子供のかゆみ・乾燥肌は、潤静(うるしず)で決まり!

子供のかゆみ・乾燥肌は、潤静(うるしず)で決まり!

子供の冬の乾燥肌かゆみ対策

 

 

 

空気の乾燥する冬場は、子供の乾燥肌が深刻です。

普段は乾燥しない子も、顔や手、背中などがカサカサして
痒がるようになります。

 

ひどい子では、夜も眠れないくらい痒くなり、
これは子供にとっても
大変なストレスです。
それに、見ているお母さんも辛いです。

 

子供の乾燥肌対策!

 

1. 入浴方法の見直し

 

実は入浴って体が潤うように思えますが、逆に乾燥します。
それは、入浴によって肌の潤い成分が流れ出てしまうからです。

冬場は寒い体を温めるために、熱い湯船に長時間浸かるように
していましたが、それはかえって逆効果だそうです。

 

また、刺激の強いシャンプーやボディーソープも見直しました。
シャンプーは洗い流す時に顔や体に付着するので、
使用されている合成界面活性剤を確認し、低刺激のものに変えました。

 

2. 保湿

 

乾燥肌に欠かせないのが保湿です。
特に入浴時に奪われた水分や油分を補うためにも、
できるだけ、入浴後すぐに行うのが効果的です。

 

3. ビタミンを多く摂取する

 

 

乾燥肌には、ビタミンA,ビタミンB,ビタミンC,ビタミンEがいいので
これらを意識的に取り入れるようにしました。

といっても、あまり神経質になる訳ではなく、

お肉だったら豚肉(ビタミンB)を多めにメニューに取り入れたり、
人参やカボチャ(ビタミンA)を毎日お味噌汁の具に入れたり、
毎朝果物(ビタミンC)を朝食に出したり、
白いご飯にたらこ(ビタミンE)を添えたり・・・。
そんな風にちょっとだけ意識するようにしてみました。

 

4. 爪を短く切る

 

子供に「掻いちゃダメ」と言っても、無理がありますよね。

 

子供の肌は大人に比べるととてもデリケートです。

掻くことによって肌を傷つけ、更にお肌のバリア機能を低下させ、
余計に痒くなるという負のスパイラルに陥ってしまいます。

そうならないためにも、基本的なことですが最低限、
爪は短く切ってあげましょう。

 

5. 手洗いの後はすぐにハンカチで水分をおさえる

 

子供の手荒れや手の乾燥は、手洗いによるものです。

最近はインフルエンザやノロウィルスなどの感染症が
メディアを賑わせています。

そのため、幼稚園や保育園、学校では冬場は特に手荒いが徹底されています。
それはとても良いことなのですが、1日に何度も石鹸で手洗いをすることで、
手の潤いが逃げてしまい、結果手の乾燥や手荒れの原因となってしまいます。

そうは言っても、手を洗わないようにするというのも現実的ではありません。
なので、手を洗った後は必ずハンカチやタオルで優しく拭き取るよう、子供に教えました。

 

手洗い後、水分を自然乾燥させると、水分と一緒に皮膚に必要な潤い成分も
蒸発してしまうからです。

日常の生活をちょこっとだけ改善するだけなので、
とても簡単だと思いませんか?

 

実は日頃から少しだけ気をつけるだけでも、
子供の乾燥肌は随分と改善されるんです。
できることから、始めてみることをおススメします。

 

 

注意したい子供の冬のお風呂の入れ方

 

 

ぐっすり眠ることは風邪予防にもとても大切。

そのためにはお風呂で冷えた体をじっくり温めたいものです。

 

 

毎日の入浴が乾燥肌の原因となり、かゆみなどの不快な症状を引き起こすことにつながるケースがあります。
ここでは冬場の子どもの入浴で気を付けたい点についてまとめてみました。

 

洗いすぎに注意!

毎日シャンプーし、ボディソープを付けたタオルやスポンジで体を洗っていませんか?

じつは、からだについている汚れのほとんどは水溶性です。お風呂のお湯に浸かるだけでほとんど落ちてしまいます。

石鹸で洗う必要があるのは、胸や脇、背中など脂っこい部分や、汚れの気になる陰部の周囲です。

しかも冬場は空気が乾燥し、肌も乾燥しています。

夏場と同じように腕や脚も石鹸で洗っていると、肌の表面を保護している皮脂が不足して乾燥肌の原因となります。

汚れの気になる部分や、汗をかいた首周り、背中周りは石鹸を手に付けて優しく洗い、
それ以外の部分を週に1~2度石鹸で洗うようにするだけで、十分清潔を保つことができます。

 

乾燥肌をまねく原因はさまざまですが、

お風呂での洗いすぎも原因のひとつです。入浴時に洗いすぎないことが大切です。

 

お子様の肌がデリケートな理由3つ

 

 

皮膚が薄い!

 

 

成長途中の皮膚はまだまだ薄いです。

 

刺激や乾燥などの影響を受け易いのですね。

子どもの皮膚は角質層が薄い為、皮脂の分泌量も安定していません。

 

その為、皮膚のバリア機能も未熟のまま。

このバリア機能というのは、外部からの異物の侵入や攻撃を防いだり、

肌の水分を閉じ込めておく役割がありますので、

 

このバリア機能が未発達の子どもの肌はとても弱く、外からの刺激にも敏感になってしまうんです。

 

肌が乾燥しやすい!

 

 

生後2~3ヶ月ほど経つと、

肌表面を覆っていた皮脂が大幅に減少し、乾燥しやすい状態が続いてしまいます。

 

乳児期から10歳位までの間、

子どもの肌が乾燥しやすいと言われており、現状でも乾燥肌の子どもは非常に多くいます。

 

これは子どもの皮脂の分泌量の少なさが影響していることが第一にあげられるんですね。

 

汗っかき!

 

子どもの小さい体でも、汗が出る汗腺は大人と同じ数だけあると言われています。

 

この汗が刺激となり肌荒れが起きることがあるかも。

皆様はお子様が汗をかいたら直ぐにシャワーやタオルでキレイにしていませんか?

 

実はこの時に必要以上な皮脂を落としていることがあります。

これによって肌の水分が蒸発し、刺激に対して弱くなってしまうことへ繋がるんです。

赤ちゃんの肌だと、まだまだ外的刺激には弱いため免疫力が付く前に肌が傷ついてしまい、

タマゴのようなキレイな肌ではなくなってしまうかもしれません。

 

 

そこで今回は、

 

子供用スキンケアとして、潤静(うるしず)を紹介します!

 

 

潤静(うるしず)は「潤いを守る力」を強く

 

子どものデリケートな肌にスキンケアは凄く大切!

 

子どもの「スカスカ肌」と

「健康的な肌」を

 

比べると一目瞭然です!

 

子供用スキンケアとして、潤静(うるしず)は非常にオススメされています。

 

低刺激で肌の状態が不安定な

子どものスキンケア用として使われている潤静(うるしず)には、様々な特徴があります。

 

潤静(うるしず)独自のバリアキュア!

 

超高分子PGA

化粧品として潤静(うるしず)が初めて配合しました!

 

ポリグルタミン酸と言われるこの成分は、

肌表面に膜を作り、水分蒸発を防いで長時間うるおいをキープする役割があります。

 

 

 

 

3種のセラミド

保湿にはお馴染みで大切な成分。

 

潤い成分でお馴染みのセラミドは、いろんな種類がありますが、

その中でも低刺激で子どもにピッタリなセラミドを3種厳選。

 

元々人のお肌の角質層に含まれる成分ですので、敏感肌にも安心な保湿成分と言われています。

 

 

 

キハダ樹皮エキス

メーカー推奨量の4倍配合!

自然由来成分のキハダ樹皮エキス(別名オウバクエキス)は、

消炎作用・収れん作用・抗菌作用・肌の引き締め効果があります。

 

特に肌荒れ防止効果は非常に評価されており、

いろんな化粧水や乳液などの化粧品に配合されています。

 

潤静(うるしず)ではそのキハダ樹皮エキスを4倍もの量を配合している為、

非常に効果の高い化粧水と言われています。

 

 

 

発酵プラセンタ

美容成分でお馴染みのプラセンタ。ですがこれは発酵プラセンタ。

美容有効成分がたっぷりの

プラセンタを酵母菌で発酵させたのが、この発酵プラセンタです。

 

プラセンタを発酵させることで、

プラセンタの中でももっとも重要な成分である成長因子の量が大幅にアップすると言われています。

 

ざっくりと紹介されていましたが、実はいちばん重要な成分で、

美容に関連するアミノ酸量が大幅にアップするため、美容や健康にも効果があると言われています。

 

 

 

 

他にも11種類の植物由来天然成分がサポート!

植物由来の成分がたっぷり!

どれも植物由来の成分で、それぞれ美容や健康に役割がある成分達ばかりです。

これらの成分が、驚きの浸透力と保水力を実現してくれるというわけなんですね。

 

 

 

潤静(うるしず)は10の無添加が実現!

大手メーカーでも難しい10個の無添加が実現

 

効果はあれど副作用が心配になる「添加物」ですが、

潤静(うるしず)では10の無添加が実現しています。

 

子どものようなデリケートなお肌には刺激物は天敵です。

 

 

 

 

潤静(うるしず)の口コミ

 

肌がモチモチになります!
初めての子育てで、0歳から使えるという美容液を探していました。

無事出産を迎えてこの美容液を使うようにしています。

 

赤ちゃんも嫌がること無く相性も良いみたい。

 

美容外科の先生が監修されているということで、結構安心信頼して使わせていただいています。

肌が凄く保湿されているのか、朝肌を見てもモチモチです。

毎朝頬をつつくのが日課になっています笑(28歳女性)

 

褒めていただきました!
小学2年の娘に買ってあげました。

立派な女の子なんだから、お肌も自分で気遣わなきゃ駄目よって言って

この潤静(うるしず)を渡しました。

 

最初は使い方が分からないのか顔がベチャベチャになるまで塗ってて笑ってしまいましたが… 

だんだん慣れてきてしっかり薄く塗ることが出来るようにまで成長しています。

 

我が娘ながら肌がキレイだ…なんて思うこともありますが、

ある日娘の授業参観があったのですが、

 

その時にママ友から「お子さんの肌キレイね~」って言っていただけて

凄く話が盛り上がってしまいました。

 

娘だけでなく私まで嬉しい気持ちになり、

買ってよかったなと素直に思うことが出来ました。(34歳 女性)

 

大人でも問題なく使えます!
敏感肌用の全身美容液ということですが、私は初めて使いました。

出してみると黄色みがかった色で少しとろみがあるテクスチャーです。

 

黄色い色はキハダ樹皮エキスの天然の色みたいなので安心ですね。

匂いはかすかに花の香がします。

 

早速使ってみると確かに敏感肌用なので刺激も全然なく、べたつきもありませんでした。

ベタベタせずしっとり感があるため、肌が保湿されふっくらとしますよ。

お子様用でもありますが、30代の女である私でも問題なく使えます。(32歳 女性)

 

低刺激かつ高保湿!
潤静(うるしず)という初めて使う美容液をモニターで使いました。

とろみがあるような美容液というか化粧水のようなテクスチャーで、

少し黄色っぽい色が付いています。

 

天然の色みたいなので問題ないようです。

全身に使えるとあって、内容量は150mlと少し多めです。

 

1ヶ月分としては余裕があるくらいです。

敏感肌ですが刺激もないため全然使えます。

 

子どもにも使わせてあげたいと思います。

定期購入でないと値段が少し高いですが、

ここまで低刺激で保湿力がある美容液は今まで無かったと思うので、

しばらくは使わせてもらおうかと思います。(47歳 女性)

 

全身に使える低刺激美容液!
以前使ったときは夏前くらいで、紫外線対策用にと使っていました。

今回は冬に使いましたが、やはり乾燥がひどくなる冬場が使用感良いと感じています。

 

以前から「この美容液ぜんぜんべたつきないな~」って思っていましたが、

今も変わりなくべたつきは無く使いやすい。

 

全身に使えるのもうれしいですね。

量が多いので顔だけの人はかなり得すると思います。

 

保護された感覚はあるのに、

余計なものを感じないところがこの美容液の一番好きなところです。(52歳 女性)

 

 

お子様の肌トラブルに【潤静~うるしず~】公式サイトへ

 

無添加にとことんこだわった商品

 

・11時間後でも、つけたての95%のみずみずしさをキープ
・ポリグルタミン酸を配合
・アトピー性皮膚炎でお悩みのお子様に
・赤ちゃんから大人までご家族でお使いいただけます
・お肌への浸透が早く、サラッとしているのですぐにお洋服を着てもベタつきが気になりません
・一日に何度も塗り直す必要がありません
・お肌にオールインワンでお手入れできます
・安心の国内工場で生産しています

 

 

カテゴリ:子供のかゆみ乾燥肌 

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ

error: Content is protected !!