健康生活情報ブログ・健康的な毎日を過ごすために、身体、サプリ、コスメ、ダイエットの価値ある情報をお届けします! - Part 114

高血圧を緩和する漢方サプリ「きなり」

そもそも高血圧って?

 

高血圧とは、血管(内壁)への圧力が一定以上に高く続く状態のことです。

 

病院で測定する場合は最大血圧(収縮期血圧)が140mmHg以上か、
最小血圧(拡張期血圧)が90mmHg以上あるときに、高血圧と診断されます。

 

ただ、病院では緊張したりして通常より血圧が高く出てしまうこともあるので、
最近ではリラックスできる自宅での計測をする人も増えてきました。

 

自宅で計測する際の基準値は、最大血圧(収縮期血圧)が135mmHg以上、
あるいは最小血圧(拡張期血圧)が85mmHg以上の場合です。

 

自宅なら毎日計測ができ、自分の血圧の日々の変化がわかるので、
高血圧と診断された方は、自宅での測定を始めてみましょう。

 

 

高血圧が進行して怖いのが、動脈硬化です

 

動脈硬化になると脳や心臓の血管障害がおこりやすくなり、
脳卒中,心筋梗塞,腎不全といった合併症を引き起こす場合もあります。

 

 

高血圧は,血管に強い圧力がかかり過ぎている状態です

 

 

 

「血圧」は,血液の流れによって血管にかかる圧力のことです。
心臓が収縮して血液を押し出した瞬間に,血管に一番強い圧力がかかります。

これが「収縮期血圧(最高血圧,上の血圧)」です。

 

そして,収縮した心臓が広がる(拡張する)ときに,
血管にかかる圧力が一番弱くなります。

これが「拡張期血圧(最低血圧,下の血圧)」です。

 

 

収縮期血圧(最高血圧)あるいは拡張期血圧(最低血圧)が高く,
血管に強い圧力がかかり過ぎている状態が「高血圧」です。

 

 

 

治療せずに放置すると,動脈硬化が進行して
脳卒中など重い病気を発症し,最悪の場合,死亡に至ります!

 

高血圧は自覚症状がほとんどありません

 

定期的に血圧を測らないと発見が難しく,
健診で指摘されても,自覚症状がないため放置してしまう人もいます。

 

高血圧を放置すると,血管が硬くなる動脈硬化が進行して,
脳卒中,狭心症,心筋梗塞など重い病気を発症し,最悪の場合,死に至ります。

 

血圧が高い人は,低い人に比べて,脳卒中を起こす確率(発症率)が8倍になります。

 

自覚症状がないまま密かに身体をむしばみ,死を招く高血圧は,
サイレント・キラー(沈黙の殺人者)とも呼ばれる,恐ろしい病気です。

 

 

高血圧になりやすい要因は?

 

食塩のとり過ぎ,喫煙,飲酒,ストレス,肥満,
糖尿病予備群(耐糖能異常),遺伝などがあります。

 

高血圧を防ぐには?

 

 

「食塩」を減らしましょう!

食塩のとり過ぎは高血圧につながります。
高血圧の予防には減塩が大変重要です。

 

 

「野菜」をたくさん食べましょう!

 

 

野菜には,とり過ぎた食塩をからだの外に出してくれる

ミネラル(カリウム)がたくさん含まれています。

 

野菜を1日350g以上食べましょう。

 

 

「禁煙」しましょう!

 

たばこを1本吸うたびに

ニコチンが交感神経系を刺激して血圧が10~20mmHg上がり
喫煙者は吸わない人に比べて血圧が高くなります。

 

たばこは,がん,呼吸器疾患はもちろん,

脳卒中,心筋梗塞などのリスクを高めます。

米国の疫学研究によると,

喫煙者(男性)が突然死する危険性は,吸わない人の10倍以上です。

 

 

「お酒」はほどほどに!

 

 

日々の飲酒量が多いほど,血圧が高くなります。

毎日飲む人が禁酒や節酒をすると血圧は下がっていきます。

 

1日の適量は,ビールだと500mlまで,焼酎(25度)だと0.6合までです。

 

 

「ストレス」に早めに気づき,対処を!

 

生活する上でストレスは避けられないものですが,
過度のストレスは,うつ病など「こころの健康」や,
高血圧,心筋梗塞など「からだの健康」を阻害します。

 

 

憂うつ感,不安感,食欲不振,睡眠不足,飲酒量・喫煙量の増加など,
ストレスによるこころとからだの反応に気づき,早めに対処することが大切です。

 

 

「肥満」,「糖尿病予備群」を予防しましょう!

 

 

内臓脂肪が過剰に蓄積され「内臓脂肪型肥満」になると,
高血圧,高血糖,脂質異常を併発しやすくなります。

 

また,糖尿病や糖尿病予備群(耐糖能異常)も高血圧の要因です。
糖尿病を防ぐには,肥満を防ぐことが最も重要です。

 

 

高血圧に適した運動とは?

 

 

食事とともに重要なのが、定期的な運動です。
特に有効なのがウォーキングをはじめとした有酸素運動です。

 

体に酸素を取り込みながら行う有酸素運動は、
筋肉を強くし、心肺機能をアップさせてくれるため、血流を良くしてくれます。

 

ウォーキングといっても、ただ歩くのではなく速歩きを取り入れましょう。
どれくらいの速歩きかというと「なんとか会話ができる程度」で、いつもより速く歩くことを意識してみてください。

激しい運動は逆に、血圧をあげてしまうので控えるようにしましょう。

 

高血圧の予防に適したウォーキング量はどれくらい?

 

では、高血圧の予防に適したウォーキングとは、どれくらいの量でしょうか。

「1日8,000歩・速歩き20分」を目安にしましょう。

 

ウォーキング時間中に「8,000歩・速歩き20分」ではなく、
1日全体で「8,000歩・速歩き20分」行えばいいと言われています。

 

 

無理に運動する時間を作るというよりはむしろ、

日常生活の中で、歩数・速歩きを取り入れてみましょう。

たとえば、エスカレーターではなく階段を使ったり、
ちょっと離れた駐車場に車を止めたり。

 

また、「毎日必ず8,000歩・速歩き20分しよう」と思わず、
歩数が足りなかった日は別の日でカバーして、
平均して達成できればいい、ぐらいの気持ちでいた方が、長く続けられます。

 

 

また、すでに高血圧になっている方でも、運動することで塩分を排出し、血圧を下げる効果が期待できます。

運動することで利尿作用が働き、ナトリウムの排出を促進してくれます。

高血圧は塩分(ナトリウム)を減らす、ウォーキングをするなど、
特別な道具を使わずに今すぐ対策ができます。

 

高血圧が気になる人は、生活習慣の改善が重要ですので、
ぜひ今日から実践してみてはいかがでしょうか?

 

 

おすすめの漢方サプリメント「きなり」

きなりは、血液の健康を大切にしている方から支持されているサプリですが、DHA・EPAサプリとしても優秀です。

特に、授乳中の方や、母乳に関して悩みのある方にとって、サラサラ成分をまとめて補えるのは心強いと思います。

 

また、一般的に数多くの成分が配合されているサプリは、1つ1つの含有量が物足りない場合がありますが、

きなりはDHA・EPA500mgと十分な量が含有しています。

 

重金属(水銀)、放射能、残留農薬検査を実施しているなど、安全安心に対する取り組みも徹底されているので、

間違いなく安心して飲めるDHA・EPAサプリだと思います。

無添加・無着色のオーガニックサプリだから安心安全です。

血液サラサラ成分のサポニンが糖代謝をサポートします。

高麗人参の約7倍入っている

ビタミン・ミネラル・アミノ酸などが豊富に含まれています。
漢方系なので、副作用の心配が少ないです。

 

カテゴリ:生活習慣病 

プレミアムブラックシャンプーとharu黒髪スカルプ・プロ

抜け毛の予防と原因

 

晩夏から初秋にかけて、抜け毛が特に目立つようになります。
抜け毛の予防は、一年中いつでも取り組んでおくことが大切です。

抜け毛の予防方法を考える時には

抜け毛の原因について理解しておく必要があります。

 

ストレスが原因になって、血管の隅々にまで血流が行き渡らなくなり、

栄養が毛根に届かないことがあります。

抜け毛が多くなる一因として、ドライヤーのかけすぎや、

シャンプーが髪を傷めたことがあるケースもあります。

 

紫外線が肌の働きを損ねていたり、

お酒やタバコで髪の健康が保てなくなっていたり、
体に悪い生活を送っているなども背景にあります。

様々な抜け毛の要因があることを、知っておくといいでしょう。

 

効率的に抜け毛を予防したいのであれば、

どういう事情があって抜け毛が発生しているのかを知ることです。

喫煙やアルコールなど嗜好によるものが原因となっている場合もあるでしょう。

一度に全てを中断することは困難な面もありますが、

だんだんと分量を少なくしていけば、解毒効果があるでしょう。

健康的な髪になるために、髪への負荷を減らして健康な髪と地肌をつくりましょう。

 

 

乾燥する冬の抜け毛対策

冬というのは1年の中で空気がもっとも乾燥する季節です。

 

空気が乾燥すると風邪やインフルエンザなどのウィルスにかかりやすくなるだけではなく、
髪の毛や頭皮にとっても様々な悪影響を及ぼします。

 

乾燥して空気中の水分量が少なくなることで頭皮や髪の毛へは次のような影響が起こります。

 

 

・髪に潤いがなくなりツヤがなくなる

・髪が弱り細くなる
・健康に成長しなくなり抜け毛が増える
・頭皮が乾燥しフケが出る
・枝毛になる、切れ毛が増える

 

 

なぜこのようなことが起こるかというと、

頭皮や髪の水分量が減ることで

頭皮や髪の健康維持や成長の妨げに繋がるからです。

 

 

健康な髪の毛というのは全体の12-13%が水分を含んでいますが、
乾燥が進むと表面のキューティクルが剥がれていきます。
そしてどんどん髪自体が痛んでいきます。

 

 

また、頭皮においても乾燥は大敵です

頭皮というのは畑に例えると土壌ですので、

その土壌が乾燥すると作物自体が健康には育ちません。

 

つまり、頭皮が乾燥していては健康で丈夫な髪の毛というのは生えてきません。
そういったことで上記のような様々なトラブルの症状が出てくるのです。

 

 

 

間違ったシャンプーの使い方・洗髪方法

 

 

・シャンプーやリンスを適量以上に使う

 

使えば使うほど頭皮や髪がきれいになるわけではありません。

 

・1日2回以上、髪をシャンプーで洗う

洗いすぎです。

 

・リンスやコンディショナーをきちんと洗い流さない

リンスが髪に残っていた方が、髪がするするしっとりになるような気がするかもしれませんが、

リンスやコンディショナーの成分は頭皮の刺激になります。
きちんと洗い流してください。

 

・刺激の強いシャンプーを使う

シャンプーの選び方については後程ご説明します。

 

 

理想的な洗髪方法・コンディショナーの使い方

 

 

・ブラシで髪についた埃や汚れを落とす。

ブラッシングをしておくことで、

洗髪時に髪がからまりにくくなるので、無用な抜け毛を防ぐこともできます。

ブラシはプラスチック製ではなく木製がおすすめです。
静電気が起きにくいです。

 

・ぬるま湯で髪と地肌をしっかり濡らす。

髪の毛先だけでなく、頭皮まで濡らしてください。

このすすぎ洗いの段階で、

髪についた埃や汚れを8割方落とすことができると言われています。

シャンプーの使いすぎを防ぐことができ、髪や頭皮に優しい洗髪につながります。

 

・手の上で泡立てたシャンプーを頭皮・髪の毛につけます。

毛先ではなく頭皮・髪の根元を中心に洗っていきます。
指の腹を上手に使いましょう。
耳の後ろやうなじは皮脂の分泌の多い場所なので、忘れずに洗ってください。

 

・すすぎ残しのないように洗い流す。

特に、額の生え際や耳の後ろ、うなじ生え際に泡が残りやすいです。
意識して3分~5分程度はシャワーを流してください。

 

・コンディショナーを使う方、髪の水分を手で軽く切る。

リンスやコンディショナーは頭皮の毛穴を塞いでしまいます。
頭皮ではなく、髪の毛先につけてください。
最後に、髪にリンスやコンディショナーが残らないように、十分に洗い流しましょう。

 

 

 

 

 

 

プレミアムブラックシャンプーとharu黒髪スカルプ・プロ

 

「洗浄」「保湿」「栄養補給」の働きを1本に。

頭皮から髪を立て直す、黒のヘアケア、

&GINO『プレミアムブラックシャンプー』

 

自然の吸着力でうるおいを残しながらすっきり!

心地いいシャンプータイムで、頭皮まで健やかにケアします。

ほどよい爽快感、なめらかな仕上りとともにハリやコシのある髪を
育むラグジュアリーなヘアケアです。

 

「洗浄」「保湿」「栄養補給」の働きを集約。
シャンプーでありながらトリートメントの効果も実感!

頭皮に不要なものは一切配合せず、つくりあげた、こだわりの1本です。

 

 

 

 

そして、もう一つのおすすめは

 

「haru黒髪スカルプ・プロ」です!

 

「haru黒髪スカルプ・プロ」

「抜け毛」「白髪」「育毛発毛」のケアがこれ1本でできるオールインワンシャンプーです。

合成香料・着色料不使用、カチオン活性剤不使用、石油系界面活性剤など

不使用の100%天然由来のノンシリコンシャンプー!

ノンシリコン特有のキシキシ感もなく、泡立ちがいいので指どおりも滑らか!

 

 

(1)100%天然由来のノンシリコンシャンプー
(2)白髪・抜け毛・薄毛を1本でケア
(3)独自の発毛育毛促進成分を配合
(4)ノンシリコンなのにキシまず、泡立ちも◎
(5)アミノ酸系洗浄成分配合
(6)リンスがいらないからコストパフォーマンスもバッチリ。
(7)心安らぐ柑橘系の香り

 

カテゴリ:抜け毛 

生薬製剤ピーチラック【乙字湯】は漢方で痔を治す

痔は国民病!?

 

日本人の成人のうち、なんと3人に1人が痔持ちという報告もあるくらい多い病気です。
とくに近年は、女性の痔が増えています

痔の中で発症頻度が一番高いのは痔核で、半数以上をしめています。
この痔核は比較的男性に多く飲酒や仕事上の過労が原因となり、

女性は妊娠や出産が悪化の原因と考えられます。

裂肛はやや女性に多く、それには便秘が関係しているようです。

一方、痔ろうは男性に多くみられます。

 

 

 

日常生活から考えられる原因

 

1 きっかけは排便異常

 

痔のほとんどは便秘や下痢がきっかけです。

便秘のときの便は硬くなります。

 

この硬い便を無理やり出そうとして強く力むと、

肛門の皮膚が切れる裂肛やうっ血を起こしてイボができる痔核の原因になります。

 

また下痢が原因になることも多く、

勢いよく出る便や排便の回数が増えることで痔を悪化させたり、

細菌に感染して痔ろうを引き起こすことがあります。

 

 

2 同じ姿勢を続けたり、力むことの多い仕事

クルマのドライバーやパソコン作業のデスクワークのように、

座ったままでいるような仕事はお尻に負担がかかります。

 

また美容師や販売員、板前のように立ったままの仕事も腹圧をかけることが多く、

お尻がうっ血しやすくなります。

 

重いものを持ち上げたり、運ぶような仕事も同様で注意が必要です。

 

 

3 食べすぎ飲みすぎ、刺激物のとりすぎ

お酒の飲みすぎは下痢を招きやすくするとともに、生活のリズムも乱します。

食べすぎや偏食はもちろん、

刺激の強い香辛料のとりすぎも肛門部のうっ血の原因となり、痔を誘発することになります。

 

 

4 運動不足や冷え、ストレスによる血行不良や肛門部の不潔

運動不足や冷えは下腹部の血行不良を招き、肛門に負担をかけます。

また、ストレスによって自律神経が乱れることでも肛門の血行不良が起こり、

痔を引き起こしたり、悪化させることがあります。

 

また、肛門部を不潔にしていると、肛門に炎症が起こりやすくなり、痔を誘発することがあります。

 

 

5 妊娠や出産による肛門の圧迫


妊娠によって子宮が大きくなると、

肛門の圧迫や骨盤内のうっ血によって血行が悪くなり痔の原因になります。

さらに出産の際にも強く力むので、痔を発生させたり悪化させたりすることもあります。

 

 

 

日常生活でできる予防法

 

1 排便のリズムをつくる

 

便秘は痔の一番の原因です。

お通じが定期的にないのは自分のライフスタイルに問題があるのかもしれません。

 

とくに朝は便意を感じやすい時間帯ですが、

このときに支度が忙しくて便意を我慢するような生活をしていては便秘を招きます。

早めに寝て生活にメリハリをつけ排便のリズムをつくりましょう。

2 食生活を改善する

 

 

朝食を抜くと、痔の大きな原因である便秘になりやすくなります。

しっかり朝食をとれば胃が動き出し、大腸も活動しますので、毎日排便のある生活ができます。

 

また食事は食物繊維を意識して食べましょう。

食物繊維は消化されず、大腸の運動を刺激して、排便をスムーズにします。

暴飲暴食や多量のアルコールは下痢の元になりますので、控えるようにしましょう。

 

 

3 同じ姿勢を長く続けない

痔の予防には同じ姿勢を長時間続けないことが大事です。

座りっぱなし、立ちっぱなしのときは、

少しでも休憩タイムを作って体を伸ばしたり、肩を上下、足の屈伸などを心がけましょう。

 

座ったまま動けないようなときは、

ちょっと腰を浮かせてみるだけでも、お尻にかかる体重から解放され血行が戻ります。

 

 

4 腰周りを冷やさない

痔を助長する原因の一つに冷えがあります。

冷えは血行を悪くして肛門部のうっ血を促すので、肛門の大敵です。

とくに女性は下半身を冷やすような服装と冷房による冷えにも注意が必要です。

 

 

5 適度な運動とストレスの解消を心がける

運動不足やストレスは、肛門部の血行不良を招くことがあります。

軽い運動を習慣にしましょう。とくに、便秘の解消にも効果的な腹筋運動がおすすめです。

 

また、平日は読書やテレビ観賞、お風呂など手軽にできることで、

休日は外出などで気分転換を図って日々のストレスを溜めこまない工夫をしてみましょう。

 

 

6 温水洗浄便座を使う

 

排便後、トイレットペーパーで拭いただけでは、肛門部の便はなかなか取り除けません。

また、トイレットペーパーで強く拭くことで肛門の皮膚を傷つけることもあります。

温水洗浄便座があるときは、ぜひ活用しましょう。

 

 

 

 

 

病院にいけずに困っている方へ

キレ痔・イボ痔に漢方パワーがスーッと効く

 

【生薬製剤ピーチラック 乙字湯】をご紹介します!

 

生薬製剤ピーチラック【乙字湯】は効果効能が認められた漢方薬です!

 

 

カテゴリ:生活習慣病 

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近の投稿
カテゴリー
プロフィール

毎日の生活の中で起こる体や健康に関するお悩みについて、いろいろ調べて解決していくブログです。

Naomi

ページの先頭へ