熟睡できない

熟睡するにはネムリナ

熟睡のための3つの方法!

 

ストレスに対する最も良い対処方法は

ストレスの原因になっている物事を取り除いてしまうことですが、

夜寝る前になって、ストレスの原因をなくすのは難しいですよね。

そこで、ここではすぐにできる次の3つの方法を紹介します。

 

 

1. ストレッチをする
2. ハーブティーを飲む
3. 関係ないことを考える

 

どれも寝る前にやるのが効果的です!

 

 

ストレッチをする


まず最初はストレッチです。

 

ストレッチをして筋肉が伸ばされると、副交感神経が優位にする効果があるため、

寝る前のストレッチは理に適っていて、効果的なのです!

 

 

ハーブティーを飲む

次はハーブティーを飲むことです。

 

ハーブティーなら何でも良いわけではなく、

副交感神経を優位にする効能のあるハーブにしましょう。

 

おすすめは次のハーブです。

 

・ジャーマンカモミール
・リンデン
・オレンジフラワー
・パッションフラワー
・バレリアン

 

これらのハーブには副交感神経を活発にする効能があります。

特におすすめなのはバレリアンです。

 

あまり馴染みのないハーブですが、強い鎮静作用があるため、

交感神経の働きを抑える効果が高いハーブです。

 

注意点としては、いれてから少し冷ましたぬるめの状態で飲むことです。

 

人間は体温の低下と共に副交感神経が活発になっていくため、

冷たいものよりぬるめのハーブティーを飲むと、だんだんと体温が下がって眠くなります。

 

ただし、体温が下がった方が良いからといって、いれたての熱々を飲むのは逆効果です。

熱い飲み物を飲むと、交感神経が刺激されて、逆に眠気が飛んでしまうので、注意しましょう。

 

 

関係ないことを考える

ストレス心が反応しないようにする。

 

心を反応させないようにするには、前向きに考えたり、視点を変えるなどの方法がありますが、

このような方法は訓練が必要なため、寝る前にやるのはおすすめできません。

 

そのため、寝る前にすぐにできる方法で最も手軽なのが、

「ストレスの原因とは関係ないことを考える」ことです。

 

嫌な事を考えていると、脳と体にストレス反応を起こさせて、いつまで経っても眠れないので、

関係ないことを考えてストレス反応を止めてしまうのです。

 

考える内容は楽しい事にしてください。

楽しい旅行の思い出や、大好物を食べに行くことなど、何でも構いません。

 

 

人間はストレスを感じた時に、ストレス反応を起こし、交感神経が活発に働くことで、眠れなくなってしまうのです。

現代のストレスは強さはそれほどではありませんが、持続時間が長いため、何日間もあまり眠れないなんてこともあり得ます。

 

ストレスに適切に対処することは、現代社会では必須のスキルです。

 

 

男と女の睡眠の大きな違い

 

生理の時期になるとすごく眠たくなる

月経がはじまると、眠くて眠くて、寝ずにいられないほど。
1日中寝ていられるほど眠くて、
だからと言って、たくさん寝たから寝られないということはなく、
昼も夜も寝られます。

 

これは、女性ホルモンに深く関係しているんですよ。

男性は、ホルモンの分泌に周期がないため、
このような現象が起きることはありません。

 

ですから、女性の眠りは、ホルモン周期の約1ヶ月の中で、
良く眠れる時期と、眠くない時期が交互にあるのです。

生理特有のブルーな気分で、眠たく起きにくくなるのです。

 

また、歳を重ねて閉経を迎えると、
女性ホルモンの分泌がなくなり、
更年期障害の症状である不眠に悩む人もたくさんいます。

 

この様に、月経も女性の睡眠の質を不安定にする
ひとつの要因になっているのです。

 

 

快眠とはほど遠い妊娠中

 

 

女性ホルモンの周期が、女性の睡眠の質を変化させます

このことをふまえると、妊娠も睡眠に大きく関わってくると解ります。

 

出産は女性だけが経験する一大イベントなのですが
「異常なほどの眠気に襲われた」「寝ても寝ても眠い」など
月経の時と同じような経験をした人も少なくはありません。

 

カラダの免疫の働きにより眠気も指摘されています。
妊娠初期は風邪などの感染症にかかりやすく、
常にだるいような、熱っぽいような状態になります。

 

 

実は満足に休息がとれていない人が多い!?

 

・ベッドに入ってから寝付くまでに時間がかかる・・・
・途中で何度も目が覚める・・・
・日中にボーっとしてしまう・・・
・朝起きてもぐったり・・・

 

質の良い休息ができていないと
⇒イライラしてしまう
⇒仕事や勉強に身が入らない
⇒気力・やる気が出ない
⇒ウトウトしていまう

 

などと普段の行動に支障が出る可能性も!?

 

そこでオススメなのが休息サポートアミノ酸の「テアニン」です

緑茶などに含まれているアミノ酸でリラックスタイムのサポートをしてくれます♪

ただ、テアニンの1日の摂取目安量は200mg
緑茶約5~16杯分になってしまいます!

 

 

NEMLINA(ネムリナ)はテアニンが主原料の休息サポートサプリ!
1箱あたりL-テアニンが7,200mg配合!1日にすると240mgを摂取できます!

しかも
【GABA】【クワンソウ】【ミルクペプチド】【カモミール】【パッションフラワー】などの厳選素材から
【αGヘスペリジン】【クエン酸】など休息サポートに期待できる素材を配合しています!

 

質の高い、満足できる休息をあなたに
【NEMLINA(ネムリナ)】でスッキリした朝を迎えてみませんか?

 

 

カテゴリ:熟睡できない 

ページの先頭へ