中鎖脂肪酸、ココナッツオイル、エキストラバージン

中鎖脂肪酸、ココナッツオイル、エキストラバージン

中鎖脂肪酸、ココナッツオイル、エキストラバージン

 

 

有名な海外の女優さんや日本の芸能人にもブームとなっているココナッツオイル。

 

・ダイエットにいい

・日焼け止めになる

・アルツハイマーに効果がある

 

などさまざまな効果効能がある優秀なオイルですが、

 

実は出回っているもの中には植物油を水素化してココナッツの香りをつけただけの、

安い人工「ココナッツオイル『風』」オイルもあります。

 

 

本当にココナッツオイルの恩恵を受けたいのであれば、

 

無精製かつ無添加、

非加熱抽出で良い成分が壊れていない

 

ヴァージンココナッツオイル」にこだわってチョイスする必要があります。

 

 

そこで今回は、あの日清オイリオの

 

MCT(中鎖脂肪酸)が手軽にとれるココナッツオイルを紹介します!

 

 

中鎖脂肪酸のパワー

 

 

「脂質」は三大栄養素のひとつで、

 

体内でエネルギー源として、

あるいは細胞膜を構成する成分や生理活性物質として働く、体に重要な栄養素ですが

 

「オイル」や「脂質」といった単語からは、

 

「体重が増える」

「健康に悪い」などの

 

マイナスイメージが連想されがちでした。

 

 

しかし、近年は

 

“体に脂肪がつきにくい”

 

オイルが注目されたり、

ココナッツオイルのブームが訪れるなど、オイルへのイメージは変化しつつあります。

 

 

健康や美容への関心が高く、

そのようなオイルなどを日常的に取り入れていても、

その体の中での機能まで知っているという方は少ないかもしれません。

 

 

さまざまなオイルについて詳しく調べていくうちに、

一部のオイルは、脳の機能にもかかわっていることが分かってきました。

 

 

ダイエットにも脳の機能サポートにもかかわる「中鎖脂肪酸

 

“体に脂肪がつきにくい”オイルの代表的なものに、MCTオイルがあります。

 

MCTオイルとは、「中鎖脂肪酸油」のことです。

 

中鎖脂肪酸とは、中鎖脂肪酸油に含まれる脂肪酸の一種で、

同じく脂肪酸の仲間である長鎖脂肪酸と比較して、分子が小さいのが特徴です。

 

 

中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸は、体の中での消化や吸収のされ方が異なります。

長鎖脂肪酸は、水に溶ける「ミセル」という形で吸収され、

その後、再合成などの複数の過程を経て、血液を介して全身へと運ばれていきます。

 

一方、中鎖脂肪酸は、「ミセル」を形成することなく吸収され、

複数の過程を経ず、すぐに肝臓に運ばれます。

 

このような消化吸収メカニズムの違いにより、長鎖脂肪酸と比べて、

 

中鎖脂肪酸はすぐに肝臓に届くため、

エネルギーとして使われやすく、体脂肪になりにくいというわけです。

 

日清オイリオのココナッツオイルのこだわり

 

1:有機栽培ココナッツを使用

 

"ココナッツ庁"という政府機関があるほど品質意識が高いフィリピンの、
伝統的な農法で有機栽培された高品質なフィリピン産ココナッツを使用しています。

 

 

2:「フレッシュドライ製法」の一番搾り

 

 

エキストラバージンオリーブオイルの製法は

 

"フレッシュドライ製法"と

"ウェット製法"に

大別されますが

 

日清オイリオでは"フレッシュドライ製法"の一番搾りを使用しています。

 

香り立ちが豊かで、酸度が低い非常に良質なオイルとなります。

 

3:「国内充填」で瓶詰め

 

 

搾油したオイルは新鮮なうちに日本へと運ばれ、国内充填工場にて瓶詰め。

APCCが定めるバージンココナッツオイルの規定よりもさらに厳しい規格で管理しています。

 

※APCC:

アジア・太平洋を中心とするココナッツ生産国が加盟する政府間組織

 

 

ココナッツオイルの効果効能

 

ダイエット

 

 

脂肪をすぐに燃焼させ、エネルギーに変える!

 

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は、
他の油と違って体に蓄積されず、
既に付いてしまっている脂肪を
巻き込んで燃焼してくれる優れものです!

 

食事に取り入れてダイエット!

 

 

紅茶、緑茶、ホットミルクなど

 

「暖かい飲み物」に大さじ1杯の
ヴァージンココナッツオイルを入れます。

 

ほのかに香ってとても美味しい
フレーバーティーなどが楽しめます。

 

 

飲み終わった後も、
オイルはそのまま素晴らしいリップケアになるので
拭く必要もありません。

 

ぷるっぷるになります!

 

 

ココナッツオイルでリンパマッサージ!

リンパが滞る

老廃物が流れない

むくみになる

老廃物の中には脂肪細胞も含まれている

長い時間滞ってそこにいるため、
脂肪になって定着してしまう。
(セルライトなど)

 

 

リンパを流すには運動が一番の様ですが、
マッサージでもちゃんと流れてくれます!

 

ココナッツオイルで保湿と
リンパ流し♪

 

いろんな効果や効能があって、
一石二鳥ですね!?

 

 

ココナッツオイルの保湿効果で痒み軽減

 

体を外からも美しく!

ビタミンEが豊富なため肌を乾燥から防ぎ、かゆみや肌荒れなどを低減します!

 

 

 

ココナッツオイルは分子が小さく、
浸透率が高いからベタつかない♪

 

 

ヴァージンココナッツオイルは
お肌に塗るととってもサラサラ!

 

軽いつけ心地なのに保湿効果がすごい!

 

マッサージオイルとして、
お風呂上がりの保湿ローションとして

ぬるだけで良いなんて最高です!

洗い流す必要はありません。

食器洗いの後のカサカサの可哀想な手にも、
潤いを与えてあげませんか?

 

 

紫外線を約20%カット!

 

 

ヴァージンココナッツオイルは
紫外線を20%もカットしてくれる!

 

アトピーなど、
お肌が弱くて日焼け止めがぬれない…
という方におすすめ!

 

 

お肌が柔らかくつるんつるんになる上に、
添加物等によるアレルギー反応が起きず、
(完全無添加のため)
紫外線まで予防してくれるなんてすごい!

 

サラッとしたつけ心地のため、
夏の暑い時期でも不快感がありません。

 

 

しっかり落ちる!メイク落とし

 

 

オイルクレンジングというくらいですから、
もちろんメイク落としにも使えます!

 

ウォータープルーフはさすがに落ちづらいですが、
ファンデーションなんかは余裕で落ちます^^

 

落とした後は普通に洗顔してくださいね。

 

なじませてマッサージをすると
みるみる落ちる!

子供ができて幸せいっぱいのママさんたち。

大きなおなかは素敵だけれど、
気になるのは妊娠線…。

 

できてしまいそうな所にたっぷりと、
ヴァージンココナッツオイルをぬります。

 

乳液と混ぜても良いですね^^

ぬった後にラップをして少し置いておくと、
より効果があるそうです!

 

 

美髪を目指せ!

 

 

お風呂上がり、ドライヤーの後(前でも可)に
ヴァージンココナッツオイルを少量髪にぬります。

 

たくさんぬってしまうと
シャンプーしてない人のようにペターっとなってしまうので、
量には気をつけましょう。

 

毛先のみの方が、
頭頂部がぺたっとならないのでおすすめです。

 

また、ドライヤー前だと髪が濡れているため
どのくらい塗れているかわからず

つい塗り過ぎてしまうので注意です!

 

日清オイリオ・ココナッツオイルの公式サイトへ

 

MCT(中鎖脂肪酸)が手軽にとれるココナッツオイル。

ココナッツオイルは美容や健康医維持に期待されている

「中鎖脂肪酸」を約60%と豊富に含んでいます。

 

一般的な植物油は長鎖脂肪酸から成り立っていますが、

中鎖脂肪酸は分子の長さが約半分。

 

そのため、一般的な植物油と比べて消化吸収がよくエネルギーになりやすいのが特徴です。

この特徴が美容や健康維持に役立つと期待され、近年話題を集めています。

※日清オイリオは中鎖脂肪酸の有効性を40年以上研究しています。

 

公式サイトへは以下からどうぞ!

 

カテゴリ:便秘 

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ

error: Content is protected !!