便秘解消はタブレットで!くるポンタブレットはオリゴ糖配合

便秘解消はタブレットで!くるポンタブレットはオリゴ糖配合

便秘とはどのような状態のことを言うのでしょうか?

□ 排便の回数が少ない
□ 便の量自体が少ない
□ 水分の少ない硬い便がほとんど
□ 排便が困難な状態
□ 残便感、腹部の張りがある

 

排便回数が著しく低下し、

便が溜まりお腹が痛いなどの症状であることが大半を占めています。

 

お腹に溜まってしまった老廃物をそのままにしておくと、

時間と共に有害なガスを体内で発生させます。

 

このガスの一部は血液と一緒に全身に運ばれて、

代謝機能を低下させてしまい、頭痛や肩こりや肌荒れの原因にもなるそうです。

便秘の症状を感じたら、放置せずに改善するようにしましょう。

 

 

女性が男性に比べて便秘が起こりやすい理由!

便秘は男女ともに起きる問題ですが、
特に女性の便秘が多いと言われています。

 

便秘は女性の大敵である肌荒れや吹き出物の原因にもなり、
便秘が続くと有毒物質が発生・ガンの原因になるなど健康にも影響を及ぼします。

 

美や健康が気になる女性や
妊娠によるホルモンバランスの変化で便秘になる女性もたくさんいます。

身体的理由
排出時に必要な腹筋などの筋力が男性に比べて低いこと。
上手にカラダを使えていないことなどが考えられます。

 

最近では猫背などの姿勢で悩む方も増えており、

それが原因で便秘に悩む方も多いそうです。

 

骨盤底筋のゆるみから起こる姿勢の崩れによる内臓下垂なども考えられます。

 

外見的理由

容姿などを気にかけて過剰なダイエットなどをしている方も便秘になりやすいといわれています。

食事制限に重きを置いたダイエットは腸の動きを抑制してしまいます。

 

 

心理的理由

精神的な不安なども便秘の原因になる可能性があります。
家事や育児や仕事などでストレスと向き合うことが多い女性は、

心理的な原因で便秘になることも多いのです。

 

気持ちにゆとりを感じることができるような環境作りも便秘の予防に効果的です。

 

小さな子供にも便秘が増えています!

便秘症は、便の回数、硬さ、などを聞くことによって診断します
必要に応じて、レントゲン撮影や超音波検査を行う場合もあります。

診断の第一歩は、便秘症であるかどうかの確認です。

便の回数が少ないか、便をだすのに苦痛を感じれば便秘といいます。

 

めやすとして、週に3回より少なかったり、5日以上でない日が続けば回数が少ない場合です。

苦痛を感じるとは、いきんでもなかなか出なかったり、

出す時に痛がって泣いたり、肛門がきれて血がでるようなことを言います。

注意が必要なのは、小さいコロコロの便や、軟らかい便が少しづつ一日に何回もでて
いる場合です。このような場合には、腸に便が溜まりすぎて、もれでるようになっている
可能性がありますから、やはり便秘が疑われます。

便秘が、1~2ヵ月以上続いている場合には、

きちんとした治療が必要となり、「慢性便秘症」と呼ばれます。

一方、普段は便がよくでている子が、

一時的に便秘の状態になっただけの時には、一過性便秘といいます。

一過性便秘の場合には、浣腸や薬で便をだしてあげれば、

また元の良い状態にもどる場合がほとんどです。

慢性便秘症と診断された子供では、腸や、体の他の部分になにか特別な原因が
ないかどうかを知ることが診断で二番目に大切なことです。

 

小学生の5人に1人は便秘気味という話もあります。

 

くるポンタブレットは
小さなお子様のことも考えて作られております。

お菓子のような感覚で腸内環境を整えてくれるので
子どもの便秘が気になるご家庭におすすめです!

 

 

乳酸菌や食物繊維が豊富な食材をしっかりと!

 

バランスの良い食事を!

毎日の食事を見直すことは、便秘解消への第一歩です。
まず始めたいのが、乳酸菌や食物繊維の豊富な食材をしっかりと食べること。

 

乳酸菌や食物繊維には、腸内における便の滞在時間を最適にする働きがあり、

適度な水分を含んだやわらかい便をつくってくれるのです。

 

腸の通過もスムーズになるため、便秘改善には欠かせません。
でも、排便のためだけに食事をするわけではないので、タンパク質や炭水化物といった栄養素も取り入れながら、
バランスの良い食習慣を身につけることがポイントです!

 

 

適度な運動

毎日のウォーキングだけでも効果的!

運動不足が便秘の要因になるとはいえ、息の上がるような激しい運動をする必要はありません。

軽く汗をかく運動を週に2?3回するのがオススメですが、毎日のウォーキングだけでも、

腸に集まった便を押し出すための腸腰筋や腹筋などの筋力アップにつながります。

 

電車やバスでひと駅のところは歩いてみるなど、できれば1日9000歩。高齢の人は6000歩を目指しましょう。
自宅でテレビを見ながら腹筋運動をしたり、
ウエストをリズミカルにひねるのもオススメです!

 

 

便秘解消法は?

 

 

排便は規則的に!

 

睡眠不足や食事の時間が不規則である方、生活リズムがずれている方は便秘になりがちです。

又、決められた時間に排便がない事、トイレをがまんしてしまう事も、便秘の原因のひとつになっています。

 

規則的な排便の習慣をつけることが大切で、毎日時間を決めて一定時間トイレに入ることを心がけてください。

朝食を済ませた後は、排便反射が起こり腸の動きが活発になりやすくなるので、排便習慣をつけやすくなります。

 

がまんは大敵!

 

便意をもよおした時は、がまんせずにトイレにいきましょう。

便意がなくなると排便する機会を失いますので、

がまん癖のあるひとは特に、すぐにトイレに行くように心がけましょう。

 

水分を多く摂る・冷たい水を飲むを心がけましょう

 

カテゴリ:便秘 

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿
カテゴリー
プロフィール

毎日の生活の中で起こる体や健康に関するお悩みについて、いろいろ調べて解決していくブログです。

Naomi

ページの先頭へ