小さなお葬式

良心的な葬儀屋の見分け方は、ここを判断する!悪徳葬儀屋にだまされるな!

良心的な葬儀屋の見分け方はここで判断する!

 

電話対応・接客が丁重で親切

見積もりを依頼するとき、葬儀屋の言動を細かく観察しましょう。
良心的な葬儀屋は、お客様に対する言葉使いや接し方が丁寧で親切です。

 

依頼者の状況・要望にあったプランを提案してくれる

「予算はどれくらいか?」

「どんな葬儀を行いたいか?」など、

良心的な葬儀屋は、まず依頼主の状況や要望を細かく伺います。
そのなかで、不必要なものは一切勧めません。
それどころか助言までしてくれます。
それらをまとめた上で、適切なプランを提示してくれるでしょう。

 

 

葬儀に関わる内容や費用を細かく説明をしてくれる

 

 

葬儀だけでなく

 

「お坊さんへのお布施」

「提供する引き出物やお料理」

 

といった、関係する費用や内容までも細かく見積り、説明もしっかりとしてくれます。

 

以上を踏まえて

良心的な葬儀屋は、常に依頼主の要望を元にして、足りないところや必要なことを助言するという形でサポートを行うようです。
依頼主を中心として、葬儀屋本位にすることはまずありえません。

 

 

 

悪徳葬儀屋の見分け方は、ここで判断する

経験者に訊くところによると、葬儀屋の社員と初対面にもかかわらず言動の所々に違和感を感じるそうです。
そのような嫌な感じを覚えたら、なおさら警戒を強くして様子を伺ってみましょう。

 

 

依頼主に対する言葉使いや接客が雑、もしくは馴れ馴れしい

 

依頼主への対応に、どこかめんどくさそうだったり、馴れ馴れしい口調で説明したり。
このような葬儀屋はやめておいたほうが無難でしょう。

 

 

細かい見積もりや相談などを嫌がる

 

提示された見積書が大雑把。
細かい内容を訊ねると、はぐらかそうとする。

また、費用の面がかなり曖昧。

このように費用や内容に対して説明をさける、嫌がる葬儀社は、
高確率で「別料金」や「不必要なもの」を上乗せしてきます。

依頼はやめておきましょう。

 

依頼者の要望そっちのけで、葬儀社が提示するプランを強引に勧める

葬儀を行うにあたって、中心となるのは喪家(依頼主)です。
その依頼主を無視し、葬儀社の要望のみをのませようとする会社はお勧めできません。

 

 

社員の身だしなみが悪い

 


葬儀屋社員が身につけているもの、スーツにシワがあったり靴が汚れていたり、

髪がだらしなかったりと、そのようなところでも会社の内情を判断できます。

 

 

 

葬儀の裏事情

 

高額生花は使いまわしの中古商品

 

 

最近の葬儀では従来の木製の祭壇よりも生花で飾られた花祭壇が人気です。

生花は高額な費用がかかります。

 

しかし葬儀業界では生花は使いまわしが常識なんです。

 

遺族が高い費用を払い買った花の中には中古の花が混じっている事がほとんどです。

 

葬儀が終わり、不要になった花は、生花業者の手により回収されます。
そこで選別して状態の良い花を再利用します。

 

 

「リサイクル」と言えば聞こえは良いかもしれません。

しかし、使いまわしの花を使用しておきながら

遺族からは新品の生花代金を請求しているのですから、

これは大きな問題だといえるでしょう。

 

 

生花は遺族が買った花ですので、葬儀後に持ち帰るのは自由なはずですよね。

 

しかし現実には葬儀後に花を持って帰る人はほとんどいません。

業者は「このような花は持ち帰る事はお勧めしません」と言い、

生花を持ち帰らせないように誘導しているのだとか・・・

 

 

また、人知れず高額な生花を隠す方法があるのだそうです。

一連の葬儀が終わり、遺体とのお別れの時が来ると、棺は葬儀会場の中央に運ばれます。

 

そこで、社員の手で摘み取られた生花はお盆に盛られ、参列者の手でご遺体を飾ります。

 

会葬者全員の目がお棺に向かれているこの時がチャンスなのだそうです。

「花の摘み取られた祭壇を会葬者に見せるのは失礼なのでカーテンで隠す」と言い、

祭壇の前のカーテンを閉めて隠してしまいます。

 

実際には祭壇周辺には摘み取られていない生花があるのですが、

遺族の目から隠されてしまいます。

 

葬儀業者はなんとしても生花を多く残しておきたいのです。

 

遺族は新品の花だと思い、高額なお金を支払っているのですから、

生花の使いまわしは立派な犯罪でしょう。

 

使いまわし前程の生花は、本来ならば「リース代」として扱うべきです。

当然、生花代金も半減しなくてはなりません。

 

使いまわしで儲けを産もうとする葬儀業界を、

ここまで野放しにしてきた行政にも責任があると言えるでしょう。

 

 

葬儀費用と相続と控除の関係

 

 

葬儀費用は『相続税』から控除される

 

国税庁の〈相続と税金〉には『葬儀費用を遺産総額から差し引きする』とありますので、

葬儀費用は『相続税の控除対象』となります。

 

しかし、相続税には基礎控除額がありますので、

残せる財産が6,000万円以下であれば、そもそも相続税すら発生しません。

 

日本の平均的な葬儀費用は全額で約200万円です。

遺産を残せるほど成功している故人であれば、もっと大きな葬儀を行っていても不思議ではありません。
葬儀費用が相続税の控除対象となる事を知らないだけで、

200万円以上も多く、税金を収めてしまう可能性があるという事です。

 

遺産は所得の対象外です。

遺産が相続税にならないのなら、次に気になるのは所得税という事になります。
しかし、控除内で相続した物についても収入ではありませんから、

確定申告を行う必要はなく、相続した分に所得税がかけられることもありません。

 

 

控除となる葬儀代とは?

 

一口に葬儀と言っても、1日で終わるものではなく、その支払う内容は多岐にわたります。
そしてその全てが控除対象になる訳ではありません。

 

相続税控除の対象になるケース

国税庁が葬式費用と認めるのは、以下の場合です。

 

・死体の捜索、運搬に掛かった費用
・遺体や遺骨の回送費
・本葬式や火葬などに掛かった費用
・お通夜など、葬式の前後に必要となった費用
・お寺に渡すお布施などの費用

具体的には、

 

「仮・本葬式」

「お通夜」

「お布施」

「葬儀の会場代」

「霊柩車の費用」

 

などが葬儀費用と認められます。

 

相続税控除の対象にならないケース

しかし、以下の費用については、控除の対象外です。

 

・香典返しの費用
・墓地や墓石の購入費
・告別式以降に掛かった費用

注意するべきは「3・告別式以降に掛かった費用」の項目。

これにより、初七日や四十九日の法要で必要となった金額は、

控除対象から外されることになります。

 

香典は相続?所得?

葬儀を行った際に頂く香典は収入と考える事も出来ます。

しかし香典の本来の意味は『お香を持参する代わりに用意した現金』です。

一応現金の形を取っていますが、本来はお香ですので通常の収入とは考えません。
収入にならないのですから、確定申告も必要ありません。

 

つまり、『所得税や相続税の対象とはならない』という事です。

 

 

相続と葬儀費用の控除の注意点

葬儀を行う時は、バタバタと忙しいのが普通です。
しかし、その忙しい中でも必要な事をしておかないと、後で面倒なことになる可能性があります。

 

領収書は全部取っておく

葬儀に掛かった費用で、葬儀社が用意してくれる分や、出前などの飲食代、コンビニで支払った分など、

葬儀の期間中に受け取った領収書は、全てひとまとめに保管しておく事で、相続税控除を申告する際の証拠になります。

 

領収書がない物はメモでも大丈夫です

また、お寺へのお布施など、領収書を受け取る事ができない場合はメモを残して置きましょう。

必要な項目は

 

・『支払日』

・『支払った相手』

・『支払った目的(お布施や車代など)』

 

支払金額が分かるようであれば十分です。

 

小さなお葬式で、葬儀費用をシンプルに!全国3000以上の葬儀場に対応!365日対応!

小さなお葬式で、葬儀費用をシンプルに!全国3000以上の葬儀場に対応!365日対応!

 

小さなお葬式とは?

 

小さなお葬式は、シンプルなお別れをする葬儀ブランドです。
業界初の総額料金明示の【全国対応】葬儀です。

火葬式18.8万円、家族葬48.8万円、追加料金0円
さらに低価格のお布施(5.5万円~)を全国で統一料金で実現しました。

 

小さなお葬式が選ばれる理由

 

その1.

 

    

 

その2.

 

その3.

 

 

小さなお葬式の実績

 

1.WEBサービスNo1

 

 

ご依頼件数累計10万件突破!
累計10万件のご依頼をいただいており、

その証として、WEB集客型葬儀サービス依頼件数NO.1企業に選ばれました。

 

2.ご利用いただいたお客様満足度93.4%

 

 

ご利用いただいたお客様の中で、実に93.4%の方が「満足した」と回答され、

また、93.2%の方が「知人に紹介したい」と回答しております。

 

3.全国最多級の最高品質葬儀場

 

 

日本全国に3,000以上の葬儀場がご利用可能(※)ですので、

日本全国お住まいの地域で設備を整えた高品質式場をご案内します。
※2015年当社提携済み

 

 

日本経済新聞をはじめ、雑誌やTVでも取り上げられています

 

 

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」

「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。

とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の

「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。

情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の

「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

 

 

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞テレビ報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/

Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)雑誌週刊新潮/週刊文春/PRESIDENT/AERA/週刊朝日/日経TRENDY/

週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数

 

 

 

小さなお葬式は、何故こんなに選ばれているのでしょうか?

 

それは、価格とプラン内容の徹底的な見直しにあります。

 

葬儀費用についてのアンケート調査

 

「葬儀費用についてのアンケート調査」によると
全国の葬儀費用の平均は122万円といわれています。

 

 

 

小さなお葬式は、適性価格です!

不透明な葬儀費用をはじめて適性価格に見直しました。

 

「小さなお葬式」は、これまで当たり前となっていた120万円以上もする高額な葬儀代金に疑問をもち、

葬儀社が提示した不明瞭な価格を”適正価格”に見直し、本当に必要な物品・サービスだけを提供しています。

 

 

 

小さなお葬式の具体的な内容

 

1.小さなお別れ葬

 

 

最近では、経済的な理由や無宗教でお坊さんを手配する予定がないといった理由で、簡素なお別れを希望される方が増えています。

しかし、通常のお葬式プランにはお坊さんが供養を行うために必要な仏具が含まれており、その分の物品費用がかかっていました。

小さなお別れ葬」は、お別れに必要最低限なものだけを揃えているので、

できる限り費用を抑えたお葬式ができ、経済的な負担を抑えることができます。

 

※「小さなお別れ葬」はお預かり安置(対面不可)のみとなります。

また、無宗教の方に向けたプランのため、仏具等が含まれておりません。

 

 

2.小さな火葬式

 

 

火葬式(直葬)とは
お通夜・告別式などの儀式を行わず、ごく限られたご家族・ご親族で火葬のみを執り行う、少人数におすすめのお葬式です。

祭壇を飾らず会葬者も招かないので、葬儀にかかる費用を抑えることができ、経済的にも負担がかかりません。

形式にこだわらない故人さまの想いや、弔問客への配慮が不要なこともあり「小さな火葬式」プランを選ばれる方も増えています。

 

小さな火葬式はこのような方向けのプランです

 

・葬儀費用をできるだけ抑えたい

 

・親族も故人も高齢なので、家族のみでお見送りしたい

 

・火葬のみでも、お坊さんには供養してもらいたい

 

身内の方だけで行う葬儀を「密葬」や「家族葬」と言います。

その中でも、通夜式・告別式はせずに火葬だけを行う葬儀は「直葬」と言われています。

 

通夜式・告別式の準備や参列者の対応で遺族が駆け回るといったこともなく、

体力的・精神的にもご負担が少ないのが「小さな火葬式」プランの特徴です。

「小さな火葬式には、通夜式・告別式が無いけれど、皆さんも選ばれますか?」とのお客様からの質問をお受けしますが、

実際には、多くのお客様にご依頼いただき、価格・内容ともに納得していただいております。

 

小さな火葬式の参考動画

 

 

3.小さな一日葬

 

ご家族や親族などの親しい方々にお集まりいただき、お通夜を行わず、火葬と同日に告別式を行う従来の形式にとらわれないお葬式です。

本来2日間かけて葬儀を行う工程を1日で行うので、費用も抑えることができ、

ご高齢な遺族の身体的負担や、遠方から来る参列者への負担(宿泊費等)も軽減できることが特徴です。

火葬のみの葬儀では周囲の理解も得られなかったり、

また、ゆったりとお別れをする時間がないという点でも、一日葬をお選びになる方が増えています。

※キリスト教式・神式・友人葬(創価学会式)も対応可能です。

 

小さな一日葬はこのような方向けのプランです

火葬のみではしのびない、もう少しゆったりとお別れがしたい

 

 

費用も時間も抑えつつ式を行いたい

 

従来の形式にとらわれず、親しい人とお見送りしたい

 

通夜式から告別式まで通常2日間以上かけて行われるセレモニーを、

通夜式を行わず1日で済ませてることから「ワンデーセレモニー」とも言われております。

親族の方には、慣習を重んじる方もいらっしゃいますので、お通夜を行う「小さな家族葬」プランを選ばれる方もいらっしゃいますが、

「小さな一日葬」プランは、時代も状況も変化して現代に適した葬儀スタイルとして近年注目が集まっています。

 

小さな一日葬の参考動画

 

 

 

3.小さな家族葬

 

ご家族・ご親族を中心に、親しい友人を含む近親者とのお別れを最優先に考え、

小規模ながらお通夜や告別式・火葬といった一般的なセレモニーを執り行う近年人気のあるお葬式です。

 

儀礼的な弔問がないため、故人さまとのお別れの時間をゆっくり過ごすことができます。
2日間式を行うので、やむを得ない事情で通夜式にしか出席できない、

急なことで告別式にしか間に合わないといったように参列者の都合に合わせられるのも家族葬プランのメリットです。

 

※キリスト教式・神式・友人葬(創価学会式)も対応可能です。

 

小さな家族葬はこのような方向けのプランです

一般的な葬儀を、小規模かつ費用も抑えて行いたい

 

遺族だけでなく、親族や親しい方々とゆっくりお見送りしたい

 

故人が高齢だったため、知らせる方が少ない

 

家族葬の形式に、知人・友人をどこまでの範囲までお呼びするか決まりはございませんが、

一般的には会社・職場関係者などは招待しないため、お葬式の規模は小さくなり、

一般的な葬儀価格と比較して予算を抑えて、心に残る葬儀が行えます。

「小さな家族葬」プランには、

一般的な葬儀を執り行う上で、搬送料金・葬儀場利用料・生花祭壇・火葬料金など、必要なものがすべて含まれています。

 

小さな家族葬の参考動画

 

 

 

 

小さなお葬式の資料請求へ

 

小さなお葬式は、シンプルなお別れをする葬儀ブランドです。
業界初の総額料金明示の【全国対応】葬儀です。

 

カテゴリ:小さなお葬式 

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿
カテゴリー
プロフィール

毎日の生活の中で起こる体や健康に関するお悩みについて、いろいろ調べて解決していくブログです。

Naomi

ページの先頭へ