循環トマトは生活習慣病に効くの?口コミを調べてみた

循環トマトは生活習慣病に効くの?口コミを調べてみた

生活習慣病とその予防

「生活習慣病」という用語は、

従来用いられていた「成人病」対策が、二次予防に重点を置いていたのに加えて、

生活習慣の改善を中心にした一次予防に重点を置いた対策を推進するために新たに導入された概念です。

 

生活習慣病の「代表格」である糖尿病患者の数は、890万人と推計されています。

予備軍を含めると2,210万人ともいわれています。

 

また、高血圧、脂質異常症といった疾患を有する人々の数は、それぞれ3,970万人、4,220万人と推定されます。

中高年の多くの方が何らかの生活習慣病をもっていて、それが将来重大な健康障害になる可能性があります。

これらの疾患について、早期発見と早期治療が急がれています。

 

生活習慣に関わる要素として、

栄養、運動、休養、たばこ、アルコールの5つが取りあげられています。

 

これに加え、具体的な生活習慣病として、

虫歯や歯周病、糖尿病、循環器病、そして"がん "という4つの疾患に焦点が当てられています。

 

健康障害を予防していくために、栄養、運動、休養、喫煙、飲酒についての正しい生活を、

習慣づけていく必要があるのです。

 

治療から予防へ

世界一の高齢社会の日本で、いつまでも健康で快適に過ごすためには、病気の予防が重要です。

中でも三大死因の脳卒中、心臓病、がんさらに糖尿病や高血圧などの発症には、

生活習慣が大きくかかわっていることがわかってきました。

生活習慣とはライフスタイルともいい、食習慣、運動、休養、喫煙、飲酒などを指します。

 

例えば、食べ過ぎによる過剰エネルギーや高脂肪、塩分のとり過ぎ、お酒の飲み過ぎ、

運動不足、睡眠不足、ストレスといった不摂生は、短期間ではそれほど影響を及ぼしません。

ところが、10年、20年と続けていくうちに肥満になり、

血糖値、血圧、中性脂肪、コレステロール値も高くなって、

生活習慣病の“終着駅”、脳卒中や心臓病を発症するのです。

 

穀類が主体で乳製品もプラスした一汁三菜の日本型食生活、

適度な運動、

休養

といった生活習慣を子供のころから積み重ねていくことがとても大切です。

 

生活習慣病になりやすい人/なりにくい人の特徴は?

以下の項目にどれだけあてはまるかをチェックしてみましょう。

 

生活習慣病になりやすい人
・ケーキなど甘いものが好き
・から揚げやポテトチップスなど脂っこいものが好き
・薄い味付けよりは濃い味付けが好き
・よく飲酒をする
・喫煙している
・普段から運動不足だ
・ストレスを感じることが多い

 

生活習慣病になりにくい人
・3食きちんと食べて、ほとんど間食をしない
・肉や炭水化物よりも野菜をたくさん食べる
・濃い味付けよりは薄い味付けが好き
・食事の栄養バランスはとれている
・適度な運動(週に1回以上)をしている
・イライラや不安を感じることは少ない

 

適量の果物摂取が生活習慣病のリスクを下げる

 

がん、脳卒中、動脈硬化を含む循環器疾患、糖尿病。

こうした生活習慣病は、日本人の死亡者数のうち6割に関わっているとされ、

健康を守る上での大きなリスクとなっています。

生活習慣病の発症や進行にはその名のとおり、

食事・運動・休養・喫煙・飲酒などの生活習慣が関わっています。

生活習慣が乱れれば病気のリスクが高まってしまいますが、

その反対に生活習慣を見直すことによって、

さまざまな病気の予防につながると考えられています。

 

食習慣については、2017年6月に公表された

「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版」で新たに

果物の摂取を推奨する」ことが明記されました。

 

その裏付けとなったのは、

「果物を適量摂る人は、冠動脈疾患や脳卒中、2型糖尿病の発症リスクが低い」

という研究の分析結果です。

また、別の研究から、キウイフルーツ、グレープフルーツ、ベリー類など

糖質の少ない果物を普段の食事に追加することで、

中性脂肪やコレステロール値が改善することもわかりました。

こうした事実から、果物の摂取が動脈硬化性の病気の予防につながると考えられたのです。

 

しかし、日本人の果物摂取量はかなり少ないのが実情です。

実際にどのくらい日本人が果物を摂取しているのかというと、1人1日あたり107.6g。

果物不足は若い世代ほど深刻で、20~40代の半数以上が、果物をほとんど摂っていないこともわかっています。

厚生労働省と農林水産省がつくる「食事バランスガイド」では、1日2つ分の果物を摂ることが推奨されています。

摂るべき量の半分程度しか摂れていないのです。

 

運動は基本中の基本

運動不足は生活習慣病の発症を手助けしてしまいます。

運動によって血管を健康な状態に保てば動脈硬化を防ぐことができ、

心筋梗塞や脳卒中などのリスクを減らすことが可能なのです。

 

同時にメタボリックシンドロームも解消することが可能です。

そのため、下記の項目に思い当たる点がある人は、運動不足解消を心がけましょう。

・事務職なので仕事中はほとんど歩かない
・休日は外出せずに家にいることが多い
・駅に階段とエスカレーターがあれば、必ずエスカレーターを使う
・最近、汗をかくような運動をした記憶がない

 

例えばII型糖尿病は、

遺伝的要素に「食べ過ぎ」「運動不足」「肥満」「精神的ストレス」「加齢」などが加わると発症するといわれています。

もちろん遺伝的要素がある場合でも、しっかり運動をしていれば発症しない人もいます。

体を動かすことによってエネルギーを消費すれば、血糖値が上がりにくいからです。

 

生活習慣病を防ぐためには、

週に3日以上、1回30分程度の運動を実践する必要があります。

もちろん毎日運動できれば、その方が理想的であることはいうまでもありません。

 

よく知られている方法ですが、

通勤・通学時にひと駅前で降りて歩くというやり方も効果的です。

問題なのは、続けて行うことができるかどうかです。

激しい運動である必要はありません。

 

ウォーキングなどの有酸素運動で十分です。

水泳やラジオ体操といった運動も効果的です。

膝の痛みなどの問題がない人は、軽いジョギングもいいでしょう。

いずれにせよ「自分に合っていて、続けられる運動」を見つけることが一番です。

ただ、早朝のウォーキングには気を付ける必要があります。

睡眠時には体内の水分が失われていますから、

起床後すぐにウォーキングを始めるのではなく、

水分を補給して1時間程度たってからスタートしましょう。

 

「遠くのスーパーマーケットにある野菜が新鮮だから、休日はそこまで買いに行く」
「無料で楽しめる公園を1周すると、飽きずに30分歩くことができる」
「ショッピングモールを全フロア回ると1時間以上楽しめる」

こういった複数のモチベーションを活用すれば、持続可能なウォーキングができるに違いありません。

適度な運動をすると、睡眠にもいい影響を与えます。

睡眠の質を上げるためには、

寝る直前までスマホをいじっていたりパソコン画面を見つめていたりといったことは避けましょう。

ブルーライトは睡眠の質を下げるということが、さまざまな研究結果で明らかになっているからです。

 

生活習慣病になるのは大人だけではない

 

2014年に香川県が小学4年生を対象に行った血液検査で、

脂質、血糖値、肝機能の数値に異常が見られた子どもの割合が10%前後にも達していました。

総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪に関して

いずれか一つでも異常値を示した子どもは男子10.2%、女子11.5%でした。

 

血糖値に関してはヘモグロビンA1cを調査したところ、

糖尿病の疑いがあるか、発症リスクが高い子どもは、なんと男子12.0%、女子10.9%にも達していました。

 

AST、ALT、γ-GTPに関していずれか一つでも異常値を示した子どもは男子12.4%、女子9.5%となっており、

小学生でも肝機能に異常が見られたというものです。

 

検査値に異常が見られた子どものほとんどが
・毎日腹一杯食べる
・早食い
・食事時間が不規則
・外遊びをしない
・1日のゲーム時間が長い

といった生活習慣だったことがわかっています。

つまり小学生であっても、生活習慣によって将来の病気にかかるリスクが高くなってしまうのです。

 

子どもだけでなく保護者に対して食事や運動に関する生活指導や啓発活動が行われました。

その効果が表れ、これらの数値が改善される例が増えてきているといいます。

 

家族全体で生活習慣を改めることが、子どもにとって、

将来の生活習慣病になるリスクを減らすことが可能だということがおわかりいただけると思います。

 

 

 

イタリア産トマトから生まれた最先端サプリ循環トマトJ

 

循環トマトJの口コミ

 

その1

健康診断を受けたのですが血圧が高めという結果でした。
まだ降圧剤に頼るほどではない数値ということで
血液サラサラ系のサプリを探して、循環トマトJを見つけました。
飲み始めてから、血圧が徐々に下がり始めています。
代謝がよくなったせいか、体重も3kgほどやせました。
もしかしたらかなり血液がどろどろだったのかもししれませんね
こちらのトマトパワーは本物だと思います。
今後も続けていきたいと思います。

 

その2
血液がサラサラになるサプリということで、知人のすすめで飲み始めました。
しばらくするとカラダのだるさがとれて、午後の眠気がなくなり、カラダが軽くなったような気がします。
きっと、知らず知らずのうちに血液の流れが悪くなっていたのだと思います。
お値段がもう少し安いといいのですが…しばらく続けてみたいと思います。

 

その3
血液がとどこおると血圧が上がるだけでなく、代謝も悪くなると聞き、
トマトを食べるよう勧められましたが、トマトが苦手なのでトマトジュースも飲めませんでした。
でもこれならサプリなので手軽にトマトのパワーをカラダに摂りいれますね。
飲み始めてから、体の代謝がよくなったのか、顔や足のむくみがなくなってきました。
まだ1ヶ月ですが効果を実感しています。

 

その4
血流が悪いと血圧が上がるだけでなく、いろんな悪影響がでる、
という本を読んで血液がサラサラになるサプリを探していて、こちらに出会いました。
納豆系やおさかな系のサプリも試しましたが、あまり効果を実感できないでいたのですが、
これを飲み始めてからは朝の目覚めもよく、絶好調です!
食事だけではなかなかリコピン補えないで、これを飲み始めて良かったです!

 

 

循環トマトJのご紹介です!

 

イタリア産トマトからそのまま抽出した世界初の32成分配合!
リコピンはもう古い、熱を加えない特許製法で作ったから確かな効果。

綺麗は内側から!

生活習慣病が気になる方 
・健康のために何かを始めたい方 
・内側から美しくなりたい方 
・体質から変えていくことで美を追求したい方
                               
美容(お肌の生まれ変わり、髪質向上)や日々のお悩み(肩こり、冷え性、むくみ)に。
本商品の強みである熱を加えないことで栄養価のロスが少ない特許製法や、
イタリア産トマトから作った自然由来の商品です。

 

カテゴリ:便秘 

2019年11月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ

error: Content is protected !!