関節痛

ひざ、腰、肩のつらさを緩和!あったかグルコサミンは塗るだけ

ひざ、腰、肩のつらさを緩和!あったかグルコサミンは塗るだけ

 

「あったかグルコサミン」は塗るだけのジェルタイプ商品です!

 

 

 

あったかグルコサミンはここが違う

 

「N-アセチルグルコサミン」

軟骨の生成をサポートしてヒアルロン酸もつくり出す

 

「オオイタドリ(大痛取)」

辛さを和らげる注目成分

 

「ショウガ根エキス」

ポカポカ成分

 

が配合されていて、

 

「ひざ、腰、肩」に効果的な成分が一本にギュッと凝縮されています!

 

 

 

 

ヒザや腰、肩などの関節の痛みは骨と骨の間にある軟骨がすり減ることが原因。

 

「あったかグルコサミン」に含まれている成分は、

この軟骨を生成するサポートするものなので、非常に効果的!

 

さらにショウガ根エキスが配合されているので、塗るだけで患部がポカポカ温まります。

 

サプリメントみたいに飲む必要はなし!

 

「あったかグルコサミン」はジェルタイプなのでさっと塗るだけでオッケー!

 

飲みにくい錠剤タイプのサプリメントではないので速効性もあります。

辛い時にすぐ使えるのは嬉しいですね。

 

 

チューブタイプになっていて、小さくコンパクトなので持ち運び楽々です。
これなら外出する時にバッグに忍ばせておけますね。

 

ジェルを実際に塗ってみると、嫌な臭いはせずサッと伸びます!

少量で広範囲を温められるので経済的にも助かりますよ。

 

あったかグルコサミンジェルは塗ってから2分程という即効性

 

関節痛にはサプリメントなどいろいろ発売されていますが、

効果を感じるまでにはしばらく飲み続けなければいけないですよね。

 

飲み続けていても、本当に効果が出てくるかどうかもわかりません。

 

でも、あったかグルコサミンジェルは

塗ってから2分程という即効性もあり、ホカホカもしばらく続きます。

 

もちろん、サプリなどと併用してもいいし、

関節の痛みをすぐにでも和らげたいという方にはぴったりなのではないでしょうか。

 

 

 

即効性のあるこのあったかグルコサミン、初回は980円から始めることができます。

 

 

内側から温かくなる

ジンジャーティーやサジーなどと一緒に、外側からのケアとしてさっさっと使えます。

 

香りもないので、外出先でも使えますね。

チューブ式なので持ち運びに便利なのも嬉しいポイントです。

 

 

ニオイもほとんどないので日中塗っていても、側にいる人にまったく気づかれないと思います。

湿布やボルタレンなどは「なにか塗ってる(貼ってる)?」って聞かれちゃうこと多いですものね。

 

あったかグルコサミンはコンビニやドラッグストアでは売ってません

 

買えるのは公式サイトのみです。

 

痛いのはつらいですものね。

関節痛の痛みでつらい方

一度使ってみてはいかがでしょう。

 

あったかグルコサミンの公式サイトへ

【あったかグルコサミン特長】

 

特長1:

 

なめらか(アセチルグルコサミン)

・やわらぎ(オオイタドリ・西洋シロヤナギ)

・ぬくもり(ショウガ・トウガラシ)の3大成分配合

特長2:

 

気になるところにサッと塗るだけ即実感!かるーくスイスイ、納得の心地よさ

特長3:

 

31年実績を誇る「ミリオン」の徹底した安全と品質管理した工場(国際規格「ISO9001」を所得)で製造。

 

手・足・腰など気になる部分にまんべんなく塗り、マッサージをするように塗りこんでください。

また、ジェルのついた手で目などに触れないでください。

 

 

カテゴリ:関節痛 

皇潤極でひざ関節の柔軟性と可動性を助ける!

ひざの痛みの原因は?

 

ひざの痛みをもたらす疾患としては、さまざまなものが考えられます。

変形性ひざ関節症は最も頻度が高く、

中高年以上の方で諸因なくひざが痛む場合、変形性ひざ関節症がまず疑われます。

 

2つめには関節リウマチなどの炎症性の疾患によるもの、

 

3つめにはひざの周辺の骨折や、靭帯や半月板を傷めるなどの外傷によるものが考えられます。

 

さらに子供などでは、成長にともないひざの痛みが生ずることもあります。

また、頻度は稀ですが、ひざの部分に発生した腫瘍が痛みの原因となることもあります。

 

ひざ痛の日常生活のポイント
   
 
1. ひざを深く曲げて座っていませんか?
 
     

ひざを深く曲げて座るのは禁物です。

ひざ関節を90度以上曲げて座ったり、和式トイレでしゃがんだりすると、

立ち上がる時にひざに負担がかかります。

 

いすやソファ、ベッドの高さを一定に保ち、立ち上がりやすいようにしましょう。

また、同じ姿勢は続けないように気をつけましょう。

 

正座はおふろの中で練習するとよいでしょう。

 

   
 
2. 温めていますか?冷やしていますか?
 
     

痛みがおこる前に適切な処置をしましょう。

ひざをさわってみて冷えていれば、まず温めましょう。

 

ひざのお皿(膝蓋骨)は皮膚のすぐ下にあるため冷えやすくなります。

日ごろからサポーターなどで保護しましょう。

 

運動(仕事)のあとにひざが熱を持ったら、痛みが起こる前に冷やしましょう。

痛みがおこる前に対処すれば腫れは引きます。

 

   
 
3. 下り坂が怖くありませんか?

 
 

 

動き始めは徐々に慣らしていくようにしましょう。

ひざの軟骨のクッションが弱くなったり、ひざを支える筋力が落ちてくると、

歩きはじめや下り坂で痛みが起こったり、不安定感を感じます。

 

動き始める時には徐々にひざを慣らしていくとよいでしょう。

 

 

 

ひざにトラブルを抱える人は、

 

姿勢不良、筋力低下、肥満、老化のうちのどれかに該当している場合が多いです。

 

外反母趾、捻挫の後遺症などの足部の障害や、O脚や猫背などにより歩く姿勢が悪くなると、

ひざに負担がかかりやすくなります。

 

加重や摩擦が多い部分の関節軟骨がしだいにすり減ってしまいます。

 

筋力の低下も、ひざに負担をかける要因のひとつです。

 

肥満による体重の増加はひざへの負担を大きくします。

 

また、老化で骨が弱くなり(骨粗鬆症)、

体重を支えることができなくなれば、それもまたひざが痛む要因になります。

 

 

自分でできること!

 

 

 

もも周辺の筋肉の強化が、ひざ痛にはたいへん効果があります。

大腿四頭筋は、ひざのお皿の骨(膝蓋骨)を通して、ひざ下までつながっていて、ひざ関節を支えています。

この筋力を強化すると、膝関節を安定して、痛みが起きにくくなります。

 

大腿四頭筋の強化は、変形性股関節症による股関節痛にも効果があります。

肥満の人は減量すると症状の改善が期待できます。

ひざへの負担を軽くするために、毎日の食生活をコントロールすることも大切です。

体重が増えてしまうと、ひざへの負担もそれにともなって大きくなります。

 

摂取するカロリーを減らしながら、バランス良く食事することを心がけましょう。

 

 

ひざ関節の柔軟性、可動性を助ける「皇潤・極」

 

・皇潤極に含まれる非変性2型コラーゲンはひざ関節の柔軟性と
 可動性を助ける機能性表示食品です
・ロングセラー健康食品皇潤ヒアルロン酸に、そのコラーゲン(UC-2)がプラス!
・皇潤シリーズはヒアルロン酸市場12年連続売上No.1

 

 

カテゴリ:関節痛 

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近の投稿
カテゴリー
プロフィール

毎日の生活の中で起こる体や健康に関するお悩みについて、いろいろ調べて解決していくブログです。

Naomi

ページの先頭へ