眼精疲労

FANCL「えんきん」は眼精疲労を改善してくれるのか?

眼精疲労の原因は?

眼精疲労の原因となる病気や状態には以下のようなものがあります

 

目の病気

当然ながら原因となる病気の第1は、

「目の病気」です。大きく分けて4種類の病気があります。

 

調節性
近くのものを見るときの目の調節機能が衰えた場合で、

老眼、遠視、乱視などが代表的です。

目の使いすぎ、眼鏡の不適合による眼精疲労もこの中に入ります。

筋性
目を動かす筋肉の異常によるもので、

斜視(やぶにらみ)や輻輳(目を寄せる力)異常などがあります。

不等像性
左右の目の網膜に映る像の大きさや形に違いがある場合で、

両眼の視力差が大きすぎるときなどに起きます。

症状性
結膜炎や緑内障などの目の病気の症状の一つとして、

眼精疲労が見られることがあります。

全身の病気
全身的な病気の一症状として眼精疲労が見られる場合です。

高血圧症、低血圧症、動脈硬化症、糖尿病、内分泌疾患、貧血症、腎疾患、肝疾患などがあげられます。

 

外的環境
照明の不良、色彩の不良、有害光線、光のちらつき、温度環境などが眼精疲労の原因になる場合です。

 

心の病気
精神不安定、ノイローゼ、欲求不満など、心の状態の異常に眼精疲労の原因がある場合です。

 

 

慢性的な目の疲れ「眼精疲労」を回復させるための対策

 

 

意識して瞬きをする

眼精疲労の60%程度はドライアイが元にあります。

 

 

ドライアイってどんな病気?

ドライアイは、目を守るのに欠かせない涙の量が不足したり、

涙の質のバランスが崩れることによって涙が均等に行きわたらなくなる病気であり、

目の表面に傷を伴うことがあります。

 

いわばドライアイは涙の病気といえます。

高齢化、エアコンの使用、パソコンやスマートフォンの使用、

コンタクトレンズ装用者の増加に伴い、ドライアイ患者も増えています。

 

 

 

眼球はその構造上、瞬きをすることにより眼が乾くことを予防している油層や、

涙液による潤いや栄養分を補給している水層を保っています。

 

しかし、瞬きを忘れて、集中して液晶などを眺め続けることで、

表面が乾いて各層がダメージを受けます。

 

理想としては30分に1度は伸びをして瞬きやあくびを行い、

意識的に涙液を出すようにしましょう。

そうすることで再度水層に潤いを与えることが出来ます。

 

 

度数の合った眼鏡やコンタクトレンズを利用する

仕事などで長時間液晶を見ている方達の多くは、眼鏡を利用しているようです。

 

個人的意見に差はあると思いますが、

1ヶ月に1度は眼鏡販売店や受診による検眼を受けて、

常に個人の視力に合った物を利用することが理想と言われています。

 

更に、パソコン作業が長時間に及ぶ時に使用する眼鏡としては、

近視の方は普段使いよりも度が少し弱め。

逆に遠視の方は、普段使いよりも度を少し強めにして、

パソコン作業用の物を別途利用することが理想です。

 

 

用法を守ってコンタクトレンズを利用する

決められた期間で着脱を行ない、安価なものに手を出さず、

正規のルートで購入したものを利用されることをお勧めします。

 

コンタクトレンズの装着時には角膜の感じ方に変化が出るために、

涙液がより分泌されにくくなります。

 

瞬きの回数を意識して増やすことや、

点眼などを利用してドライアイに気を付けましょう。

 

 

点眼液を利用する

 

ドライアイの状態では、点眼液に含まれる成分を直接刺激として受けてしまいます。

そのため、市販されている点眼液では、

含まれている防腐剤がダイレクトに眼球に浸透する場合があります。

 

眼疲労や眼精疲労からドライアイを自覚する際には、まず人工涙液をお薦めします。

市販もされていますので、簡単に手に入ります。

 

点眼を行なう際には、手を綺麗に洗い、

点眼液容器の先端がまつ毛などに触れないように、

眼頭に1・2滴程度点すようにしましょう。

 

 

規則正しい生活にする

 

活動と休息のバランスを考えて、特に睡眠は十分に取るようにします。

 

全身性の病気が元となり、眼精疲労などを悪化させることもありますので、

持病がある方やアレルギーをお持ちの方は、

管理を怠らず症状をコントロールすることを心掛けましょう。

 

健康な方でも、適度な運動やバランスの良い食事を摂るようにします。

 

 

ストレスをためないようにする

 

 

ストレスは万病の素です。

抱えきれないほどのストレスが長期間溜まることで、様々な不快症状を出現させます。

適度に発散させるように心掛けましょう。

 

特に、真面目で完璧主義、負けず嫌い、責任感が強い、

人に任せられないなどの性格が強い人は、長時間の仕事になりがちです。
気を付けるようにしましょう。

 

おすすめサプリ・デスクラーク

現代人の必須アイテムであるデジタル製品からの
刺激ケアを重要ポイントにしています。

 

ルテイン
目力を支える「ルテイン」は年齢とともに減少し続けます。
さらに、パソコン、スマホ、携帯ゲームの普及により
現代人は常にブルーライトの脅威にさらされていて、
しっかりと守ってあげることが必要です。

ヒト試験により効果が実証されている20mgを配合。
人参約42本分のルテインが含まれています。

 

マキベリー
スーパーフードの王様と呼ばれるマキベリー。
酸化から健康を守る力(ORAC値)が、
ブルーベリーやマキベリーと比較すると3倍、
アサイーと比較すると7倍も違います。

人工栽培が非常に難しいので、大変希少なスーパーフルーツです。

 

ポリフェノール
からだの巡りを整えることで有名なポリフェノール。
ワインの産地、フランスで100年の歴史を持つグラップスッド社が
ブドウ農家と直接契約したブドウを使用しています。
1粒に50mgを配合しています。

 

 

 

 

 

日本初!目の機能性表示食品!えんきんです

 

目のサプリメントで日本初の機能性表示食品です!

 

『1日中、スマホが手放せない・・・』

『パソコン仕事で目を酷使している』

『近くのものを見るとき、ピントが合いにくい。』

 

 

 

 

 

 

 

 

機能性関与成分「ルテイン」配合の【めばえ】

機能性関与成分「ルテイン」配合の【めばえ】で、

クッキリ・スッキリ生活をはじめませんか?

 

ルテインには、

パソコンやスマホなど電子機器から発せられるブルーライトなどの光の刺激から目を保護し、

 

 

カテゴリ:眼精疲労 

ページの先頭へ