原液美容液って?YURAHADAの効果とは?

原液美容液って?YURAHADAの効果とは?

原液美容液って?

 

 

さまざまな種類がある美容液。

 

そのなかで、「原液美容液」と呼ばれるものが普通の美容液とどう違うのかご存じですか? 

 

原液美容液の特徴についてお伝えしながら、

美容面でのメリットや肌の悩みに合わせた選び方をご紹介します。

 

 

原液美容液と普通の美容液の違いは?

 

 

通常、美容液にはいくつかの異なる成分が配合されています。

 

例えば、保湿力がメインの美容液では、

ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分を複数配合して、商品の魅力を高めていますし、

 

化粧下地を兼ねたものや、UVカットをうたったものもみられます。

 

 

美容液を選ぶ基準は人によりますが、

化粧水や乳液と同じブランドのものを使う、

いわゆる「ライン使い」をしている人は多いようです。

 

 

これに対して、原液美容液はいたってシンプル。

 

 

配合成分を1種類に絞ったものが多く、目的に合った成分を基準に商品を選びます。

ただし、同じ成分を使っていても、商品によって内容は異なります。

 

100%原液とされている商品であっても、水で薄められているものもあるのです。

 

原液のチカラを十分に生かすために、

原液美容液を選ぶときには、製造方法や原料、

配合成分をしっかりチェックする必要があるでしょう。

 

 

原液美容液ならではのメリット

 


原液美容液ならではのメリットはどこにあるのでしょうか?

 

 

使い勝手のよさ

原液美容液を導入する場合、いままでのスキンケアを変える必要はありません。

 

毎日のお手入れにプラスするのはもちろん、スペシャルケアとして取り入れてもOK。

気になる部分にだけ重ねづけするのもいいですね。

 

肌コンディションに合わせて、使う量や頻度を調整しやすいのは大きなメリットです。

 

化粧水に少量たらして混ぜて使えるものも多くみられます。

成分のニオイが気になるときは、このようなものを活用するとよいでしょう。

 

 

成分重視で選べる

基本的にひとつの成分をメインにつくられているので、成分を重視して選べます。

 

その美容成分に期待される作用を基準に選んでいつものスキンケアにプラスするだけなので、反応がわかりやすいのもうれしいですね。

 

 

成分を保護するパッケージ

 

ほとんどの原液美容液は、品質の劣化を避けるために色つきの瓶に入れられています。

 

また、容器中を清潔に保つために、スポイト形式を採用している商品も多いようです。

 

 

肌の悩みに合わせて成分を選べる

 

 

配合成分がシンプルな原液美容液は、選びやすいことが魅力のひとつ。

 

そこで、代表的な肌の悩みを取り上げながら、

その対策におすすめする成分を具体的にご紹介しましょう。

 

 

肌がくすみがち

肌の透明感がなくなってきた気がする

 

年齢肌のくすみが気になる人や、肌の透明感がなくなってきたと感じる人は多いものです。

 

そんなときは、肌に十分なうるおいを与え、キメを整えてくれる成分を選びましょう。

プラセンタ、ビタミンC誘導体、EGFがおすすめです。

 

 

 

なんだか肌に元気がない

ハリがなくなってきた

 

肌に活力がない、ハリがないと感じられるようになるのは、

年齢とともに肌の保水力が低下するためです。

 

そんな肌コンディションには、

保湿力をカバーするプロテオグリカンやセラミド、コラーゲンがおすすめです。

 

 

 

肌が乾燥する

肌のゴワつきをなんとかしたい

 

柔らかくみずみずしい肌は、若々しい印象を与えてくれるもの。

 

そんな肌を保つには、乾燥を防いで肌のバリア機能をサポートする

プロテオグリカンやセラミド、プラセンタ、ヒアルロン酸がおすすめです。

 

 

自分にぴったりな成分を見つけよう!

 

配合成分がシンプルで、毎日のスキンケアに取り入れやすい原液美容液。

 

そのチカラを最大限に活用するには、品質がよいものを選ぶことが大切です。

 

まずは、いまの肌コンディションをチェックして、

自分の肌に必要な成分を見つけることから始めてみませんか?

 

 

 

そこで今回は、

 

頭皮に関する30年以上のノウハウをスキンケアに応用した新しいスキンケアブランドYURAHADA(ゆらはだ)を紹介します!

 

 

美容液原液 YURAHADA(ゆらはだ)とは

 

 

 

 

外部刺激により軽い炎症をおこし、乾燥と皮脂の過剰分泌を繰り返す「ゆらぎ肌」。

慌てて保湿したり皮脂を取り除くよりも

まずは乾燥や油性への傾きがちな肌を健やかな状態へ持っていくことが大切。

 

 

「YURAHADA Wエフェクト美容液原液」は

 

2つの抗炎症成分が炎症を抑え、肌のバリア機能を整え、ゆらぎ肌を安定肌へと導きます。

 

 

また「美肌造りの湯」として知られる湯原温泉の温泉水を使用!

保湿力が高く、しっとり感が長時間続きます。

 

 

さらっとしたテクスチャーなので、

普段のスキンケアラインに追加しやすいのもオススメです。

余分なものを入れていないので、敏感肌の方でもご利用いただけます。

 

 

Wの有効成分でもっちりハリ肌

 

 

 

原液の贅沢な薬用美容液で瑞々しい美肌へ

 

肌状態の乾燥や油性への傾きを正常に健やかにする

 

「トラネキサム酸」と

 

「グリチルリチン酸ジカリウム」を贅沢に配合した原液美容液なので、

 

バリア機能を整え、ふっくら美肌へ。

 

 

脂性肌・乾燥肌・敏感肌・ゆらぎ肌の肌トラブルのための新しいスキンケア。

 

敏感肌でお悩みのかただけでなく、

水分量や皮脂量による肌状態の変化で起こるトラブルに。

 

YURAHADAシリーズは、ゆらぎ肌のセンシティブ状態を考えた基礎化粧シリーズです。

 

 

頭皮ケアで培った地肌ケアの発想をスキンケアへ応用

 

 

 

髪の状態を良くするためには、

髪が生えている頭皮の状態を健やかに保つことが必要になります。

 

「健やかな肌へ」

 

頭皮と地続きの肌にもこのケア技術を応用できる事に気づきました。

 

「肌状態が傾きがちなゆらぎ肌や敏感肌で悩んでいるかたの力になれる」。

そんな思いで開発した美容液です。

 

 

肌の保水力に違いが出ます

 

 

 

「美肌造りの湯」としても知られている湯原温泉の温泉水を使用しています。

 

湯原温泉は豊臣秀吉の家臣、宇喜多秀家が

母である「おふくの方」のために開設した湯治場から始まっている、歴史ある温泉。

 

保水効果が高く、しっとり感が長時間続きます。

 

 

付けた直後にわかること。数週間・数か月先にわかること

 

 

 

手のひらに適量をとり、肌を優しくつつみこむように塗布してください。

 

美容液原液が角質層まで浸透し、高度な保湿力で肌の弾力低下や乾燥を長時間ケアし、

付けた瞬間からふっくらとしたハリを長時間キープします。

 

続けてご使用いただくことで肌は健やかな状態に導かれます。

数週間、数カ月先の肌の違いを、ぜひ実感してください。

 

 

ゆらはだ YURAHADA 美容液/効果の鍵となる2大有効成分

 

グリチルリチン酸ジカリウム

 

グリチルリチン酸ジカリウムは漢方薬の甘草(カンゾウ)に含まれる成分です。

 

化粧品の場合は、水に溶けやすいので主に化粧水や水溶性の美容液、

オールインワンゲルなどに配合されます。

 

配合される分量によって医薬部外品になる成分で、

「ゆらはだ」は医薬部外品に該当します。

 

グリチルリチン酸ジカリウムに期待される効果

医薬部外品として使用される場合、強力な消炎作用があり、

皮膚炎に対して著しい効果が認められております。

 

医薬品としてのグリチルリチン酸ジカリウムは炎症を抑え、

肌荒れやニキビのケアに効果を発揮する成分です。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは化粧品、石鹸などにも配合されております。

 

シャンプー、育毛剤などにも配合されており、

頭皮環境を整え、健康な毛髪へ導く効果が期待されています。

 

 

トラネキサム酸

 

 

トラネキサム酸はアミノ酸の一種です。

 

医薬品としてのトラネキサム酸は

止血剤・抗炎症剤として出血の予防効果が期待され、治療に用いられることが多い成分です。

 

シミができる肌の特有な状態に着目し、

メラノサイトの活性化を効果的に抑える新しい美白有効成分

 

m-トラネキサム酸が開発されました。

 

 

トラネキサム酸は医薬部外品の美白有効成分として厚生労働省から認可された成分です。

 

配合される分量によって医薬品になる成分です。

 

 

トラネキサム酸に期待される効果

 

外用薬としては美白効果もあるとされ、シミなどの治療に用いられております。

 

医薬品としてトラネキサム酸を使用する場合は、

肝斑(かんぱん)の改善薬としての効果が認められている成分でもあります。

 

肝斑とは、頬に生じることが多いシミの一種を指します。

主に30~40歳代の女性に見られる症状です。

 

 

肝斑は女性ホルモンのバランスの乱れが一つの要因といわれていますが、

トラネキサム酸は女性ホルモンに直接影響することはありません。

 

メラニンをつくり出すメラノサイトにはたらきかけ、

色素沈着抑制効果を発揮して肝斑を改善することが認められてます。

 

「ゆらはだ」は医薬部外品に該当します。

 

 

美容液原液 YURAHADA(ゆらはだ)の口コミ

 

気温や湿度の変化でニキビや赤み、

刺激感などが感じる、ゆるぎ肌を安定させてくれる美容液。

トラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウムのダブルの成分が配合されています!
トロミなどが全くなく、本当に美容液?

と思うくらい水っぽい、そして匂いも無臭です。

お肌への浸透力があるので私は化粧水の前に使用しています。
刺激もないので安心して使用できるのも良いです。

 

美容液ですがシャバシャバっとした化粧水みたいなテクスチャーで、

ベタつかず浸透する感じでとても良いです。

別ブランドの化粧水を使っていますが、

その邪魔をしないので気に入って使っています。

これを使い始めてから生理前の肌荒れが起きていないような…。
普段から肌が落ち着いている印象です。薬用なので効いているのかな?

 

洗顔後、化粧水の前後で使用するのがおすすめです。

私は洗顔後すぐに使用しています。

 

スポイトで適量をとり、肌をつつみこむように塗布。

さらさらしているので肌にすーっと浸透していきます。

 

最近、洗顔後に肌が乾燥してくるのがはやくて
すぐに化粧水をつけないとつっぱりがち。

 

そんな肌にこちらの美容液原液を使用すると
乾きがちでかたく感じている肌がやわらかくなり、もっちり。

潤いのある肌に整えてくれるので、化粧水の浸透もよくなります。

 

さらさらな液体です。
最初は手にとって直接つけてましたが、ここ数日は化粧水に混ぜて使ってます。
朝晩2回の使用です。
まだ1週間ですが室内で肌が乾燥してくる感じは確実に無くなった気がします!
Tゾーンの脂浮きはまだ変化なしですが、化粧崩れしにくくなったのでめちゃ助かってます。
 

季節の変わり目に1便試させていただきました。
秋から冬に移行する時期の大きな肌荒れトラブルにもならず安定していました。

コスパはそこまでよくないかもしれません。

 

脂性肌なのでニキビができやすいですが、

ニキビもできなかったので安心だとおススメしたいです。
気温低下や乾燥加齢でバリア機能が低下しているので、しっかり潤いは欲しい方に!

 

 

美容液原液 YURAHADA(ゆらはだ)の公式サイトへ

 

 

頭皮に関する30年以上のノウハウをスキンケアに応用した新しいスキンケアブランドYURAHADA(ゆらはだ)が誕生しました!

 

外部刺激により軽い炎症をおこし、乾燥と皮脂の過剰分泌を繰り返す「ゆらぎ肌」。

慌てて保湿したり皮脂を取り除くよりもまずは乾燥や油性への傾きがちな肌を健やかな状態へ持っていくことが大切。

 

「YURAHADA Wエフェクト美容液原液」は2つの抗炎症成分が炎症を抑え、

肌のバリア機能を整え、ゆらぎ肌を安定肌へと導きます。

 

 

また「美肌造りの湯」として知られる湯原温泉の温泉水を使用!
保湿力が高く、しっとり感が長時間続きます。

 

さらっとしたテクスチャーなので、

普段のスキンケアラインに追加しやすいのもオススメです。

余分なものを入れていないので、敏感肌の方でもご利用いただけます。

 

 

公式サイトへは以下からどうぞ!

 

カテゴリ:ニキビ 美白・保湿 乾燥肌 

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ

error: Content is protected !!