妊娠線ケアクリームVigiee(ビギー)の効果は?

妊娠線ケアクリームVigiee(ビギー)の効果は?

妊娠線ケアクリームVigiee(ビギー)の効果は?

 

 

 

赤ちゃんの成長とともに

大きくなるお腹をみると、嬉しく愛おしい気持ちになるものです。

 

できることなら、お腹や太ももなどに赤紫色の妊娠線は作りたくないですよね。

 

妊娠線を予防するには、専用クリームやオイルを使って肌を整えることが大切です。

 

 

妊娠線ができるメカニズムと原因

 

 

妊娠線(ストレッチマーク)とは、

皮膚を作っているいくつもの層の最下層にある「真皮」がさけることでできる筋です。

 

最初は濃い赤紫色で、お産が終わると少しずつ白くなります。

 

 

体型が変わって皮膚がのばされたとき、

真皮だけがのびきらずに裂け、それが肌表面に透けている状態です。

 

 

細胞がつねに生まれ変わり

傷が治る皮膚の表面と違い、真皮にできた断裂はほとんど治りません。

 

 

妊娠線予防の基本は「保湿ケア」と「マッサージ」

 

妊娠線は、

肌の弾力・やわらかさを作るコラーゲンの層が乾燥や加齢によって弱くなるとできます。

 

冷えや血行不良によって乾燥が進むことも、妊娠線ができる大きな原因のひとつです。

 

 

そこで、妊娠線を予防するためには

 

・肌のうるおいを保つ保湿ケア
・血行をよくするマッサージを行う

 

この2つがポイントとなります。

 

 

そのほか、

妊娠時の適正値を超えた体重増加によっても、妊娠線ができやすくなります。

 

ママや赤ちゃんの健康に影響を及ぼす可能性もありますので、

医師に指導された体重管理は大切です。

 

 

Vigiee(ビギー)にはどんな効果があるの?

 

妊娠中のママのお肌を優しくケアしてくれる

Vigiee(ビギー)にはどんな効果が期待できるのでしょうか。

 

様々なマイナートラブルに悩まされる妊娠中のお肌に

安心して使えるものなのかどうかという点も気になりますよね。

 

 

Vigiee(ビギー)はホルモンバランスの変化から肌がカサカサしたり、

今まで使っていた化粧品が使えない、お腹が大きくなり皮膚が引っ張られて亀裂が生じるといった方に嬉しい効果があるクリームです。

 

 

また、お腹が乾燥して気になってしまったり、

出産後のたるみが気になるお腹にも使っていただけます。

 

 

こういった妊娠中から産後にかけての肌の悩みは優しい成分のクリームで、

保水と保湿をして肌を柔らかくするのが効果的です。

 

 

市販のクリームは保湿効果のみであったり、

体が敏感に傾きがちな妊娠中には使いにくいものであったりする中、

 

Vigiee(ビギー)は肌に優しい効果で保湿と保水を実感できる処方を実現しました。

 

 

Vigiee(ビギー)にはしっかりと保水効果が実感できるよう、

 

温泉水・3種のヒアルロン酸・2種のセラミドなど

すべて自然由来の成分でみずみずしい肌へと整えていきます。

 

 

皮膚が潤いに満ち、柔軟性を持っていれば、

妊娠後期にかけてどんどんお腹が大きくなる時期に起こりがちな妊娠線のケアとしても効果的です。

 

 

 

赤ちゃんにも使えるよう優しい処方のVigiee(ビギー)は

 

防腐剤・アルコール・動物由来成分・鉱物油・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料・紫外線吸収剤・パラベンを使用しない無添加処方となっています。

防腐剤不使用でも、エアレス容器を使用しているので安心です。

 

 

 

 

このクリームに含まれる成分はどんなもの?

Vigiee(ビギー)が妊娠中のお腹や産後のママの体に

おすすめのクリームと言われるのは何故なのでしょうか。

 

どんな成分でお肌に保水・保湿効果を発揮してくれるのか気になりますよね。

 

 

Vigiee(ビギー)には、肌の水分バランスを整える保水成分が豊富に含まれています。

 

 

肌の水分量をUPしてキメを整える温泉水、

肌の潤いと柔軟性に欠かせない成分のセラミド、

保水性や浸透性に優れたヒアルロン酸が急激な変化を迎えるお肌にしっかりと水分を与えます。

 

 

 

さらに、保湿の役割を果たす成分として

 

ツバキ種子油、オリーブ果実油、米ぬか油、シア脂、ホホバ種子油、ヒマワリ種子油、アルガニアスピノサ核油、イソステアリン酸水添ヒマシ油が配合されています。

 

いずれも天然由来の成分で、

妊娠中・産後のママの体にも安心して使える成分となっています。

 

 

 

Vigiee(ビギー)は保湿ハリ弾力試験で

保湿力・皮膚柔軟性のUPが実証されている実力派のクリームです。

 

優しい成分なのは嬉しいけれど効果はしっかりあるの?

と疑問に思っている方の期待にもしっかり答えてくれます。

 

 

Vigiee(ビギー)は香りに敏感になりがちなママにも嬉しい、

ほのかな柑橘の香りです。

 

天然精油による香りで合成原料は一切使用していないので、心地よく使うことができます。Vigiee(ビギー)でやさしくお肌をケアして、

妊娠中や産後の体をやさしくいたわってあげたいですね。

 

 

このクリームの使い方は?いつ使うのがいいの?

 

Vigiee(ビギー)の使い方にコツはあるのでしょうか。

 

使うにあたっておすすめのタイミングや、効果の高い使い方があるのなら知りたいですよね。

 

 

Vigiee(ビギー)はお肌が一番潤うお風呂上りに使うことを想定して作られています。

ですから、お風呂上りに使うのが最も効果的ということですね。

 

独自のなのも椅子ちゃ製法でオイルの粒子を細かくしているので、

塗った後べたつかないのも嬉しいポイントです。

 

 

妊娠超初期のVigiee(ビギー)の使い方は、

お腹に特に変化がある時期ではないので無理をせずにケアをしていきましょう。

 

Vigiee(ビギー)は塗った瞬間だけ香るので、

ずっと香りが続くのが苦手な方でも使いやすいクリームです。

 

 

少しお腹がぽっこりしてくる妊娠初期は、お風呂上りに1日1回、

お風呂あがりから5分以内の使うのがおすすめです。

 

 

潤いを逃さずにVigiee(ビギー)を使えば、

これから大きくなっていくお腹も柔軟性が上がって肌トラブルを起こしにくくなりそうですね。

 

 

お腹が目立ってくる妊娠中期は肌の乾燥が気になり始める時期です。

 

お風呂あがりのケアは継続しながら、

チューブタイプを持ち歩いて外出先でも気になった時にケアする使い方が良さそうですね。

 

 

お腹がずっしり重くなってくる妊娠後期は、

Vigiee(ビギー)でお腹だけでなく太もも・脇腹・胸の下などもケアしていきましょう。

 

産後も伸びた皮膚を優しくマッサージしながら皮膚の収縮を促すことで、

徐々に皮膚が戻っていきます。

 

 

ストレスの多い妊娠中から産後でも、Vigiee(ビギー)でリラックスしながらケアする時間を持つことで、ママも笑顔で過ごすことができそうですね。

 

妊娠線ケアクリームVigiee(ビギー)の公式サイトへ

 

Vigieeは妊娠線ケアクリームです!

 

商品の特徴といたしましては
成分配合率を見てわかる程。高原価で製造しております。

また、妊娠中のケアに足りない成分

・ミネラル
・セラミド
・ヒアルロン酸
・ビタミンE
・アミノ酸

を天然原料で配合し
妊娠期に必要な人肌を形成することを
コンセプトに販売しております。

 

赤ちゃんの成長とともに大きくなるお腹をみると、嬉しく愛おしい気持ちになるものです。
できることなら、お腹や太ももなどに赤紫色の妊娠線は作りたくないですよね。

妊娠線を予防するには、専用クリームやオイルを使って肌を整えることが大切です。

 

公式サイトへは以下からどうぞ!

 

カテゴリ:妊娠線 

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ

error: Content is protected !!