シミそばかす、メラニン色素、日焼け、紫外線、ホワイトルマン

シミそばかす、メラニン色素、日焼け、紫外線、ホワイトルマン

シミ・そばかすを消したい!日焼けも嫌い!いい方法ないの?

 

 

そばかす(雀卵斑)

 

そばかすの原因遺伝的な要因でできますが、

紫外線の影響で濃くなることもあるため、UVケアで紫外線を防ぐことも重要です。

 

そばかすの特徴

幼児期から思春期にかけて目立つ傾向にありますが、

一般的なシミとは正反対に、加齢とともに薄くなることもあります。

 

遺伝性のシミなので、家系にそばかすをもつ人がいる場合、発生する確率も高くなります。

鼻を中心に頬骨のあたりに散らばったように小さくて薄いシミが広範囲にできます。

 

そばかすの対策方法

そばかすには、構造上は美白化粧品が有効なはずですが、

遺伝的要素があるため、必ずしも効果があるとは言い切れないようです。

 

ただし、予防的な意味では有効だと考えられます。

レーザー治療をおこうなうとキレイに消えることもありますが、

再発することもあるため、注意が必要です。

 

そばかすには、レーザーよりも広範囲に照射ができる

フォトフェイシャル(IPL光治療)の方が効率的に治療ができると言われています。

 

シミの種類

 

 

シミには、そばかすの他にもいくつかの種類があり、原因や対策方法が異なる場合があります。

その他のシミには、次のようなものがあります。 

 

老人性色素斑老人性色素斑

 

 

一般的なシミの一つで、多くのシミがこれに当たると言われています。

紫外線の影響や肌の老化によって、メラニンが蓄積することでできます。

40代前後にでき始めることが多いですが、

普段から紫外線を浴びる量が多い場合は、20代後半からあらわれることもあります。

シミの形は不定形で、米粒ほどの大きさから5cmほどまでになることもあり、

薄い茶色からしだいに濃くなり、黒くハッキリしてきます。

 

 老人性色素斑の改善方法

ごく初期の薄いものには、美白化粧品でのケアを。

濃くなってしまったものは、皮膚の構造自体が変わってしまっているので、レーザー治療が必要です。

 

炎症性色素沈着

 

 

炎症性色素沈着の原因

 

ニキビ跡や虫さされ、傷痕がシミになって残ったものです。

たたく刺激や摩擦でもシミになることがあります。

炎症性色素沈着は、

年月とともに薄くなりますが、シミの上から紫外線を浴びて日焼けをすると落ちにくくなります。

 

炎症性色素沈着の特徴

炎症や傷が起こった形でシミとなって残り、

色は炎症の度合いによって異なり、赤から黒までさまざまです。

 

炎症性色素沈着の改善方法

美白化粧品でのケア、ピーリングが有効です。

気にしすぎてつい触ってしまったり、

刺激を与えたりすると悪化してしまうので、スキンケアの時に叩いたり擦り過ぎないのも重要です。

レーザー治療は、軽い火傷を起こしてシミを還元するという方法であり、

一時的に炎症性色素沈着のリスクがあります。

 

今ある濃いシミをいったん別のシミに置き換えてから、シミを消していくようなイメージです。

 

そのため、炎症性色素沈着にはレーザー治療は向いていない、もしくは不必要です。

 

肝班(かんぱん)

 

肝班の原因

おもに、女性ホルモンのバランスが崩れた時にできることが多く、紫外線の影響も受けます。

妊娠中やピルを服用した時、更年期の人によく見られます。

 

肝班の特徴

30~50代の女性に現れやすく、高齢になって発症することはあまりありません。
頬骨のあたりにシミがもやっと左右対称にできるのがほとんどですが、まれに鼻の下や額に出ることもあります。

 

肝班の改善方法

内服薬のトラネキサム酸が効果が出やすく、美白化粧品で薄くなることもあります。
レーザー治療は、肝班の症状が悪化することもあるため、注意が必要です。

 

脂漏性角化症

 

脂漏性角化症の原因

イボ状に盛り上がったシミで、老人性色素斑からできることもあります。

紫外線の影響と、肌の老化現象による良性腫瘍(できもの)の一つでもあります。

 

脂漏性角化症の特徴

40代以降で発生することが多いと言われていますが、早い場合は20代で発生することもあります。
でき始めは小さくても年々、徐々にシミが大きくなっていき、色は肌色から黒色までさまざまです。

 

脂漏性角化症の改善方法

脂漏性角化症は、美白化粧品でのケアは難しいと言われています。

改善したい場合は、レーザー治療などが効果的です。

 

新しいシミができないように、予防的に美白化粧品を使用するのは良いでしょう。
液体窒素で凍結してシミを取る方法もありますが、

周りの皮膚が黒ずんでしまうことがあるので、注意が必要です。

 

基本はスキンケアの見直し

 

シミ・そばかすを消すために、まず見直したいのが普段のスキンケアの方法です。

 

正しい紫外線対策の方法紫外線などの刺激を受けると、

シミをつくる工場であるメラノサイトが活性化し、黒いメラニン色素が作られます。

 

これは、黒いメラニン色素によって、

紫外線などの刺激から肌の奥を守ろうとするものであり、体を守るための防御システムでもあります。

 

 

シミ・そばかすのメカニズム

 

このメラニン色素が肌の表面にあらわれ、排出されないまま残ってしまうと

シミ・そばかすとなるうえに、さらに紫外線を受けるとその影響でどんどん悪化してしまいます。

そのため、シミ・そばかすを消すためには、

まずはシミ・そばかすを濃くさせないように、徹底した紫外線対策をおこうなう必要があります。

 

スキンケアの基本&効果的な方法

 

1.クレンジング

 

 

メイクを落とすためのクレンジングは、スキンケアの中で肌に一番負担をかけるものです。

肌への負担を最小限にするためにも、多めのクレンジングを使って手早く終わらせましょう。

その際に重要なのが、肌をこすり過ぎないことです。

 

摩擦刺激で肌が傷むおそれがあるので、すすぎの際も手でこすらないように注意しましょう。

 

2.洗顔

 

洗顔する際にもっとも重要なことは、皮脂をしっかり落とすこと。

洗顔の目的はこれに尽きるともいえます。

 

洗顔の際、肌に皮脂が残ると、酸化されて過酸化脂質に変わります。

これがシミ・そばかす、シワの原因になります。

クレンジングは弱めに、洗顔はたっぷりの泡を使ってしっかりとおこないましょう。

 

3.化粧水

 

化粧水を手のひらに適量のせ、軽く手を合わせて広げたら、

両手で顔を包み込み、やさしく押さえるようにつけます。

すり込んだりすると、摩擦で肌が傷むことがあるため、

肌の表面に水気が残っていてもそのままにして、美容液などの次のステップに進みます。

 

4.美容液・クリーム

 

美容液やクリームは、肌が乾燥しないよう保湿を目的として使用します。

 

肌が乾燥するとバリア機能が低下し、紫外線などの影響を受けやすくなるため

シミ・そばかす対策には、保湿が重要です。

美容液などは、手で肌を押さえるようにしてつけ、乾燥の程度によって量を調整しましょう。

また、その日の肌の状態に合わせて量を微調整するとなお良しです。 

 

 

今回は、シミ・日焼け・そばかすに効く

 

ビタミン類の医薬品 「ホワイトルマン」 を紹介します!

 

ホワイトルマンのご紹介

 

シミやそばかすの1番の予防には、医薬品でのケアが効果的です。

 

また、そばかすになりやすい人は、肌が白く敏感な傾向にあります。

そういった方は特に紫外線を吸収しやすいため、

正しいケアをしなければ、そばかすが増えたり、年々濃くなってしまいます。

 

ホワイトルマンの効果の秘密


ホワイトルマンはなぜ他の商品よりも優れているのでしょう?

 

ホワイトルマンの効果の秘密 1200mgのビタミンC

 

シミ発生は酸化酵素チロシナーゼが原因です。

 

ホワイトルマンには

シミの現況のチロシナーゼを抑制しメラニン色素の発生をブロックする効果があります。

 

ホワイトルマンの効果の秘密 ビタミンE

ホワイトルマンには抗酸化作用の大きいビタミンEが豊富に配合されています。

ビタミンCで抑えられなかったメラニン色素を還元し、シミの発生を未然に防ぎます。

 

ビタミンCと活性酸素の相互に作用し活性酸素を除去することができるので、

肌を常に美しい状態に保つことが可能です。

 

ホワイトルマンの効果の秘密 ビタミンB2

ビタミンB2にはターンオーバーを促進させるビタミンB2が含まれています。

 

年齢を重ねるごとに肌のターンオーバーの周期は乱れ、色素の排出が難しくなります。

 

通常の28日サイクルのターンオーバーに近づくことにより、

できてしまったシミをすばやく消すことが可能です。

 

 

ホワイトルマンの評判

 

シミをなんとか消したくて、シミ消しクリームと合わせてホワイトルマンを飲んでいました。

努力のかいあって、わずか1ヶ月でシミを消し去ることに成功しました!

 

シミの再発を防ぐためにホワイトルマンを飲んでいますが、

ずっと美肌をキープできているので助かってます。

 

気になるシミができたのですが、ホワイトルマンを飲んでシミを消すことに成功しました!

毎日飲んでいるうちにだんだん肌がキレイになっていって、

どんどんシミが目立たなくなっていったんです。

肌トラブルもなくなったし、最近肌が絶好調です。

 

本当に肌が強くなって若返った気がします。
飲み始めてから、ちょっと日に当たって「まずいっ」

と思った後でも本当に日焼けしなくなりました。

 

シミやそばかすになりにくくなったのはもちろん、

肌があんまり乾燥しなくなって透明感が出てきたように感じます。

 

メイクのりもいいです!

長年気になっていたシミも地道に飲んでいれば改善できるんじゃないかと期待してます!

 

色白で肌が弱いので、日焼けやそばかすができやすい肌で悩んでいました。

ホワイトルマンは私にぴったりで、肌を白くキレイな状態にずっと保ってくれます。

医薬品なので、効果がハッキリわかるのが嬉しいですね。

 

シミの予防のために飲んでます。

できてしまうとなかなかシミは消せないので、予防に効果のあるホワイトルマンは便利ですね。

 

シミ以外にもニキビやくすみにも効果ありなので、

普段から飲む癖をつけておくといいと思いますよ。

 

すっぴんでも自分の肌に自信が持てるようになれました!
今まで結構スキンケアは頑張ってきましたが肌はどんどん衰えていく一方・・・

ホワイトルマンも医薬品といえど半信半疑ではじめましたが、

3~4ヶ月くらいたった時にだんだんシミが目立たなくなってきてるのに気づきました。

夫からも肌が綺麗になったと言われるようになって効果を実感してます♪

 

ホワイトルマンの公式サイトへ

「ホワイトルマン」は、

 

・ビタミンC1200mg

・ビタミンE100mg

・ビタミンB2 10mg

 

を配合したシミ・そばかすに効く第3類の医薬品です。

シミの元となるメラニン色素に

ビタミンC、ビタミンEの2つの美容ビタミンが

 

「メラニン色素をできにくくする」

「できたメラニン色素を薄くする」

 

という2つのアプローチを行い、

ビタミンB2で代謝を促すことでシミ・そばかす・日やけに効きます。

 

ホワイトルマン

 

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿
カテゴリー
プロフィール

毎日の生活の中で起こる体や健康に関するお悩みについて、いろいろ調べて解決していくブログです。

Naomi

ページの先頭へ