便秘 - Part 9

生薬製剤ピーチラック【乙字湯】は漢方で痔を治す

痔は国民病!?

 

日本人の成人のうち、なんと3人に1人が痔持ちという報告もあるくらい多い病気です。
とくに近年は、女性の痔が増えています

痔の中で発症頻度が一番高いのは痔核で、半数以上をしめています。
この痔核は比較的男性に多く飲酒や仕事上の過労が原因となり、

女性は妊娠や出産が悪化の原因と考えられます。

裂肛はやや女性に多く、それには便秘が関係しているようです。

一方、痔ろうは男性に多くみられます。

 

 

 

日常生活から考えられる原因

 

1 きっかけは排便異常

 

痔のほとんどは便秘や下痢がきっかけです。

便秘のときの便は硬くなります。

 

この硬い便を無理やり出そうとして強く力むと、

肛門の皮膚が切れる裂肛やうっ血を起こしてイボができる痔核の原因になります。

 

また下痢が原因になることも多く、

勢いよく出る便や排便の回数が増えることで痔を悪化させたり、

細菌に感染して痔ろうを引き起こすことがあります。

 

 

2 同じ姿勢を続けたり、力むことの多い仕事

クルマのドライバーやパソコン作業のデスクワークのように、

座ったままでいるような仕事はお尻に負担がかかります。

 

また美容師や販売員、板前のように立ったままの仕事も腹圧をかけることが多く、

お尻がうっ血しやすくなります。

 

重いものを持ち上げたり、運ぶような仕事も同様で注意が必要です。

 

 

3 食べすぎ飲みすぎ、刺激物のとりすぎ

お酒の飲みすぎは下痢を招きやすくするとともに、生活のリズムも乱します。

食べすぎや偏食はもちろん、

刺激の強い香辛料のとりすぎも肛門部のうっ血の原因となり、痔を誘発することになります。

 

 

4 運動不足や冷え、ストレスによる血行不良や肛門部の不潔

運動不足や冷えは下腹部の血行不良を招き、肛門に負担をかけます。

また、ストレスによって自律神経が乱れることでも肛門の血行不良が起こり、

痔を引き起こしたり、悪化させることがあります。

 

また、肛門部を不潔にしていると、肛門に炎症が起こりやすくなり、痔を誘発することがあります。

 

 

5 妊娠や出産による肛門の圧迫


妊娠によって子宮が大きくなると、

肛門の圧迫や骨盤内のうっ血によって血行が悪くなり痔の原因になります。

さらに出産の際にも強く力むので、痔を発生させたり悪化させたりすることもあります。

 

 

 

日常生活でできる予防法

 

1 排便のリズムをつくる

 

便秘は痔の一番の原因です。

お通じが定期的にないのは自分のライフスタイルに問題があるのかもしれません。

 

とくに朝は便意を感じやすい時間帯ですが、

このときに支度が忙しくて便意を我慢するような生活をしていては便秘を招きます。

早めに寝て生活にメリハリをつけ排便のリズムをつくりましょう。

2 食生活を改善する

 

 

朝食を抜くと、痔の大きな原因である便秘になりやすくなります。

しっかり朝食をとれば胃が動き出し、大腸も活動しますので、毎日排便のある生活ができます。

 

また食事は食物繊維を意識して食べましょう。

食物繊維は消化されず、大腸の運動を刺激して、排便をスムーズにします。

暴飲暴食や多量のアルコールは下痢の元になりますので、控えるようにしましょう。

 

 

3 同じ姿勢を長く続けない

痔の予防には同じ姿勢を長時間続けないことが大事です。

座りっぱなし、立ちっぱなしのときは、

少しでも休憩タイムを作って体を伸ばしたり、肩を上下、足の屈伸などを心がけましょう。

 

座ったまま動けないようなときは、

ちょっと腰を浮かせてみるだけでも、お尻にかかる体重から解放され血行が戻ります。

 

 

4 腰周りを冷やさない

痔を助長する原因の一つに冷えがあります。

冷えは血行を悪くして肛門部のうっ血を促すので、肛門の大敵です。

とくに女性は下半身を冷やすような服装と冷房による冷えにも注意が必要です。

 

 

5 適度な運動とストレスの解消を心がける

運動不足やストレスは、肛門部の血行不良を招くことがあります。

軽い運動を習慣にしましょう。とくに、便秘の解消にも効果的な腹筋運動がおすすめです。

 

また、平日は読書やテレビ観賞、お風呂など手軽にできることで、

休日は外出などで気分転換を図って日々のストレスを溜めこまない工夫をしてみましょう。

 

 

6 温水洗浄便座を使う

 

排便後、トイレットペーパーで拭いただけでは、肛門部の便はなかなか取り除けません。

また、トイレットペーパーで強く拭くことで肛門の皮膚を傷つけることもあります。

温水洗浄便座があるときは、ぜひ活用しましょう。

 

 

 

 

 

病院にいけずに困っている方へ

キレ痔・イボ痔に漢方パワーがスーッと効く

 

【生薬製剤ピーチラック 乙字湯】をご紹介します!

 

生薬製剤ピーチラック【乙字湯】は効果効能が認められた漢方薬です!

 

 

カテゴリ:便秘 

冷え性改善、末端冷え性、冷え性対策、血行不良、肩こり、頭痛、金時生姜プレミアム

冷え性とは何でしょう?

 

冷え性は、身体の他の部分は普通に温かいのに

手や足などの末端だけが異常に冷える状態・体質のことを言います。

 

冷えによる痛みの他、肩こりや頭痛を伴うこともあります。

 

それではなぜ冷え性になるのでしょう。

 

 

熱を全身に運ぶ血流に問題が

 

 

人間の熱は筋肉の運動や各細胞の代謝によって発生しますが、

熱をたくさん発生させる部位からあまり発生できない部位に

拡散させていく必要があります。

 

その役割を担っているのは血流です。

 

血液は全身をくまなく流れて酸素や栄養を運んでいますが、

一緒に熱も運んでいるのです。

 

手や足の末端部位の毛細血管はそもそも血液が流れにくいものです。

健康な人であれば問題が無い程度には血流は流れます。

 

何らかの原因で血流が滞ったとき、

つまり「血行不良」なときに冷え性の症状が出ます。

 

 

血行不良になる原因は?

 

ここでは血行不良の内的な原因に、

 

・いわゆる「ドロドロ血」で血液が流れにくい
・血流をコントロールする自律神経がうまく働いていない

 

の二つをあげておきましょう。

 

血行不良体質が原因ということだと、冷え性に付随して肩こりが発生するのも理解できます。

 

 

食生活でドロドロ血に!

 

 

ドロドロ血は食生活の問題です。

 

高脂肪、高コレステロールの食事を続けていくとそんな血液になってしまいます。

冷え性は生活習慣病の一症状であり、今後、動脈硬化や心筋梗塞につながる危険な状態です。

 

 

冷え性が女性に多いのはこんな理由が

 

自律神経の不調は一般的には不規則な生活が原因だったりしますが、

女性の場合は女性特有の問題から発生します。

 

ホルモンのバランスが崩れたときに自律神経失調が起きるのです。

体質的にホルモンバランスを崩しやすい傾向がある女性は冷え性もひどくなるようです。

 

また、女性によく聞かれる「無理なダイエット」もホルモンバランスを崩す原因になります。

他にも「低血圧」「貧血」というのも冷え性が女性に多い要因になっています。

 

 

血行不良をなおして冷え性を改善!

 

原則的には「血行不良」をどうにかすれば冷え性は改善できるということになります。

簡単にできるのは手足のツボ押しマッサージです。

神経を刺激することで自律神経が正常に働くように身体は反応します。

 

瞬間的に改善するわけではありませんが、継続すると効果が期待できます。

 

 

いろいろある血行改善方法

同じく自律神経を刺激するという意味では半身浴も有効です。

お風呂はお湯で温まるから冷え性にいい、というだけではなくそういう理由もあるのです。

 

 

血行を良くする食材と言えば、ズバリ「ショウガ」です。

 

 

 

ショウガに含まれる「ショウガオール」「ジンゲロン」などの辛み成分が血行促進に効果があると言われています。

 

 

 

そこで今回は、生姜の王様「金時生姜プレミアム」を紹介します!

 

 

 

金時生姜プレミアム

ダブル酸っぱい成分が血液をサラサラにしてくれるサプリメントです!

金時生姜プレミアムの効果や配合成分についてまとめてみました。

 

生姜と梅の酸っぱい成分が血流を良くしてくれるサプリ

金時生姜プレミアムは、

 

生姜の王様と言われる金時生姜と、

梅肉エキス、

そして黒酢もろみで

 

血流を改善してくれるサプリメントです。

 

 

ダブル酸っぱい成分に注目!

 

ここで注目したいのは生姜ではなく、梅肉と黒酢もろみという酸っぱい成分。

これらの酸っぱさは、クエン酸とアミノ酸によって感じられるもの。

 

これらがサラサラの秘密だと言われています。

 

 

梅肉からとれた梅エキスは、煮詰めることでムメフラールという成分をつくることができます。

これがサラサラ成分として力を発揮してくれます。

 

梅に含まれたクエン酸がからだの力を摂ってくれるので、血流の改善だけでなく疲労感の解消にも役立ちます。

 

同じように、黒酢もろみもサラサラ成分としてよく知られています。

 

黒酢に含まれる必須アミノ酸は、血中にある血栓を取り除いてくれます。

血小板凝集抑制効果、白血球粘着抑制効果という2つの効果があり、ドロドロになってしまった血液をサラサラにしてくれるのです。

 

代謝を高め、からだを芯から温める効果も

また、主な原料である生姜に含まれる

ジンゲロールとガラノラクトンという成分は、からだをポカポカさせてくれるはたらきがあります。

 

古来から民間療法にも使われていることもあり、代謝を促す効果やからだを温める効果は証明済み。

 

冷え性の改善や、太りやすい体質の解消に役立ってくれます。

血液のサラサラ効果と合わせて、毎日の健康をサポートしてくれるサプリですね。

 

 

金時生姜プレミアムの評判

 

寝る時は靴下、年中ひざ掛けが手放せなかった
冬だけではなく、夏もクーラーの風が苦手で、一年中ひざ掛けが必要でした。

毛先までカチコチなので、寝る時は靴下はかかせません。

そんな私が今ではウソのようです!

金時生姜って凄いんですね!

 

 

楽になるのは湯船の中だけでした
手足の冷えに毎日悩まされている日々でした。

唯一心からリラックスして暖まれるのは湯船の中だけ。

この金時生姜プレミアムを毎日飲んでいると、

ポカポカが体の中をめぐるようです!

 

 

冷水での洗顔も平気に目覚めもスッキリ!
寒がりの私は、朝の洗顔はお湯に決まっていました。

しかし今では水での洗顔も平気になったことにビックリ!

昨日の疲れやだるさを感じることも少なく、

目覚めもよくて朝から気分がいいです。

 

 

生姜湯よりも手軽。梅や黒酢も体にいいので嬉しい
健康のため、冬は毎日生姜湯を飲むようにしていました。

夏はさすがに厳しいので、調子はイマイチでした。

梅や黒酢も体にいいことは知っていたので、

サプリメントなら簡単に、しかも年中摂れて嬉しいです。

 

 

 

金時生姜プレミアムの公式サイトへ

 

生姜の王様「金時生姜」は、身体の芯から手足の先までポカポカ!

梅肉エキスと黒酢もろみが毛細血管まで血流を良くし、ポカポカを伝えます!

 

金時生姜は普通の生姜に比べ、ポカポカ成分の「ジンゲロール」が4倍!「ガラノラクトン」は10倍!
梅肉エキスと黒酢もろみで血液サラサラ&疲労回復。さらに基礎代謝を活発にしダイエットにも最適です。

 

カテゴリ:便秘 冷え性 

赤ちゃんの便秘、赤ちゃんの食の環境、母乳の栄養の偏り、カイテキオリゴで改善

本来、赤ちゃんはスッキリ出来ないことはありません

 

 

なぜなら、生後まもない赤ちゃんのお腹は
腸内細菌の約90%が善玉菌(ビフィズス菌)という状態で、
これは、本来ならば“スッキリ出来る腸内環境”だからです。

 

そのため、医薬の世界では“赤ちゃんがスッキリできない”
という概念自体がありません。

 

でも、実際のところ、どうなのでしょう。

 

実は、今、赤ちゃんがスッキリ出来ずに
悩みを抱えているというのがとても増えています。

 

 

もともとは「スッキリできない」のは、大人に多い悩みです

しかし、最近、「赤ちゃんなのにスッキリできない。」という悩みが急増中なのです。

 

 

「水分はたっぷりとらせているはずなのに…」
「マッサージもしっかりやっているのに…」
「おなかにやさしい食べ物を与えるように、気をつかっているのに…」

 

 

色々手を尽くしているのに、改善されない…

 

我が子の苦しむ姿を見るのは、とても辛いことですよね?

 

では、一体なぜ、あれこれ手を尽くしても、スッキリできないのでしょうか?

 

 

もっとも大きな原因としては、
腸内環境が整っていない可能性があげられます。

 

 

自然分娩の場合、赤ちゃんは、お母さんの産道を通りながら、
そこにいる菌を取り込み、腸内環境を整える準備をします。

 

そして生まれた後、産道で取り入れたスッキリに重要な
「善玉菌」の活動をサポートする「オリゴ糖」を母乳から摂取して、
腸内環境を整えているのです。

 

 

しかし近年、

■食生活の変化(欧米型の食生活)
■社会全体の環境の変化(廃棄ガス、空気の汚れ)
などにより、母乳の質が落ちてしまったり、

■粉ミルクを飲ませることが増えてオリゴ糖が足りていない 
■帝王切開による出産が増えたことで、腸内の善玉菌が少ない

などの理由で、 腸内環境が十分整わない赤ちゃんが増えてきているというのが実態です。

 

 

 

 

なぜなら、「母乳の栄養の偏り」や
「粉ミルクを使うことが多い」という
赤ちゃんの食の環境が変わってきたからです。

 

 

 

しかし、前述したように医薬の世界では
「赤ちゃんがスッキリ出来ないとことはない」
という前提なので、
はっきりとした療法が確立されていないわけですから、
ママ達は、“一体どうすれば良いの?”
という状況に陥ってしまいます。

 

 

とにかく我が子がスッキリできない状態を何とかしたい

 

そう切実に思っていても、具体的な手段を見つけるのは
困難なのです。

 

 

赤ちゃんがスッキリできないのが続いてしまい
苦しそうにしている場合、
お医者さんの一般的な治療方法として
浣腸で溜まった便を出します。

また、状態によってはお薬を使って排便を促す
ということも多くあります。

 

 

大人もそうですが、浣腸も一時しのぎの処置で、
できれば、何度もしたくないですよね。

 

そして、お薬はなるべくなら使いたくないはずです。
生まれたばかりの子供に「副作用」が心配かもしれない医薬品は
出来るだけ使いたくない。

というのが、ほとんどの親の共通意見です。

いつも“安全で自然なスッキリ”をさせてあげたいのです。

 

 

そこで今回は、「カイテキオリゴ」を紹介します!

 

なぜ赤ちゃんの便秘にはオリゴ糖なのか?

 

最初にオリゴ糖とは
腸内の善玉菌のご飯になり善玉菌を活性化して便秘解消の力になります

 

オリゴ糖を摂取出来る年齢も、薬ではないので生後1ヶ月から飲ませても大丈夫です。

病院で浣腸やマルツエキスなど、1時的な解消法をするなら、
赤ちゃんのためにも、自然にでるように改善できるオリゴ糖がおすすめです。

ただしオリゴ糖なら何でも言い訳ではありません!

 

 

出来れば市販のものでなく、赤ちゃんが飲む事を前提に開発されている
オリゴ糖で、自然なかたちで解消してください。

 

 

おすすめのオリゴ糖は「カイテキオリゴ

高純度オリゴ糖で、日本一の売り上げという実績があります!

カイテキオリゴは、健康的で自然にすっきりさせてあげたい方へ人気です

 

 

市販のものは、オリゴ糖が30%ほどしか含まれていませんが、
カイテキオリゴは、ほぼ100%オリゴ糖だけで出来ていますし、
複数のオリゴ糖を組み合わせ、便秘解消の効果を最大限にする努力もされています。

 

 

カイテキオリゴは、実際にお医者さんもおすすめしているほど成分や安全に
こだわって作られているので、安心して赤ちゃんにも飲ませられますよ!

 

 

カイテキオリゴ』が選ばれている理由

 

カイテキオリゴ』が選ばれている理由は、
 お母さん達が選びたくなる2つの優れた性質にあります。

 

 

安心と信頼

オリゴ糖はビフィズス菌の大好物です。
だから、赤ちゃんのお腹のビフィズス菌が元気になって
痛みを伴わない自然なスッキリを促します。
  
そして、“オリゴ糖は母乳にも含まれている成分”
ですから、安心してお召し上がり頂ける食品です。

 

食べさせやすい

味はお砂糖の1/4程度の甘さでほんのりと甘さです。
溶けやすい粉末状ですので、
水やお茶、ミルクにも簡単に混ぜることができますし、
お粥などにいれてもほんのり甘くなって
赤ちゃんが美味しく摂取できます。

 

 

だから、『カイテキオリゴ』を
毎日の食事に少しプラスするだけで
無理なく簡単にしっかりと赤ちゃんの毎日のスッキリを
手に入れることができます。

 

カイテキオリゴは、日本で一番選ばれているオリゴ糖!

そうは言っても、他にも色々なオリゴ糖はあるし
他でもいいんじゃないの?と思われたかもしれません。

 

しかし、親にとって子供は命より大切なもの。
変なものを摂らせて、後悔するようなことは絶対に避けたい。
“本当に安心できるもの”を選びたいですよね。

 

皆さんがよくご存知のオリゴ糖は、
シロップ状の物ではありませんか。

それは、甘味料としての物でオリゴ糖の成分自体は
30%程しか含まれていないのです。

 

 

 

"

カテゴリ:便秘 

便秘解消、便秘改善、便通改善、お腹痛い、お腹ポッコリ

便秘の原因と解決方法とは?

 

 

 

そもそも「便秘」って、どんな状態を言うんでしょうね?

調べたところ、日本内科学会では

 

 

3日以上に渡って排便がない場合、または毎日排便があるにも関わらず残便感がある状態

という定義です。

 

 

なんと、男性より4~5倍も女性の方が便秘になりやすいということです!

 

 

女性の頑固な便秘の治し方は、主に食事、運動が大切なんですが、もう1つ大事な要素があるんです!

 

 

それは、腸内細菌フローラを整えること

 

 

腸内細菌フローラとは?

 

 

 

腸の中には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3種類の細菌がすんでいて

腸内細菌フローラというのは、善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスのことです。

 

腸内細菌フローラのバランスは人それぞれ違っていて、

理想的な比率は「善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7」と言われています。

 

善玉菌、悪玉菌、日和見菌は何をするの?

 

 

善玉菌 → 美容や便秘にいい仕事をしてくれる(味方)
悪玉菌 → 美容や健康に悪いはたらきをする(敵)
日和見菌 → ある時は味方、ある時は敵です!

 

 

便秘がちな女性は悪玉菌がうようよ?

 

 

便通がよくて、便秘のトラブルがない女性の腸内では、

善玉菌が活躍していて、悪玉菌が悪さするのを防いでくれています。

慢性的な頑固な便秘がちの女性の腸内では、悪玉菌が優位になっていて、
有毒なガスを作ったり、毒素を作ったり、悪さし放題なんですね。

 

肌荒れ、体臭、お腹がはった感じがするのは悪玉菌のしわざです!

 

 

 

女性の美容にとって天敵の便秘は今すぐにでも解消して
綺麗な素肌を取り戻すには、腸内細菌フローラを整えて、善玉菌に活躍してもらうことが大切なんです!

 

 

腸内細菌フローラってどうやって整えるの?

 

 

食事やサプリメントで善玉菌を外から取り入れてあげる時は
善玉菌のエサになる食物繊維やオリゴ糖を含む食品を食べる

主な善玉菌は、ビフィズス菌と乳酸球菌(乳酸菌)です。

 

 

ヨーグルトや発酵食品(納豆、キムチ、ぬか漬け)やサプリメントなど、

善玉菌が多く含まれる食品、食物繊維たっぷりの野菜などを普段の食事に取り入れます。

 

特に便秘がちの女生は悪玉菌が優位になっています。

毎日コツコツと善玉菌が増えるように腸内環境を整えていくのです。

 

 

なぜ女性に便秘が多いのか?

 

 

食事や運動だけでなく、女性には便秘になってしまいやすい原因があります。

実際におよそ50%の女性が便秘に悩んでいると言われているくらいです。

 

 

女性に多いホルモンである黄体ホルモンというものがあって

排卵日から生理前まで多く分泌されるものです。

黄体ホルモンは胃腸の働きを弱くしてしまうので、便秘になりやすいんですね。

 

また、閉経後にホルモンのバランスが変わってしまって、自律神経に影響を与えることがあります。

ホルモンバランスによって胃腸の働きが低下し、便秘になってしまうこともあります。

 

月経があるため、ホルモンによって便秘になりやすいのは女性特有のものです。

 

 

筋力が少ない

 

男性と比べて女性の方が筋力は低いですよね

筋力が少ないと便秘になりやすいのです。

 

単純に便を出すための力不足になる

内臓を支える筋力不足から胃下垂になると、腸を圧迫する

 

筋肉とくに腹筋がある方が腸の動きが活発になることが分かっています。

筋力をアップさせて腸の動きを良くしていくことは女性の便秘解消にはかなり効果的です。

 

 

食べる量が少ない

 

女性の場合、食事の量を減らすというのは少なくありません。

食べる量を落とすことは便秘の原因となります。

 

食べる量が少ないと、便の大きさが小さくなります。

すると腸への刺激が減るために、腸の動きが減ってしまうのです。

 

 

骨盤が広い

 

 

 

男性と比べて、子供を産むための構造として女性の方が骨盤が広いので

腸が下のほうに移動してしまいやすく、圧迫されてしまうので腸の動きが悪くなります。

 

とくに妊娠すると骨盤が広がっていくので便秘がひどくなってしまいます。

 

 

 

妊娠

 

今まで便秘ではなかったのに妊娠と同時に便秘になったり、さらにひどい便秘になることもあります。

 

これはホルモンバランスが変わること、胎児が大きくなり腸を圧迫すること、食事量が変化することなどの理由があります。

 

 

食物繊維が足りない

 

 

 

女性だけというわけではありませんが、食物繊維の摂取量は全然足りません。

便秘を解消していこうと思った場合には1日に20gは食物繊維が必要です。

 

日本人女性の平均では12gくらいしか摂れていないため、意識する必要があります。

 

 

女性の便秘を解消する方法

 

女性の便秘で大事なことは食生活、運動です。

 

便秘がひどくないならどれか1つだけ改善するだけでも便秘が解消されることはありますが、

ひどい場合には大変ですが同時に頑張りましょう!

 

 

食生活を改善する

 

 

1.食物繊維を多く含む食品を積極的に食べる。便量を増大させ、排便リズムを回復させます。

 

 食物繊維を多く含む食品

 

 たけのこ・緑黄色野菜・ごぼう・さつまいも・ふき・七分搗き米・大豆・ひじき・かんぴょう・切干大根など

 

2.冷水・冷牛乳を適切に摂って、胃・大腸の反射を促しましょう。特に起床後の摂取が勧められます。

 牛乳も小腸ラクターゼ活性の低い人には効果があります。水分は便を軟らかくして排便を容易にする働きがあります。

 

3.適度の香辛料やアルコール・酸味類・エキス分(肉・魚のうま味分)は、排便を促します。

 

4.糖分の多い食品は、腸管内で醗酵しやすく大腸運動を高めます。

 糖分の多い食品には、はちみつ・砂糖・水あめなどがあります。

 

5.パイン・いちご・りんご・牛乳・ヨーグルト・プルーン・梅干など有機酸を多く含む食品を積極的に摂りましょう。

 

6.腸管内で醗酵し、ガスを発生させやすい豆類・いも類・かぼちゃ・くりなどを摂りましょう。

 

7.米飯の難消化性でんぷんが食物繊維と同様の働きをします。白米より七分搗き米・胚芽米・玄米のほうが食物繊維の量も多くなり、より効果があります。

 

8.食事量の確保も大切です。高齢者などは特に、食事量の過小が便秘の原因になっていることがあります。

 

 

運動をする

 

 

 

運動は腹筋を鍛えることを中心にしてみましょう。

腹筋を鍛えておくと、腸の動きが良くなる上に代謝が良くなるので太りにくくなります。

 

毎日のウォーキングだけでも効果的!

運動不足が便秘の要因になるとはいえ、息の上がるような激しい運動をする必要はありません。

 

軽く汗をかく運動を週に2~3回するのがオススメですが、

毎日のウォーキングだけでも、腸に集まった便を押し出すための腸腰筋や腹筋などの筋力アップにつながります。

 

 

今回は、121種類の酵素と乳酸菌を配合した

 

話題のサプリを紹介します!

 

 

121種類の酵素と乳酸菌

 

 

121種類の酵素と乳酸菌は、

文字通り酵素と乳酸菌が配合されたサプリメントです。

 

酵素とは、体の代謝に関わる成分のこと。

 

121種類の酵素とは?

ヤセ菌の好物であり代謝を活性化する

酵素の働きを高める「121種類の酵素」、これも大きなと特徴ですね。

 

 

 

一説によれば、酵素は加齢とともに減少し、

その分代謝が悪くなって太りやすい体になってしまうそう。

 

酵素を積極的に摂ることで体の若々しい毎日をサポートすることができます。

 

 

続いて乳酸菌。

 

スマート乳酸菌

生きたまま腸に届く植物性乳酸菌の中でも、

カテキンの吸収を促進して、善玉菌を増やし、腸内環境を整える乳酸菌。

 

 

 

乳酸菌とは、同じ性質を有する菌の総称であり、

腸内で働き人間の体の健康を保つ「善玉菌」とほぼイコールであると言ってよいでしょう。

 

 

乳酸菌という固有の菌が存在するわけではなく、

あくまで総称なので、これにはいくつかの種類があります。

 

 

121種類の酵素と乳酸菌に配合されているのは、

植物性の乳酸菌で、生きたまま腸に届く乳酸菌。

 

 

乳酸菌サプリには

 

「生菌タイプ」と

「死菌タイプ」とがありますが、

 

121種類の酵素と乳酸菌は前者に当たります。

 

お腹の健康をサポートしてくれるんですね!

 

 

代謝をサポートする酵素と、

ヤセ菌をサポートする乳酸菌、

 

この2つの成分が含まれているため、

121種類の酵素と乳酸菌はすっきりボディを強力に後押ししてくれるわけです。

 

 

5種類のオリゴ糖

 

 

121種類の酵素と乳酸菌には、

 

・ガラクトオリゴ糖

・イソマルトオリゴ糖

・フラクトオリゴ糖

・ラフィノース(ラフィノース、ショ糖)

・キシロオリゴ糖

 

計5種類のオリゴ糖が配合されています。

 

 

オリゴ糖の特徴は、善玉菌のエサになるということ。

 

腸内で活動しているビフィズス菌などの善玉菌は、

死んだ乳酸菌=死菌や、オリゴ糖などをエネルギー源として増殖します。

 

 

前述した「死菌タイプ」のサプリメントは、

腸内の善玉菌をサポートする目的で作られたものなんですね。

 

 

121種類の酵素と乳酸菌には

オリゴ糖も含まれているため、生きた乳酸菌を摂取するだけでなく、

腸内で今も活動する善玉菌を助けることができます。

 

 

ヤセ菌とデブ菌のバランスを整えるのにも役立ちそうですね。

 

大豆由来の食物繊維

 

 

121種類の酵素と乳酸菌には、大豆由来の食物繊維が含まれています。

遺伝子組み換えでない大豆を使用しているので安心です。

 

食物繊維はすっきりとした腸をサポートする成分。

便に働きかけて流れをスムーズにしてくれます。

 

 

ダイエットをする際には、出すものをちゃんと出すことも大切ですよね。

それをサポートしてくれるのが食物繊維です。

 

 

・酵素

・乳酸菌

・オリゴ糖

・食物繊維

 

この4つの柱で強力にダイエットを助けてくれるのが、121種類の酵素と乳酸菌です。

 

飲むだけで劇的に痩せるということはないでしょうが、

活力を高めて変化を実感したい人にはおすすめのサプリメントとなっています。

 

 

121種類の酵素と乳酸菌の評判

 

便秘改善でお肌も調子がいい!
効果的でよかったです。特に便通に関しては効果抜群ですね。私にはこのサプリが身体に合っていたみたい。
味もニオイもほとんどないので飲みやすいです。私は毎朝朝食のときに飲んでいます。
お腹が張ってる感じがなくなってほんとに助かってます。肌の調子もいいしこれからも続けたいです。

 

体調が整った!
毎日飲んでます!

習慣化すると、飲んでないと気になってしまうもので、長く続けることができています 笑

飲みやすくて、手軽なので持ち歩きにも便利!

30歳を過ぎて疲れやすく体調もみだれがちだったんですが、

今はこのサプリのお陰で体調も整ったし、疲れが残りにくくなった気がします♪

 

あと、体重も少しずつです減って、飲む前より2キロくらいは痩せて嬉しいです。

 

お気に入りです♪
継続して飲んでいるお気に入りのサプリメントです。

乳酸菌ってなかなか食事からとりにくいのと、私はヨーグルトなどの食品が苦手で…

 

このサプリは植物性の乳酸菌でお腹も壊しにくいしなにより安心して飲めるのがうれしいです。

食事のバランスがかたよりがちなのもこのサプリのおかげで心配がなくなりました。
好き嫌いの多い娘にもすすめていまは親子で飲んでいます。

 

風邪を引かなくなった!

乳酸菌も入ってるのでインフルエンザが流行っているときに予防対策で飲んでいました。

おかげかどうかはわかりませんがインフルエンザ予防できたのか風邪すら引きませんでした。

酵素入りなのでお通じもよくなり便秘知らずです。

 

便秘が解消されました!

小さくて飲みやすい大きさのサプリメントです。

1日4粒を目安に飲んでみました!飲み始めてすぐに、便秘がちだったのが解消されました。

 

お腹の調子をよくする乳酸菌のおかげですね。

 

体調が良くなると、お肌の調子もよくなるので嬉しいです。

乳酸菌の力と代謝を活性化してくれる酵素の力でスッキリしたボディを目指したいです!

 

無添加で安心ですね!

121種類の植物発酵エキスとスマート乳酸菌が配合されサプリメントです。

無添加、食品原料のみで作られていて安心できます。

 

1日4粒目安ですが小粒で無味無臭なので飲みやすいです。

腸内環境を整え代謝を活性化してくれるとのことで、飲み続けたいです。

 

121種類の酵素と乳酸菌の公式サイトへ

 

121種類の植物発酵エキスとスマート乳酸菌(R)を配合し
香料・着色料・保存料などの食品添加物は一切使用していません!

偏りがちな栄養バランスの足りないところを、代謝を活性化させる酵素と、
腸内環境を整える乳酸菌をダブルで補い、スッキリ体質をサポートします。

 

 

カテゴリ:便秘 

便秘解消、便秘改善、妊婦便秘、妊娠便秘、ロイヤルケフィアプロ

便秘の種類と原因

 

まずは、便秘の種類と主な原因を知っておきましょう。

 

 

 

便秘には、便が作られる過程や排便の仕組みに障害があって起こる

「機能性便秘」と、

 

腸そのものの病変によって起こる

「器質性便秘」があります。

 

 

機能性便秘は一過性の

「急性便秘」と、

 

便秘の状態が日常的に続いている「慢性便秘」、

薬の副作用で起こる「医原性便秘」

 

に分けられ、慢性便秘はさらに3つに分類されます。

 

 

機能性便秘

 

 

機能性便秘の主な原因は、

胃、小腸、大腸などの消化器官の機能低下です。

 

それぞれの特徴は以下の通りです。

 

急性便秘

急性便秘は、大腸の蠕動ぜんどう運動が鈍ることで、一時的に起こる便秘です。

以下のような場合に起こることが多いです。

・便の成分になる食物繊維が少ない食事(肉類など)を摂り過ぎた場合

 

・汗をかいたのに水分摂取しないなどで体内の水分が不足し、便が水分不足になった場合

 

・新学期、就職、結婚など生活環境の変化や、

 旅行などによる一時的な環境の変化で精神的ストレスが生じた場合

 

・寝たきりの状態になり、腸の働きが低下した場合

 

・ダイエットをして、食べる量が少なくなった場合

 

 

慢性便秘

 

慢性便秘は、大腸内に便がとどまり、

数日間便通のない状態が日常的に起こることで、原因別に以下の3タイプに分類されます。

 

1.特徴弛緩しかん性便秘

 

弛緩性便秘は、大腸の蠕動ぜんどう運動が弱くなったり、

筋力が低下して便を押し出すことができなくなったりすることで起こります。

 

高齢者や出産回数の多い女性によくみられます。

 

痙攣けいれん性便秘 痙攣性便秘は、ストレスにより自律神経が乱れて、

腸の運動がひきつったようになり、便の通りが悪くなって起こります。

 

下剤の乱用で、腸が過剰に蠕動運動をすることでも起こり、

下痢と便秘を交互に繰り返すことがあります。

 

2.直腸性便秘

 

直腸性便秘は、

便が直腸(便が排出される直前の場所)まで運ばれているにも関わらず、

便意が脳に伝わらないために起こります。

 

便意を我慢し過ぎたり、浣腸を乱用したりすることが主な原因です。

 

医原性便秘医原性便秘は、薬の副作用で起こる便秘です。

がん患者さんの便秘は、ほとんどがこれにあたります。

 

痛み止めや制吐剤せいとざいを使うことで腸の動きが抑えられたり、

抗がん剤治療で自律神経系の機能が障害されることで便秘になります。

こうした薬の副作用による便秘は、

毎日下剤を服用して排便をコントロールをすることが必要です。

3.器質性便秘

 

器質性便秘の主な原因は、腸そのものの病変です。

大腸の疾患(腸の腫瘍や炎症、閉塞など)で腸管が狭くなったり、

また、先天的大腸過長症などで腸の長さや大きさに異常が生じ便秘になります。

器質性便秘は、原因となる疾患を治療すれば改善しますが、

先天性の異常が原因の場合は、便秘と上手くつきあっていく方法を考える必要もあるでしょう。

 

乳酸菌と便秘改善のメカニズム

 

乳酸菌で、腸の運動はたちまち活性化!

 

乳酸菌は、乳糖やブドウ糖などを分解して乳酸をつくり、
腸内環境を酸性に保ってくれます。

 

 

実は、この腸内を酸性にすることが便秘改善のポイント!

 

 

悪玉菌の増殖を抑制し、

大腸に刺激を与えて腸の運動を活性化させてくれるのです。

 

大腸は1分に2~3回、
伸縮しながら便を肛門へ送り出す運動を行います。

 

でも、この動きが
低下してしまうと便は移動しにくくなり、便秘状態に…。

 

便が腸内にとどまる時間が長くなるほど悪玉菌も増え、
腸内環境はますます悪化。便秘も慢性化してしまいます。

こんな悪循環を防ぎ、便秘をすみやかに改善するためにも、
乳酸菌の活躍が腸内には必要なのです。

 

 

乳酸菌が便の水分を調整する

 

実は、便の大部分は水分でできています!

下痢の場合は90%以上が水分ですが、健康的な便の重量の約80%は水分です。

 

一方で、便秘になったときの便の水分は60~70%ほど。

 

便が腸内に長くとどまっているため、水分はどんどん吸収されて硬くなり、
排便しにくい状態になってしまいます。

 

その点、乳酸菌を日頃から摂っていると、

ビフィズス菌をはじめとする善玉菌を増やすことで

腸の運動を活性化させるだけでなく、適度な水分を含んだちょうど良い硬さの便に!

便秘のストレスを軽減し、ストーンと楽に排便できるようになるのです。

 

乳酸菌は食物繊維が大好き!

 

 

便秘改善には食物繊維の摂取が有効ですが、
それには2つの理由があります。

1つは、腸の通過をスムーズにするため。
1つは、腸内での乳酸菌の増殖をアシストする働きがあるためです。

 

食物繊維は消化液で分解されることなく、腸へ送られてきます。

 

イモ類や豆類、穀類、野菜といった食物繊維が
豊富な食事を続けることで、乳酸菌などの善玉菌が力を発揮でき、
悪玉菌を抑制!腸内環境のバランスも保たれるのです。

 

乳酸菌は腸内で何をするの?

 

乳酸菌って何をする菌なのでしょうか?

 

糖を分解して、乳酸を作り出す細菌の事です。
ビフィズス菌も糖を分解して乳酸を作るんですが

乳酸菌と呼ばれる物は「代謝物の50%以上が乳酸菌である事」となっています。

 

乳酸菌の機能

 

一番大きな働きは、善玉菌の主力であるビフィズス菌の住みやすい環境を作る事です。
ビフィズス菌は酸素のある所では増える事ができませんが、乳酸菌は酸素があっても増殖できます。
乳酸菌は主に小腸で増え、乳酸によって腸内のpHを下げる働きを担当しています。

 

 

腸内フローラ

 

腸内フローラとは何でしょうか?

 

人間の腸の中には数多くの細菌が生息しています。

特に小腸から大腸にかけて、腸内に住む細菌達が仲間同士で腸の壁面にグループを形成しています。
この様子を顕微鏡などで見ると、ちょうど植物の群生と似た様子に見えます。
そのため、腸を野原に見立て、そこに群生する細菌達を「花畑([英] flora)」と表現して

「腸内フローラ」という呼び方をされるようになりました。
腸内フローラは個人差が大きく、年齢や体質や食事、生活習慣などで様相が異なります。

 

腸内フローラでは、
常に善玉菌と悪玉菌が闘っている!

 

腸内には、たくさんの菌が棲みついています。
そのなかでも、善玉菌は消化吸収を助けたり、病気に対する抵抗力をつけるなど有用な働きをします。
反対に、炎症を起こす物質や発ガン物質や発ガン促進性物質を作るなど、有害な働きをする菌を悪玉菌といいます。

 

善玉菌と悪玉菌

 

善玉菌は悪玉菌を抑制する効果があり、

腸内フローラでは常に2つの菌がせめぎ合っている状態。

この時、悪玉菌が優勢になると、様々な健康リスクが高まると言われています。
健康のためには、善玉菌が優勢であることが、

腸内フローラのバランスがとれた良い状態なのです。

 

 

腸内細菌が体に与える影響は?

お腹の中の赤ちゃんは無菌状態で育ち、生まれて来ます。

そんな赤ちゃんの腸の中は95%がビフィズス菌です。

母乳やミルクを経て大人と同じ食べ物を食べるようになるにつれ、

色んな菌がお腹の中に取り入れられていきます。

残念ながら一度入って来た悪玉菌を完全に除去する事はできません。

善玉菌を増やして、悪玉菌の働きを抑える事になります。

腸内の細菌は勝手に住み着いているのでなく、私達が生きる上で必要な働きをしてくれています。

 

腸内細菌の働き

腸の中はある種の生態系が完成しています。

腸に済んでいる菌と人間は共生している状態で、腸内細菌は以下の働きをしています。

 

1.病原体の侵入を防ぐ。

2.食物繊維を消化し短鎖脂肪酸を作る。

3.ビタミン類の生成をする。

4.ドーパミンやセロトニンなどの神経伝達物質を作る。

5.免疫力の7割を腸粘膜細胞と共に作り出す。

 

 

理想の腸内バランスとしては善玉菌:日和見菌:悪玉菌の比率が2:7:1と言われています。
これが崩れると、色々と体に悪影響が出て来ます。悪玉菌が多くなると、日和見菌も悪玉菌と同じ様な働きを始めるのです。

代表的な例では大腸菌が上げられます。本来大腸菌のほとんどは無害なのですが、
腸内環境が悪玉菌に偏ってくると悪玉菌と一緒に腸内の物を腐敗させるなどします。

逆に善玉菌が増えると善玉菌を助ける働きをしてくれます。

 

乳酸菌で、腸の運動はたちまち活性化!

乳酸菌は、乳糖やブドウ糖などを分解して乳酸をつくり、
腸内環境を酸性に保ってくれます。実は、この腸内を酸性にすることが
便秘改善のポイント!悪玉菌の増殖を抑制し、大腸に刺激を与えて
腸の運動を活性化させてくれるのです。

 

大腸は1分に2~3回、伸縮しながら便を肛門へ送り出す運動を行います。

でも、この動きが低下してしまうと便は移動しにくくなり、便秘状態に…。

便が腸内にとどまる時間が長くなるほど悪玉菌も増え、
腸内環境はますます悪化。便秘も慢性化してしまいます。

こんな悪循環を防ぎ、便秘をすみやかに改善するためにも、
乳酸菌の活躍が腸内には必要なのです。

 

乳酸菌や食物繊維が豊富な食材をしっかりと!

 

 

毎日の食事を見直すことは、便秘解消への第一歩です。
まず始めたいのが、乳酸菌や食物繊維の豊富な食材をしっかりと食べること。

乳酸菌や食物繊維には、腸内における便の滞在時間を最適にする働きがあり、

適度な水分を含んだやわらかい便をつくってくれるのです。

腸の通過もスムーズになるため、便秘改善には欠かせません。
でも、排便のためだけに食事をするわけではないので、タンパク質や炭水化物といった栄養素も取り入れながら、
バランスの良い食習慣を身につけることがポイントです!

 

適度な運動

 

 

毎日のウォーキングだけでも効果的!

運動不足が便秘の要因になるとはいえ、息の上がるような激しい運動をする必要はありません。

 

軽く汗をかく運動を週に2?3回するのがオススメですが、毎日のウォーキングだけでも、

腸に集まった便を押し出すための腸腰筋や腹筋などの筋力アップにつながります。

電車やバスでひと駅のところは歩いてみるなど、

できれば1日9000歩。高齢の人は6000歩を目指しましょう。

自宅でテレビを見ながら腹筋運動をしたり、
ウエストをリズミカルにひねるのもオススメです!

 

便秘解消法

 

 

排便は規則的に!

睡眠不足や食事の時間が不規則である方、生活リズムがずれている方は便秘になりがちです。

又、決められた時間に排便がない事、トイレをがまんしてしまう事も、便秘の原因のひとつになっています。

規則的な排便の習慣をつけることが大切で、毎日時間を決めて一定時間トイレに入ることを心がけてください。

朝食を済ませた後は、排便反射が起こり腸の動きが活発になりやすくなるので、排便習慣をつけやすくなります。

 

がまんは大敵!

便意をもよおした時は、がまんせずにトイレにいきましょう。

便意がなくなると排便する機会を失いますので、

がまん癖のあるひとは特に、すぐにトイレに行くように心がけましょう。

 

水分を多く摂る・冷たい水を飲むを心がけましょう

 

 

そこで今回は、

腸内フローラ(腸内バランス)を善玉菌優勢な状態にしてくれる

 

手作りケフィアヨーグルト「ロイヤルケフィアプロ」を紹介します!

 

ロイヤルケフィアプロの特徴

ロイヤルケフィアプロはケフィアヨーグルトのたね菌です。

乳酸菌・ビフィズス菌・酵母が入っています。

ロイヤルケフィアプロ必要なモノは牛乳と電気のみです。

 

使い方もいたってシンプルです。

 

ケフィアヨーグルトトライアルセットにはロイヤルケフィアプロたね菌10本と
500mlの専用ポットとおたま発酵の手助けをしてくれる発酵ヘルパー
くるみちゃんが同梱されています。

 

専用のポットに市販の牛乳を入れ発酵ヘルパーくるみちゃんを
巻き付けてコンセントにさし24時間通電させるだけ。

 

 

それだけで簡単に無添加ヨーグルトを自宅で作ることができるんです。

 

 

牛乳も濃度や産地が違いますので、
毎回牛乳をかえ10回のチャンスのなかでお好みの味を見つけてみるのも楽しいですね。

 

 

ケフィアヨーグルトとヨーグルトの違いは、

乳酸菌だけで発酵しているのか
乳酸菌と酵母で発酵しているのか、という違いです。

 

美容にこだわる女性も

健康でいたい男性も

 

ロイヤルケフィアプロでつくったケフィアヨーグルトを食べ

腸内フローラー(腸内バランス)を

善玉菌優勢な状態にしていくことが一番効率が良い方法と言えますね!

 

手作りケフィアヨーグルト「ロイヤルケフィアプロ」の口コミ

 

何年か前から利用していた母の勧めで、ケフィアヨーグルトの購入をはじめました。

ヨーグルトを手作りなんて…。面倒かな?と、敬遠していたのですが、利用してビックリ!

容器に牛乳を入れて種菌を入れて、くるみちゃんを巻くだけ!!

 

かき混ぜることすら不要です!子どもたちも喜んで食べてくれるし、

「ボクがつくる~」「あたしがつくる~」って取り合いになっちゃうんです。

「毎日じゅんばんこ!」で作るのが我が家の日課になってます。

 

子育て真っ最中です。

忙しい毎日、ついつい自分のことは後回しになりがちですが、

日々の食生活は大事にと心がけています。

ケフィアヨーグルトは手軽においしく食べられますし、

なにより家族の健康と美容のサポートもできるのは嬉しいですね。

 

もともとヨーグルトが大好きだった私にとって、

家で簡単に作って新鮮なヨーグルトが食べれらるのはとても嬉しいことです。

ある日、テレビでケフィア倶楽部のヨーグルトを見てすぐ注文しました。

 

娘も大好きで毎日食べています。お値段もそんなに高くないのでとても助かっています。

ちょっともったいない気もしますが時々、顔のパックにも使っています。

 

ひどく頑固な便秘でしたが、これを食べてから1日置きには出るようになりました。

市販のヨーグルトでは効果を感じられなかった人におすすめしたいです。

 

カスピ海ヨーグルトは衛生面で少し不安を感じていましたが、

ロイヤルケフィアプロは使い切りなので安心しています。

 

出来上がりが早くて重宝してます

ケフィアはメーカーによって出来上がり時間に差があるものですが、

ロイヤルケフィアプロは比較的出来上がりが早い方ですね。

 

牛乳1リットル:スティック2本を入れて暖かい所に一晩置いておくだけ。

簡単にケフィアが出来るので重宝しています。

 

子供が喜んで食べています

うちの子供はスーパーで売っているプレーンヨーグルトは

「酸っぱい」と言って食べてくれません。

 

しかしこちらに変えてからはたくさん食べてくれるようになりました。

手作りな所も安心できるポイントです。

 

「ロイヤルケフィアプロ」の公式サイトへ

「ロイヤルケフィアプロ」は、

 

5種類の乳酸菌に酵母、

さらにビフィズス菌をプラスしてフリーズドライパウダー化したものです。

 

健康な腸内フローラになりましょう!

 

 

カテゴリ:便秘 

1 7 8 9
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ

error: Content is protected !!