関節痛

皇潤極でひざ関節の柔軟性と可動性を助ける!

ひざの痛みの原因は?

 

ひざの痛みをもたらす疾患としては、さまざまなものが考えられます。

変形性ひざ関節症は最も頻度が高く、

中高年以上の方で諸因なくひざが痛む場合、変形性ひざ関節症がまず疑われます。

 

2つめには関節リウマチなどの炎症性の疾患によるもの、

 

3つめにはひざの周辺の骨折や、靭帯や半月板を傷めるなどの外傷によるものが考えられます。

 

さらに子供などでは、成長にともないひざの痛みが生ずることもあります。

また、頻度は稀ですが、ひざの部分に発生した腫瘍が痛みの原因となることもあります。

 

ひざ痛の日常生活のポイント
   
 
1. ひざを深く曲げて座っていませんか?
 
     

ひざを深く曲げて座るのは禁物です。

ひざ関節を90度以上曲げて座ったり、和式トイレでしゃがんだりすると、

立ち上がる時にひざに負担がかかります。

 

いすやソファ、ベッドの高さを一定に保ち、立ち上がりやすいようにしましょう。

また、同じ姿勢は続けないように気をつけましょう。

 

正座はおふろの中で練習するとよいでしょう。

 

   
 
2. 温めていますか?冷やしていますか?
 
     

痛みがおこる前に適切な処置をしましょう。

ひざをさわってみて冷えていれば、まず温めましょう。

 

ひざのお皿(膝蓋骨)は皮膚のすぐ下にあるため冷えやすくなります。

日ごろからサポーターなどで保護しましょう。

 

運動(仕事)のあとにひざが熱を持ったら、痛みが起こる前に冷やしましょう。

痛みがおこる前に対処すれば腫れは引きます。

 

   
 
3. 下り坂が怖くありませんか?

 
 

 

動き始めは徐々に慣らしていくようにしましょう。

ひざの軟骨のクッションが弱くなったり、ひざを支える筋力が落ちてくると、

歩きはじめや下り坂で痛みが起こったり、不安定感を感じます。

 

動き始める時には徐々にひざを慣らしていくとよいでしょう。

 

 

 

ひざにトラブルを抱える人は、

 

姿勢不良、筋力低下、肥満、老化のうちのどれかに該当している場合が多いです。

 

外反母趾、捻挫の後遺症などの足部の障害や、O脚や猫背などにより歩く姿勢が悪くなると、

ひざに負担がかかりやすくなります。

 

加重や摩擦が多い部分の関節軟骨がしだいにすり減ってしまいます。

 

筋力の低下も、ひざに負担をかける要因のひとつです。

 

肥満による体重の増加はひざへの負担を大きくします。

 

また、老化で骨が弱くなり(骨粗鬆症)、

体重を支えることができなくなれば、それもまたひざが痛む要因になります。

 

 

自分でできること!

 

 

 

もも周辺の筋肉の強化が、ひざ痛にはたいへん効果があります。

大腿四頭筋は、ひざのお皿の骨(膝蓋骨)を通して、ひざ下までつながっていて、ひざ関節を支えています。

この筋力を強化すると、膝関節を安定して、痛みが起きにくくなります。

 

大腿四頭筋の強化は、変形性股関節症による股関節痛にも効果があります。

肥満の人は減量すると症状の改善が期待できます。

ひざへの負担を軽くするために、毎日の食生活をコントロールすることも大切です。

体重が増えてしまうと、ひざへの負担もそれにともなって大きくなります。

 

摂取するカロリーを減らしながら、バランス良く食事することを心がけましょう。

 

 

ひざ関節の柔軟性、可動性を助ける「皇潤・極」

 

・皇潤極に含まれる非変性2型コラーゲンはひざ関節の柔軟性と
 可動性を助ける機能性表示食品です
・ロングセラー健康食品皇潤ヒアルロン酸に、そのコラーゲン(UC-2)がプラス!
・皇潤シリーズはヒアルロン酸市場12年連続売上No.1

 

 

カテゴリ:関節痛 

ページの先頭へ