日焼け止め

シミそばかす、メラニン色素、日焼け、紫外線、ホワイトルマン

シミ・そばかすを消したい!日焼けも嫌い!いい方法ないの?

 

 

そばかす(雀卵斑)

 

そばかすの原因遺伝的な要因でできますが、

紫外線の影響で濃くなることもあるため、UVケアで紫外線を防ぐことも重要です。

 

そばかすの特徴

幼児期から思春期にかけて目立つ傾向にありますが、

一般的なシミとは正反対に、加齢とともに薄くなることもあります。

 

遺伝性のシミなので、家系にそばかすをもつ人がいる場合、発生する確率も高くなります。

鼻を中心に頬骨のあたりに散らばったように小さくて薄いシミが広範囲にできます。

 

そばかすの対策方法

そばかすには、構造上は美白化粧品が有効なはずですが、

遺伝的要素があるため、必ずしも効果があるとは言い切れないようです。

 

ただし、予防的な意味では有効だと考えられます。

レーザー治療をおこうなうとキレイに消えることもありますが、

再発することもあるため、注意が必要です。

 

そばかすには、レーザーよりも広範囲に照射ができる

フォトフェイシャル(IPL光治療)の方が効率的に治療ができると言われています。

 

シミの種類

 

 

シミには、そばかすの他にもいくつかの種類があり、原因や対策方法が異なる場合があります。

その他のシミには、次のようなものがあります。 

 

老人性色素斑老人性色素斑

 

 

一般的なシミの一つで、多くのシミがこれに当たると言われています。

紫外線の影響や肌の老化によって、メラニンが蓄積することでできます。

40代前後にでき始めることが多いですが、

普段から紫外線を浴びる量が多い場合は、20代後半からあらわれることもあります。

シミの形は不定形で、米粒ほどの大きさから5cmほどまでになることもあり、

薄い茶色からしだいに濃くなり、黒くハッキリしてきます。

 

 老人性色素斑の改善方法

ごく初期の薄いものには、美白化粧品でのケアを。

濃くなってしまったものは、皮膚の構造自体が変わってしまっているので、レーザー治療が必要です。

 

炎症性色素沈着

 

 

炎症性色素沈着の原因

 

ニキビ跡や虫さされ、傷痕がシミになって残ったものです。

たたく刺激や摩擦でもシミになることがあります。

炎症性色素沈着は、

年月とともに薄くなりますが、シミの上から紫外線を浴びて日焼けをすると落ちにくくなります。

 

炎症性色素沈着の特徴

炎症や傷が起こった形でシミとなって残り、

色は炎症の度合いによって異なり、赤から黒までさまざまです。

 

炎症性色素沈着の改善方法

美白化粧品でのケア、ピーリングが有効です。

気にしすぎてつい触ってしまったり、

刺激を与えたりすると悪化してしまうので、スキンケアの時に叩いたり擦り過ぎないのも重要です。

レーザー治療は、軽い火傷を起こしてシミを還元するという方法であり、

一時的に炎症性色素沈着のリスクがあります。

 

今ある濃いシミをいったん別のシミに置き換えてから、シミを消していくようなイメージです。

 

そのため、炎症性色素沈着にはレーザー治療は向いていない、もしくは不必要です。

 

肝班(かんぱん)

 

肝班の原因

おもに、女性ホルモンのバランスが崩れた時にできることが多く、紫外線の影響も受けます。

妊娠中やピルを服用した時、更年期の人によく見られます。

 

肝班の特徴

30~50代の女性に現れやすく、高齢になって発症することはあまりありません。
頬骨のあたりにシミがもやっと左右対称にできるのがほとんどですが、まれに鼻の下や額に出ることもあります。

 

肝班の改善方法

内服薬のトラネキサム酸が効果が出やすく、美白化粧品で薄くなることもあります。
レーザー治療は、肝班の症状が悪化することもあるため、注意が必要です。

 

脂漏性角化症

 

脂漏性角化症の原因

イボ状に盛り上がったシミで、老人性色素斑からできることもあります。

紫外線の影響と、肌の老化現象による良性腫瘍(できもの)の一つでもあります。

 

脂漏性角化症の特徴

40代以降で発生することが多いと言われていますが、早い場合は20代で発生することもあります。
でき始めは小さくても年々、徐々にシミが大きくなっていき、色は肌色から黒色までさまざまです。

 

脂漏性角化症の改善方法

脂漏性角化症は、美白化粧品でのケアは難しいと言われています。

改善したい場合は、レーザー治療などが効果的です。

 

新しいシミができないように、予防的に美白化粧品を使用するのは良いでしょう。
液体窒素で凍結してシミを取る方法もありますが、

周りの皮膚が黒ずんでしまうことがあるので、注意が必要です。

 

基本はスキンケアの見直し

 

シミ・そばかすを消すために、まず見直したいのが普段のスキンケアの方法です。

 

正しい紫外線対策の方法紫外線などの刺激を受けると、

シミをつくる工場であるメラノサイトが活性化し、黒いメラニン色素が作られます。

 

これは、黒いメラニン色素によって、

紫外線などの刺激から肌の奥を守ろうとするものであり、体を守るための防御システムでもあります。

 

 

シミ・そばかすのメカニズム

 

このメラニン色素が肌の表面にあらわれ、排出されないまま残ってしまうと

シミ・そばかすとなるうえに、さらに紫外線を受けるとその影響でどんどん悪化してしまいます。

そのため、シミ・そばかすを消すためには、

まずはシミ・そばかすを濃くさせないように、徹底した紫外線対策をおこうなう必要があります。

 

スキンケアの基本&効果的な方法

 

1.クレンジング

 

 

メイクを落とすためのクレンジングは、スキンケアの中で肌に一番負担をかけるものです。

肌への負担を最小限にするためにも、多めのクレンジングを使って手早く終わらせましょう。

その際に重要なのが、肌をこすり過ぎないことです。

 

摩擦刺激で肌が傷むおそれがあるので、すすぎの際も手でこすらないように注意しましょう。

 

2.洗顔

 

洗顔する際にもっとも重要なことは、皮脂をしっかり落とすこと。

洗顔の目的はこれに尽きるともいえます。

 

洗顔の際、肌に皮脂が残ると、酸化されて過酸化脂質に変わります。

これがシミ・そばかす、シワの原因になります。

クレンジングは弱めに、洗顔はたっぷりの泡を使ってしっかりとおこないましょう。

 

3.化粧水

 

化粧水を手のひらに適量のせ、軽く手を合わせて広げたら、

両手で顔を包み込み、やさしく押さえるようにつけます。

すり込んだりすると、摩擦で肌が傷むことがあるため、

肌の表面に水気が残っていてもそのままにして、美容液などの次のステップに進みます。

 

4.美容液・クリーム

 

美容液やクリームは、肌が乾燥しないよう保湿を目的として使用します。

 

肌が乾燥するとバリア機能が低下し、紫外線などの影響を受けやすくなるため

シミ・そばかす対策には、保湿が重要です。

美容液などは、手で肌を押さえるようにしてつけ、乾燥の程度によって量を調整しましょう。

また、その日の肌の状態に合わせて量を微調整するとなお良しです。 

 

 

今回は、シミ・日焼け・そばかすに効く

 

ビタミン類の医薬品 「ホワイトルマン」 を紹介します!

 

ホワイトルマンのご紹介

 

シミやそばかすの1番の予防には、医薬品でのケアが効果的です。

 

また、そばかすになりやすい人は、肌が白く敏感な傾向にあります。

そういった方は特に紫外線を吸収しやすいため、

正しいケアをしなければ、そばかすが増えたり、年々濃くなってしまいます。

 

ホワイトルマンの効果の秘密


ホワイトルマンはなぜ他の商品よりも優れているのでしょう?

 

ホワイトルマンの効果の秘密 1200mgのビタミンC

 

シミ発生は酸化酵素チロシナーゼが原因です。

 

ホワイトルマンには

シミの現況のチロシナーゼを抑制しメラニン色素の発生をブロックする効果があります。

 

ホワイトルマンの効果の秘密 ビタミンE

ホワイトルマンには抗酸化作用の大きいビタミンEが豊富に配合されています。

ビタミンCで抑えられなかったメラニン色素を還元し、シミの発生を未然に防ぎます。

 

ビタミンCと活性酸素の相互に作用し活性酸素を除去することができるので、

肌を常に美しい状態に保つことが可能です。

 

ホワイトルマンの効果の秘密 ビタミンB2

ビタミンB2にはターンオーバーを促進させるビタミンB2が含まれています。

 

年齢を重ねるごとに肌のターンオーバーの周期は乱れ、色素の排出が難しくなります。

 

通常の28日サイクルのターンオーバーに近づくことにより、

できてしまったシミをすばやく消すことが可能です。

 

 

ホワイトルマンの評判

 

シミをなんとか消したくて、シミ消しクリームと合わせてホワイトルマンを飲んでいました。

努力のかいあって、わずか1ヶ月でシミを消し去ることに成功しました!

 

シミの再発を防ぐためにホワイトルマンを飲んでいますが、

ずっと美肌をキープできているので助かってます。

 

気になるシミができたのですが、ホワイトルマンを飲んでシミを消すことに成功しました!

毎日飲んでいるうちにだんだん肌がキレイになっていって、

どんどんシミが目立たなくなっていったんです。

肌トラブルもなくなったし、最近肌が絶好調です。

 

本当に肌が強くなって若返った気がします。
飲み始めてから、ちょっと日に当たって「まずいっ」

と思った後でも本当に日焼けしなくなりました。

 

シミやそばかすになりにくくなったのはもちろん、

肌があんまり乾燥しなくなって透明感が出てきたように感じます。

 

メイクのりもいいです!

長年気になっていたシミも地道に飲んでいれば改善できるんじゃないかと期待してます!

 

色白で肌が弱いので、日焼けやそばかすができやすい肌で悩んでいました。

ホワイトルマンは私にぴったりで、肌を白くキレイな状態にずっと保ってくれます。

医薬品なので、効果がハッキリわかるのが嬉しいですね。

 

シミの予防のために飲んでます。

できてしまうとなかなかシミは消せないので、予防に効果のあるホワイトルマンは便利ですね。

 

シミ以外にもニキビやくすみにも効果ありなので、

普段から飲む癖をつけておくといいと思いますよ。

 

すっぴんでも自分の肌に自信が持てるようになれました!
今まで結構スキンケアは頑張ってきましたが肌はどんどん衰えていく一方・・・

ホワイトルマンも医薬品といえど半信半疑ではじめましたが、

3~4ヶ月くらいたった時にだんだんシミが目立たなくなってきてるのに気づきました。

夫からも肌が綺麗になったと言われるようになって効果を実感してます♪

 

ホワイトルマンの公式サイトへ

「ホワイトルマン」は、

 

・ビタミンC1200mg

・ビタミンE100mg

・ビタミンB2 10mg

 

を配合したシミ・そばかすに効く第3類の医薬品です。

シミの元となるメラニン色素に

ビタミンC、ビタミンEの2つの美容ビタミンが

 

「メラニン色素をできにくくする」

「できたメラニン色素を薄くする」

 

という2つのアプローチを行い、

ビタミンB2で代謝を促すことでシミ・そばかす・日やけに効きます。

 

ホワイトルマン

 

シミ・シワ、ほうれい線、日焼け止め、富士フイルム美容サプリ

最上級の美容サプリ! 富士フイルム『アストリウム』

 

 

FUJIFILM製ナノアスタキサンチンを

 

高濃度配合ASTRIUMアストリウムの注目2大成分が

 

ナノアスタキサンチンとアルガトリウムです。

 

 

富士フイルムが開発したナノアスタキサンチンは

抗酸化作用を持つアスタキサンチンをさらにナノ化したものです!

 

 

 

さらにアルガトリウムは

活性型DHAとも呼ばれバルセロナ大学で研究開発された

 

新しいオメガ3オイルで

スペインでは特許取得、世界特許の成立待ちのDNA抗酸化成分なのです。

 

 

かなり難しい感じの内容成分なので、良く分からない!

 

と感じると思うのですが、

ASTRIUMアストリウムは抗酸化作用を詰め込んだサプリメントと理解してください。

 

 

真の美しさを求める女性のために開発された最上級の美容サプリメントが「ASTRIUMアストリウム」

サプリメントの製造ノウハウを持っている 「ASTRIUMアストリウム」が最上級のサプリに選んだのはナノアスタキサンチン+アルガトリウムです。

 

ナノアスタキサンチンの特徴

 

 

アスタキサンチンを富士フイルムの技術でナノ化したものがナノアスタキサンチン。

 

ナノ化することで、

従来のアスタキサンチンの9倍もの浸透性、吸収力を発揮するのです。

 

 

そもそも、アスタキサンチンは

コエンザイムQ10の約1000倍ともいわれる抗酸化作用をもっています!

 

女性には、本当にには魅力です。

 

飲む日焼け止め効果

摂りいれることで

 

・水分量上昇効果

・保湿効果

 

が期待することも出来るので日焼け止めサプリとしても期待できます。

 

体内でメラニンを作らせない!
メラニンが出来たとしても黒くしない!

 

アルガトリウムとはどんな成分?

 

 

アルガトリウムの研究成果から、

DNA損傷が最大1200%まで大幅に減少することが分かっているのです。

 

また、アルガトリウム摂取によりヒトの細胞内で

グルタチオン生産(抗酸化成分)が300%まで向上することが確認されているそうです。

 

 

これはどういうことかというと、
身体のすべてを老化させていく活性酸素から保護し、活性化させてくれるということなのです。

 

私たち自身が持つ細胞の抗酸化システムを活性化させる仕組みがあるので、

最も効率もよく、強力な抗酸化を行えるます。

 

 

3つの成分がキレイをサポートします

 

富士フイルムが化粧品事業に参入した背景

 

 

 

富士フイルム株式会社(社長 助野 健児)は、

高い抗酸化力を持つアスタキサンチンと、

ニコチン酸トコフェロール(*1)が、

間葉系幹細胞(*2)の老化を加速させる要因(*3)である

 

「酸化ストレス」と

「細胞複製ストレス」にそれぞれ作用して、

各ストレスに起因する細胞老化を抑制することを見出しました

 

 

さらに、独自技術でアスタキサンチンと

ニコチン酸トコフェロールの2つの成分を組み合わせ、

異なるアプローチで細胞老化の抑制が期待できる独自成分

 

「ナノアスタキサンチンCP+」

 

を新たに開発しました。

 

間葉系幹細胞の細胞老化を抑制することで、

加齢や光老化で低下する肌の弾力やシワの改善が期待できます。

 

 

*1 ビタミンBとEの誘導体。古くから抗炎症剤として利用されている成分。

 

*2 人の骨髄、脂肪、皮膚の真皮層などに含まれている組織幹細胞。幹細胞は、「幹細胞自身を再び生み出す自己複製能」と「機能的に変化する分化能」を長期に亘り維持できる性質を持つ。

 

*3 複数示唆されている細胞老化の要因のうち、影響が大きいと考えられる2つのストレス。紫外線や活性酸素によって生じる「酸化ストレス」と、細胞複製の進行を阻害する種々の内的・外的要因ストレス(「細胞複製ストレス」)を指す。

 

 

研究の背景

 

 

間葉系幹細胞は、骨髄、脂肪、皮膚の真皮層などに存在する組織幹細胞です。

 

幹細胞は、ほかの細胞の元になる若々しい細胞と考えられていましたが、

幹細胞自体が老化する「細胞老化」という現象に、注目が集まっています。

 

幹細胞老化が進むと、幹細胞の自己複製能と分化能が低下するだけでなく、

さまざまな抗炎症性物質や、インスリン様成長因子1(IGF-1)などの増殖因子を阻害する物質「SASP因子」が分泌されます。

 

 

SASP因子は、周囲にある正常な間葉系細胞の機能を阻害し、

細胞老化をさらに加速させる悪循環を引き起こすと考えられています。

 

 

幹細胞の老化を加速すると考えられる要因のうち、

紫外線や活性酸素に起因する

 

「酸化ストレス」と、

 

幹細胞が分裂して自己複製する時に生じる

「細胞複製ストレス」に着目。

 

これらのストレスを抑制する成分の研究に取り組みました。

 

 

 

 

写真フィルムで培ってきた

 

「コラーゲン研究」

「抗酸化技術」

「光解析・コントロール技術」

「独自のナノテクノロジー」

 

という4つのコア技術があります。

 

 

新商品に配合された美容成分

 

「ナノアスタキサンチン」

「ピュアコラーゲン」

 

も富士フイルムが独自に開発したものです。

 

 

 

 

 

『キリン アスタリフト ウォーター』

 

に配合されている

 

「ナノアスタキサンチン」は、

 

肌の老化によって発生する活性酸素の消去機能がとても高いという特徴があります。

 

アスタキサンチンは

もともと油溶性成分でベトついておりそのままでは水に溶けません。

 

化粧品に配合するには

粒子を細かくして安定的に分散する必要がありますが、

粒子同士が引きつけ合って大きな粒子になってしまい肌への浸透性が高まらなかったのです。

 

 

これらの機能を正しく発揮するために

様々な加工を施したのが独自のナノテクノロジーで、

粒子の表面を薄く柔らかいシャボン玉のような膜で包む技術を開発しました。

 

これにより肌への高い浸透性と、

デリケートなアスタキサンチンを熱や光から守り安定を維持することができ、

高濃度の化粧品や今回のような飲料にも配合できるようになったのですか。

 

 

アスタキサンチンはサケやイクラのオレンジ色の元になっている天然色素。

 

アスタリフトシリーズの商品が濃い赤なのは、

アスタキサンチンの成分がそのまま活かされているためで、

透明な液状は光を透過するほど粒子が細かく、安定に維持されているからです。

 

 

富士フイルム ヘルスケアラボラトリー 武田 靖子氏

 

「写真フィルムはとても薄い素材が重なってできており、

薄い層の一つ一つに様々な機能を持った粒子を、

決められた場所に安定的に順番通りに配置しないと美しい写真はできない。

写真フィルムで培った高度なナノテクノロジーでさまざまな美容成分の効果を引き出し、

浸透吸収を高めることに応用した」

 

美活サプリ アストリウム(ASTRIUM)の評判

きれいな肌を手に入れたい!
と試行錯誤の結果、「飲むサプリメント対策」にたどり着きました。

元々肌が弱いので、使用するものを選ばなくてはいけなかったので

飲む対策は自分に合っています。

富士フイルムのアスタキサンチンは有名なので、

飲むのも安心して飲めますし、

飲み始めて3か月目ですが調子がいいですよ~♪

 

若いころは何でも良いから肌に塗っておけばいいや~ってくらいの感覚でしたが、年齢を重ねるうちにどうしようもなくなってきました。

 

アンチエイジングや肌トラブル解消のために、

美活サプリメントを「内側からのケア」のために使うことにしました。

内からも外からもメンテナンスしていきたいです。

 

30歳を超えてから、「こんなにも肌質が変わるんだ・・・」

とショックを受けました。

 

それまでは肌ヘアにそれほど時間と労力を使っていなかったので、

手抜き分のツケが回ってきたのかもしれません。

美活サプリメントを選んで、身体の中からどんどんきれいになりたいです。

 

アストリウム(ASTRIUM)の公式サイトへ

・真の美しさを求める女性のために開発された最上級の美容サプリメント
・海外セレブが愛用する美容サプリメントの出荷累計数200万個を超える実績とノウハウ
・アスタキサンチンの強力な美活作用はコエンザイムQ10の約1000倍!
・水分量上昇効果・保湿効果が期待できるため、サンブロック対策としても期待が出来ます
・体内でメラニンを作らせない!作っても黒くしない!ダブルの白の透明感効果があります
・美活作用を増強し、活性酸素によるダメージからも白のキレイを守ります

 

ASTRIUM(アストリウム)

日焼け止めジェル、紫外線、界面活性剤、NALCの日焼け止め口コミ

日焼け止めジェル、紫外線、界面活性剤、NALCの日焼け止め口コミ

一ヶ月程使用していましたが、すんごく良かったです。

なかなか☆7つをつけることはないのですが、これは本当におすすめです。

 

見た目は淡いイエローのクリームみたいなのですが、伸ばしてみるとみずみずしいジェルです。

お肌にサッと馴染んでいき、ベタつかないです。

 

日焼け止め特有の白浮きや乾燥も全くなし。

化粧下地としても使えて、特に崩れやすくなるなどなく、快適に使用できました。

 

特許取得の三相乳化法という技術を使用しているので、汗や水に強いのも良いです。

 

NALCの日焼け止めは、ナノ粒子を使用した特許製法

「三相乳化法」 という界面活性剤を使わない方法で乳化させているので、

水に濡れても 「再乳化」することがなく

肌から流れ落ちない パーフェクトウォータープルーフ です。

 

界面活性剤フリーでだから肌にやさしいのはもちろん、

パラベン ・ 香料 ・ アルコール ・着色料 ・ 鉱物油 といった

6つのフリー処方で、敏感肌の方はもちろん、小さなお子様も

使えるほどのやさしさです。

 

シンプルでカッコいいデザインの本体は、使いやすいチューブタイプ。

ほんのりクリーム色をしたみずみずしいジェルタイプのクリームは、

日焼けによる乾燥から肌を守るヒアルロン酸、日焼け後の炎症を抑える

グリチルリチン酸ジカリウム、シワ ・ タルミにアプローチするクララエキスを配合。

日焼け止めだけでなく、日焼け後の肌へのダメージを最大限に抑えてくれるのも◎

 

出口の穴がとても小さくなってなっているので、ドッと出過ぎる事が無く、

使う部位によって適量を取り出すことが出来ますね。

ジェルは、優しいクリーム色の乳液の様なテクスチャーです。

 

とっても緩やかなのでス~ッとなめらかに伸びてくれて、

腕や足などの広い部分でも時短で塗れますよ

 

肌に広げると、とてもみずみずしく、

フレッシュな使用感なので、暑さで汗だくの時季でも気持ち良く使えますね。

 

色のつかないジェルで、下地としてはカラーコントロールが出来ないタイプなのに、

毛穴や角質のシワなどが目立たなく感じられてビックリしました。

 

塗っている部分が美容成分によって艶やかに感じられる事と、

ピッタリと密着してくれて、ハリを感じる事で、肌を均一に魅せてくれる様ですね。

保湿が行き届き、しっとりと潤いのある、艶やかな仕上がりになりました。

 

私自身、色白で日焼けすると赤くなってしまい、

シミやソバカスになってしまうのでUV対策は一年中欠かせません。
また、長女はお肌が凄く弱く、日焼け対策しないと肌荒れしちゃうデリケート肌。

でも、お肌に合わないものを使用するとそのアイテムで肌荒れしちゃうので、

お肌に合う物を探すのも一苦労なのですが、

 

NALCさんの日焼け止めはしっかり紫外線カットしてくれるのに、

お肌に優しく、長女もお気に入りのアイテムとなっています。

 

テクスチャーは滑らからで黄色のクリームのような感じですが、

お肌に乗せるとスーッと馴染みジェルというのを実感できます。

 

軽いタッチなので子供達も塗ったり塗り直したりは面倒にならないと言ってました。

化粧下地に使うと、テカリ等は出ますが化粧崩れは最小限なので、

今の時期とても重宝しています!

 

バッグにも入れやすい大きさですし、

ドバっと出ることもないですし、家族でかなりお気に入りの日焼け止めです!

 

 

ナルク日焼け止めを使うと海でも焼けないのはなぜ?

今の季節、必需品となる日焼け止め。

 

日焼け止めを塗らずにいられないのですが、

どうしてもベタつきや白浮きが気になるってことはありませんか?

 

日焼け止めを塗った後のベタつく肌に、

ファンデーションを塗ってもメイクの仕上がりに影響されたり、

汗や皮脂が原因で、化粧崩れやテカリが気になったり…。

 

 

日焼け止めには、紫外線をカットする成分、

紫外線錯乱剤が含まれていることがベタつきの原因となっているようです。

 

 

今回は、

 

「NALCパーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェル」(SPF50+/PA++++)
の魅力をお伝えします。

 

この日焼け止めの一番の特徴は、なんといっても

 

  汗や水に強いこと!  

 

そして強力なウォータープルーフでありながらクレンジング不要で洗い流せて

化粧下地にも使え、日焼け後の保湿にもこだわった至れり尽くせりの日焼け止めです。

 

 

しっかり日焼け止めを塗っていても焼けてしまうのはなぜか。

 

それは「日焼け止めが落ちるから」です!

 

 

お肌になじんだ日焼け止めも、

汗や水に濡れるとヌルヌルっとして落ちてしまうことってありませんか?

 

一度お肌になじんだものが、汗などの水分と混じり、

ヌルヌルべとべとと崩れてくることを「再乳化」といいます。

 

 

通常の日焼け止めはこの再乳化が起こる。

 

つまり落ちてしまうのですが、

ナルクのパーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェルは、再乳化が起こりません。

 

 

水に濡れても再乳化が起こらない技術で特許を取っているNALC。

 

きちんと「再乳化しない方法(三相乳化法)で作られています」

 

 

 

 

三相乳化とは、

親水性の柔らかいナノ粒子がオイルと引き寄せ合うという、

ファンデルワールス引力を利用した新しい乳化方法のこと。

 

この製法のおかげで、水に濡れても落ちません。

水や汗に強く、海でも焼かない日焼け止めになっているというわけです。

 

 

 

 

ナルク日焼け止め4つのPOINT

ベタつかない!

特許製法 三相乳化法により、みずみずしいジェルタイプの日焼け止めです。

 

クレンジング不要で洗顔だけで落ちる!

ウォータープルーフの煩わしいクレンジングの手間を減らし、洗顔だけでOK。

 

白浮きしない!

色味が変わらないから、メイクの邪魔になりません。

 

化粧下地としてもOK

毛穴の凹凸をおさえ、白浮きしないので、厚塗り感を抑えてくれます。

 

 

 

ナルク日焼け止めを塗ったあと水にぬらしても、何も変化がありません。普段のお肌と一緒。

 

(通常の日焼け止めだと、白っぽく再乳化しています)

 

水に濡れても落ちてないってことです。

 

 

 

日常生活なら、ここまで高SPFや製法にこだわる必要はないかもしれませんが、

最近は特に日差しがきつく、紫外線も強くなってきています。

 

 

特に今年(2018年)の夏は記録づくめで 「酷暑・猛暑」 が続いています!

 

 

「絶対焼けたくない!」

 

と思う方はSPF値やPA値、さらに製法にも注目してみてくださいね。

 

どれほど強い日焼け止めでも、落ちてしまっては意味がありませんから。。。

 

 

日焼け後のダメージ・シミ・しわにまで効果あり!

 

 

 

強い日焼け止めだとお肌に負担がかかるのでは?

 

と思いますが、『NALC(ナルク)パーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェル』は

お肌にやさしいのもお気に入りのポイントです。

 

 

ウォータープルーフで落ちにくいにも関わらず、

専用のクレンジングは必要なし。

 

普通の石けんで落とすことができます。

 

 

お顔はともかく、カラダにクレンジングって使いたくないので(面倒だし・・・笑)、

いつも通り洗うだけで落ちるのはうれしいことです。

 

 

さらに保湿成分(ヒアルロン酸)でお肌にうるおいを与え、

 

抗炎症成分(グリチルリチン酸ジカリウム)で日焼け後の炎症を防ぎ、

エイジングケア成分(クララエキス)でシミ・シワ・たるみを防いでくれます。

 

 

単に日焼けを防ぐだけでなく、日焼け後のお肌もケアしてくれる優れものなんですね。

 

ナルク日焼け止めの公式サイトへ

海でも焼かない】に

とにかくこだわった日焼け止めジェルです。

 

SPF50+、PA++++、ウォータープルーフ
と日焼け止めスペックはもちろんマックスの値となっています。

 

さらに、NALCは一般のウォータープルーフ日焼け止めよりも最新技術を駆使し、
水に非常に強い商品を開発しました。

 

 

紫外線の強い季節に強い日差しを浴びる人が、
日焼けしたくない人。

 

 

・汗をかくスポーツをされる方
・マリンスポーツをされる方
・ゴルフをされる方
・アウトドアに出かける方
・海やプールへ遊びに行かれる方
・海外旅行へバカンスに行かれる方

 

 

カテゴリ:日焼け止め 

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿
カテゴリー
プロフィール

毎日の生活の中で起こる体や健康に関するお悩みについて、いろいろ調べて解決していくブログです。

Naomi

ページの先頭へ