑えてくれるのも◎

 

出口の穴がとても小さくなってなっているので、ドッと出過ぎる事が無く、

使う部位によって適量を取り出すことが出来ますね。

ジェルは、優しいクリーム色の乳液の様なテクスチャーです。

 

とっても緩やかなのでス~ッとなめらかに伸びてくれて、

腕や足などの広い部分でも時短で塗れますよ

 

肌に広げると、とてもみずみずしく、

フレッシュな使用感なので、暑さで汗だくの時季でも気持ち良く使えますね。

 

色のつかないジェルで、下地としてはカラーコントロールが出来ないタイプなのに、

毛穴や角質のシワなどが目立たなく感じられてビックリしました。

 

塗っている部分が美容成分によって艶やかに感じられる事と、

ピッタリと密着してくれて、ハリを感じる事で、肌を均一に魅せてくれる様ですね。

保湿が行き届き、しっとりと潤いのある、艶やかな仕上がりになりました。

 

私自身、色白で日焼けすると赤くなってしまい、

シミやソバカスになってしまうのでUV対策は一年中欠かせません。
また、長女はお肌が凄く弱く、日焼け対策しないと肌荒れしちゃうデリケート肌。

でも、お肌に合わないものを使用するとそのアイテムで肌荒れしちゃうので、

お肌に合う物を探すのも一苦労なのですが、

 

NALCさんの日焼け止めはしっかり紫外線カットしてくれるのに、

お肌に優しく、長女もお気に入りのアイテムとなっています。

 

テクスチャーは滑らからで黄色のクリームのような感じですが、

お肌に乗せるとスーッと馴染みジェルというのを実感できます。

 

軽いタッチなので子供達も塗ったり塗り直したりは面倒にならないと言ってました。

化粧下地に使うと、テカリ等は出ますが化粧崩れは最小限なので、

今の時期とても重宝しています!

 

バッグにも入れやすい大きさですし、

ドバっと出ることもないですし、家族でかなりお気に入りの日焼け止めです!

 

 

ナルク日焼け止めを使うと海でも焼けないのはなぜ?

今の季節、必需品となる日焼け止め。

 

日焼け止めを塗らずにいられないのですが、

どうしてもベタつきや白浮きが気になるってことはありませんか?

 

日焼け止めを塗った後のベタつく肌に、

ファンデーションを塗ってもメイクの仕上がりに影響されたり、

汗や皮脂が原因で、化粧崩れやテカリが気になったり…。

 

 

日焼け止めには、紫外線をカットする成分、

紫外線錯乱剤が含まれていることがベタつきの原因となっているようです。

 

 

今回は、

 

「NALCパーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェル」(SPF50+/PA++++)
の魅力をお伝えします。

 

この日焼け止めの一番の特徴は、なんといっても

 

  汗や水に強いこと!  

 

そして強力なウォータープルーフでありながらクレンジング不要で洗い流せて

化粧下地にも使え、日焼け後の保湿にもこだわった至れり尽くせりの日焼け止めです。

 

 

しっかり日焼け止めを塗っていても焼けてしまうのはなぜか。

 

それは「日焼け止めが落ちるから」です!

 

 

お肌になじんだ日焼け止めも、

汗や水に濡れるとヌルヌルっとして落ちてしまうことってありませんか?

 

一度お肌になじんだものが、汗などの水分と混じり、

ヌルヌルべとべとと崩れてくることを「再乳化」といいます。

 

 

通常の日焼け止めはこの再乳化が起こる。

 

つまり落ちてしまうのですが、

ナルクのパーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェルは、再乳化が起こりません。

 

 

水に濡れても再乳化が起こらない技術で特許を取っているNALC。

 

きちんと「再乳化しない方法(三相乳化法)で作られています」

 

 

 

 

三相乳化とは、

親水性の柔らかいナノ粒子がオイルと引き寄せ合うという、

ファンデルワールス引力を利用した新しい乳化方法のこと。

 

この製法のおかげで、水に濡れても落ちません。

水や汗に強く、海でも焼かない日焼け止めになっているというわけです。

 

 

 

 

ナルク日焼け止め4つのPOINT

ベタつかない!

特許製法 三相乳化法により、みずみずしいジェルタイプの日焼け止めです。

 

クレンジング不要で洗顔だけで落ちる!

ウォータープルーフの煩わしいクレンジングの手間を減らし、洗顔だけでOK。

 

白浮きしない!

色味が変わらないから、メイクの邪魔になりません。

 

化粧下地としてもOK

毛穴の凹凸をおさえ、白浮きしないので、厚塗り感を抑えてくれます。

 

 

 

ナルク日焼け止めを塗ったあと水にぬらしても、何も変化がありません。普段のお肌と一緒。

 

(通常の日焼け止めだと、白っぽく再乳化しています)

 

水に濡れても落ちてないってことです。

 

 

 

日常生活なら、ここまで高SPFや製法にこだわる必要はないかもしれませんが、

最近は特に日差しがきつく、紫外線も強くなってきています。

 

 

特に今年(2018年)の夏は記録づくめで 「酷暑・猛暑」 が続いています!

 

 

「絶対焼けたくない!」

 

と思う方はSPF値やPA値、さらに製法にも注目してみてくださいね。

 

どれほど強い日焼け止めでも、落ちてしまっては意味がありませんから。。。

 

 

日焼け後のダメージ・シミ・しわにまで効果あり!

 

 

 

強い日焼け止めだとお肌に負担がかかるのでは?

 

と思いますが、『NALC(ナルク)パーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェル』は

お肌にやさしいのもお気に入りのポイントです。

 

 

ウォータープルーフで落ちにくいにも関わらず、

専用のクレンジングは必要なし。

 

普通の石けんで落とすことができます。

 

 

お顔はともかく、カラダにクレンジングって使いたくないので(面倒だし・・・笑)、

いつも通り洗うだけで落ちるのはうれしいことです。

 

 

さらに保湿成分(ヒアルロン酸)でお肌にうるおいを与え、

 

抗炎症成分(グリチルリチン酸ジカリウム)で日焼け後の炎症を防ぎ、

エイジングケア成分(クララエキス)でシミ・シワ・たるみを防いでくれます。

 

 

単に日焼けを防ぐだけでなく、日焼け後のお肌もケアしてくれる優れものなんですね。

 

ナルク日焼け止めの公式サイトへ

海でも焼かない】に

とにかくこだわった日焼け止めジェルです。

 

SPF50+、PA++++、ウォータープルーフ
と日焼け止めスペックはもちろんマックスの値となっています。

 

さらに、NALCは一般のウォータープルーフ日焼け止めよりも最新技術を駆使し、
水に非常に強い商品を開発しました。

 

 

紫外線の強い季節に強い日差しを浴びる人が、
日焼けしたくない人。

 

 

・汗をかくスポーツをされる方
・マリンスポーツをされる方
・ゴルフをされる方
・アウトドアに出かける方
・海やプールへ遊びに行かれる方
・海外旅行へバカンスに行かれる方

 

 

カテゴリ:日焼け止め 

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿
カテゴリー
プロフィール

毎日の生活の中で起こる体や健康に関するお悩みについて、いろいろ調べて解決していくブログです。

Naomi

ページの先頭へ