電子タバコ

電子タバコって何がいいの?悪いの?ホントに禁煙できるの?

電子タバコって何がいいの?悪いの?ホントに禁煙できるの?

 

電子タバコと加熱式タバコの2つがありますが・・・

 

喫煙者は肩身が狭い昨今、周囲の迷惑を考えて紙巻きタバコから、

 

・アイコス

・グロー

・プルームテックなどの

 

加熱式タバコ」に切り替えた人も多いでしょう。

 

少なくとも副流煙の問題はかなり軽減されるし、吸う当人にとっても肺がんの要因とされているタール量が軽減できるので、

もし減煙・禁煙を考えている人なら、1歩前進ですね。

 

 

加熱式タバコとは

 

 

加熱式タバコは従来のタバコのように、たばこの葉に直接火をつけて燃やすのではなく、熱を加えてニコチンを発生させ吸うタバコです。

 

メリット
火を使わないので煙は出ません。タバコ葉に含ませたグリセリン類を熱することによって、煙の代わりとなる蒸気を発生させています。
よって、燃やすときに発生するタールの量が大幅に減り、健康への悪影響が軽減されます。

副流煙についても同じで、従来のタバコは常に煙が発生しているのに比べ、

加熱式タバコは吸っているときにしか蒸気が発生しないので、大幅に喫煙に関する健康被害がカットされる商品といえます。

 

加熱式タバコの特徴

 

タバコ感が強く、従来のタバコと違和感が少ない「アイコス」
ニコチンを吸い込んだときに感じるタバコ感。これが一番強いのがアイコスです。

味は、レギュラーとメンソールを含む6種類。

火を使わないので吸殻は普通ごみとなりますが、臭いが強いので灰皿を使用したほうがよさそうです。

 

 

 

電子タバコのvape(ベイプ)とは?

 

 

だが、最近よく耳にするのが「VAPE(ベイプ)」という言葉です。

どうやら電子タバコのことのようで、「VAPE」に切り替えると事実上禁煙が達成できるというが、

一体「加熱式タバコ」とどこがどう違うのだろうか。

電子タバコがアメリカで流行してからvape(ベイプ)という言葉が言われ始めました。

 

「電子タバコってvape(ベイプ)じゃないの?」とか

「vape(ベイプ)と電子タバコって違うものなの?」など

 

vapeは何なのかわからない人もいるようです。

 

そもそもvape(ベイプ)って何?

 

vapeの語源

vapeという言葉はもちろん英語です。

vapeの語源はvaporizer(ヴェポライザー)の略とされていて、

成分のみを気化することで、タールや一酸化炭素など有害な成分を発生させずに有効成分を吸入する器具とされているようです。

 

意味では、蒸発器、気化器、霧吹き(器)という意味があります。

 

vapeとは?

リキッドを入れた電子タバコで水蒸気を吸うこと」です。

 

アメリカではvape祭りといってクラブでみんなでリキッド電子タバコを吸うイベントなども行われているようです。

日本でもvape(ベイプ)という言葉に乗っ取った商品「Kamry社VAPE X6」がでております。

 

実際にはリキッドを使う電子タバコの意味なのでvape(ベイプ)は商品名ではありません。

実際に口コミや周りの意見を聞いてみると、vape(ベイプ)というと

「ミステリアス?危険?謎?若い人が好きそう」そんなイメージがあるようです。

 

電子タバコのことを総称してvape(ベイプ)というのはまだ日本ではなじみがないようですね。

これからそういう流れが来るかもしれません。

 

 

電子タバコの使い方

 

vape(ベイプ)にはタンクと呼ばれる液体を入れるところがあり、

リキッドをいれ、それを電気熱で蒸発させて煙にして吸います。

 

リキッドには色々な味があり、タバコ風味はもちろん、フルーツの味、メンソール味、ドリンク味もあります。

 

ニコチン、タールが入っていないのでタバコより安全安心といわれているようです。

ちなみに日本でvape(ベイプ)という言葉を使ってる人はあまりみかけません。

 

 

電子タバコのこれから

 

vape(ベイプ)という言葉はアメリカで定着していますが日本ではまだまだです。

これから定着するかもわからない状況です。

 

日本でもブランディングとしてvape(ベイプ)という言葉を使っている販売業者がいるようですが、

商品名にvape(ベイプ)とつけてそれと一緒に売り込みたいという策略などもあるということも聞きました。

 

今後のvape(ベイプ)という言葉の定着率はどうなるかはわかりません。

実際には電子タバコといわれるのが通常です。

 

 

 

電子タバコの健康面への影響は?

 

「VAPE」に使用するリキッドの主成分は、

食品添加物や薬品のベースに使われるプロピレングリコール(PG)と、植物性グリセリン(VG)を混合したものがほとんどです。

 

加熱すると白い蒸気を発します。

 

ちなみに、「アイコス」などの加熱式タバコの蒸気も同じ成分で、コンサートなどで焚かれるスモークもこれです。

そこに香料が添加されて、電子タバコ用リキッドとして販売されています。

 

どれも食品レベルの成分なので、

大量に摂取しなければ人体に悪影響を及ぼすものではないと現時点では考えられています。

 

とはいえ、電子タバコ自体の歴史が浅いのと、日進月歩で機器が進化しているので、

研究結果が出ていないというのが実際のところですね。

 

なので、自己責任で楽しむかどうかを決める必要があります。

 

 

vape(ベイプ)まとめ

・vape(ベイプ)という言葉は日本にはまだ定着していない

・vape(ベイプ)というのはリキッド入り電子タバコのことを指す

・vape(ベイプ)というのは商品名ではない

 

 

 

禁煙アイテムとしてオシャレで大人気のvitaful

 

フレーバーミストを「吸う」新・リフレッシュ体験

 

 

ニコチン・タール0で健康的にレフレッシュ

 

 

 

メンテナンス不要のVITAFUL

 

 

 

●ニコチン、タールzero!
●タバコみたいでタバコじゃない、ニュータイプの電子タバコ風フレーバースティック
●ストレス解消、気分転換、ファッション等々
●これまでのフレーバースティックとは違う「味、質、吸感」を実感!
●カートリッジ使用可能回数:約500回(吸引時間等により個人差があります。)
●使い捨てタイプ
●天然由来成分配合
●信頼のMADE IN JAPAN
●LINE@登録でお得に試せるクーポンがもらえる

 

カテゴリ:電子タバコ 

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
最近の投稿
カテゴリー
プロフィール

毎日の生活の中で起こる体や健康に関するお悩みについて、いろいろ調べて解決していくブログです。

Naomi

ページの先頭へ