健康生活情報ブログ - Part 24

金時生姜プレミアムで冷え性を改善する!

冷え性とは何でしょう?

冷え性は、身体の他の部分は普通に温かいのに

手や足などの末端だけが異常に冷える状態・体質のことを言います。

 

冷えによる痛みの他、肩こりや頭痛を伴うこともあります。

 

それではなぜ冷え性になるのでしょう。

 

 

熱を全身に運ぶ血流に問題が

人間の熱は筋肉の運動や各細胞の代謝によって発生しますが、

熱をたくさん発生させる部位からあまり発生できない部位に

拡散させていく必要があります。

 

その役割を担っているのは血流です。

 

血液は全身をくまなく流れて酸素や栄養を運んでいますが、

一緒に熱も運んでいるのです。

 

手や足の末端部位の毛細血管はそもそも血液が流れにくいものです。

健康な人であれば問題が無い程度には血流は流れます。

 

何らかの原因で血流が滞ったとき、

つまり「血行不良」なときに冷え性の症状が出ます。

 

 

血行不良になる原因は?

ここでは血行不良の内的な原因に、

 

・いわゆる「ドロドロ血」で血液が流れにくい
・血流をコントロールする自律神経がうまく働いていない

 

の二つをあげておきましょう。

 

血行不良体質が原因ということだと、冷え性に付随して肩こりが発生するのも理解できます。

 

 

食生活でドロドロ血に!

ドロドロ血は食生活の問題です。

 

高脂肪、高コレステロールの食事を続けていくとそんな血液になってしまいます。

冷え性は生活習慣病の一症状であり、今後、動脈硬化や心筋梗塞につながる危険な状態です。

 

 

冷え性が女性に多いのはこんな理由が

自律神経の不調は一般的には不規則な生活が原因だったりしますが、

女性の場合は女性特有の問題から発生します。

 

ホルモンのバランスが崩れたときに自律神経失調が起きるのです。

体質的にホルモンバランスを崩しやすい傾向がある女性は冷え性もひどくなるようです。

 

また、女性によく聞かれる「無理なダイエット」もホルモンバランスを崩す原因になります。

他にも「低血圧」「貧血」というのも冷え性が女性に多い要因になっています。

 

 

血行不良をなおして冷え性を改善!

原則的には「血行不良」をどうにかすれば冷え性は改善できるということになります。

簡単にできるのは手足のツボ押しマッサージです。

神経を刺激することで自律神経が正常に働くように身体は反応します。

 

瞬間的に改善するわけではありませんが、継続すると効果が期待できます。

 

 

いろいろある血行改善方法

同じく自律神経を刺激するという意味では半身浴も有効です。

お風呂はお湯で温まるから冷え性にいい、というだけではなくそういう理由もあるのです。

 

 

血行を良くする食材と言えば、ズバリ「ショウガ」です。

 

 

 

ショウガに含まれる「ショウガオール」「ジンゲロン」などの辛み成分が血行促進に効果があると言われています。

 

 

 

生姜の王様「金時生姜」は、身体の芯から手足の先までポカポカ!

梅肉エキスと黒酢もろみが毛細血管まで血流を良くし、ポカポカを伝えます!

 

金時生姜は普通の生姜に比べ、ポカポカ成分の「ジンゲロール」が4倍!「ガラノラクトン」は10倍!
梅肉エキスと黒酢もろみで血液サラサラ&疲労回復。さらに基礎代謝を活発にしダイエットにも最適です。

 

カテゴリ:便秘 冷え性 

カイテキオリゴで赤ちゃんの便秘を改善する?

本来、赤ちゃんはスッキリ出来ないことはありません。

 

なぜなら、生後まもない赤ちゃんのお腹は
腸内細菌の約90%が善玉菌(ビフィズス菌)という状態で、
これは、本来ならば“スッキリ出来る腸内環境”だからです。

 

そのため、医薬の世界では“赤ちゃんがスッキリできない”
という概念自体がありません。

 

でも、実際のところ、どうなのでしょう。

 

実は、今、赤ちゃんがスッキリ出来ずに
悩みを抱えているというのがとても増えています。

 

なぜなら、「母乳の栄養の偏り」や
「粉ミルクを使うことが多い」という
赤ちゃんの食の環境が変わってきたからです。

 

 

しかし、前述したように医薬の世界では
「赤ちゃんがスッキリ出来ないとことはない」
という前提なので、
はっきりとした療法が確立されていないわけですから、
ママ達は、“一体どうすれば良いの?”
という状況に陥ってしまいます。

 

 

とにかく我が子がスッキリできない状態を何とかしたい
そう切実に思っていても、具体的な手段を見つけるのは
困難なのです。

 

 

赤ちゃんがスッキリできないのが続いてしまい
苦しそうにしている場合、
お医者さんの一般的な治療方法として
浣腸で溜まった便を出します。

また、状態によってはお薬を使って排便を促す
ということも多くあります。

 

 

大人もそうですが、浣腸も一時しのぎの処置で、
できれば、何度もしたくないですよね。

 

そして、お薬はなるべくなら使いたくないはずです。
生まれたばかりの子供に「副作用」が心配かもしれない医薬品は
出来るだけ使いたくない。

というのが、ほとんどの親の共通意見です。

いつも“安全で自然なスッキリ”をさせてあげたいのです。

 

 

カイテキオリゴ』が選ばれている理由は、
 お母さん達が選びたくなる2つの優れた性質にあります。

 

 

安心と信頼

  オリゴ糖はビフィズス菌の大好物です。
  だから、赤ちゃんのお腹のビフィズス菌が元気になって
  痛みを伴わない自然なスッキリを促します。
  
  そして、“オリゴ糖は母乳にも含まれている成分”
  ですから、安心してお召し上がり頂ける食品です。
  
  
食べさせやすい

  味はお砂糖の1/4程度の甘さでほんのりと甘さです。
  溶けやすい粉末状ですので、
  水やお茶、ミルクにも簡単に混ぜることができますし、
  お粥などにいれてもほんのり甘くなって
  赤ちゃんが美味しく摂取できます。

 

 

だから、『カイテキオリゴ』を
毎日の食事に少しプラスするだけで
無理なく簡単にしっかりと赤ちゃんの毎日のスッキリを
手に入れることができます。

 

カイテキオリゴは、日本で一番選ばれているオリゴ糖!

そうは言っても、他にも色々なオリゴ糖はあるし
他でもいいんじゃないの?と思われたかもしれません。

 

しかし、親にとって子供は命より大切なもの。
変なものを摂らせて、後悔するようなことは絶対に避けたい。
“本当に安心できるもの”を選びたいですよね。

 

皆さんがよくご存知のオリゴ糖は、
シロップ状の物ではありませんか。

それは、甘味料としての物でオリゴ糖の成分自体は
30%程しか含まれていないのです。

 

 

 

"

カテゴリ:便秘 

うるしず潤静で子供の乾燥肌とかゆみ対策を改善する!

子供の冬の乾燥肌かゆみ対策

 

空気の乾燥する冬場は、子供の乾燥肌が深刻です。

普段は乾燥しない子も、顔や手、背中などがカサカサして
痒がるようになります。

 

ひどい子では、夜も眠れないくらい痒くなり、
これは子供にとっても
大変なストレスです。
それに、見ているお母さんも辛いです。

 

子供の乾燥肌対策!

 

1. 入浴方法の見直し


実は入浴って体が潤うように思えますが、逆に乾燥します。
それは、入浴によって肌の潤い成分が流れ出てしまうからです。

冬場は寒い体を温めるために、熱い湯船に長時間浸かるように
していましたが、それはかえって逆効果だそうです。

 

また、刺激の強いシャンプーやボディーソープも見直しました。
シャンプーは洗い流す時に顔や体に付着するので、
使用されている合成界面活性剤を確認し、低刺激のものに変えました。

 

2. 保湿

 

乾燥肌に欠かせないのが保湿です。
特に入浴時に奪われた水分や油分を補うためにも、
できるだけ、入浴後すぐに行うのが効果的です。

 

3. ビタミンを多く摂取する

乾燥肌には、ビタミンA,ビタミンB,ビタミンC,ビタミンEがいいので
これらを意識的に取り入れるようにしました。

といっても、あまり神経質になる訳ではなく、

お肉だったら豚肉(ビタミンB)を多めにメニューに取り入れたり、
人参やカボチャ(ビタミンA)を毎日お味噌汁の具に入れたり、
毎朝果物(ビタミンC)を朝食に出したり、
白いご飯にたらこ(ビタミンE)を添えたり・・・。
そんな風にちょっとだけ意識するようにしてみました。

 

4. 爪を短く切る

 

子供に「掻いちゃダメ」と言っても、無理がありますよね。

 

子供の肌は大人に比べるととてもデリケートです。

掻くことによって肌を傷つけ、更にお肌のバリア機能を低下させ、
余計に痒くなるという負のスパイラルに陥ってしまいます。

そうならないためにも、基本的なことですが最低限、
爪は短く切ってあげましょう。

 

5. 手洗いの後はすぐにハンカチで水分をおさえる

 

子供の手荒れや手の乾燥は、手洗いによるものです。

最近はインフルエンザやノロウィルスなどの感染症が
メディアを賑わせています。

そのため、幼稚園や保育園、学校では冬場は特に手荒いが徹底されています。
それはとても良いことなのですが、1日に何度も石鹸で手洗いをすることで、
手の潤いが逃げてしまい、結果手の乾燥や手荒れの原因となってしまいます。

そうは言っても、手を洗わないようにするというのも現実的ではありません。
なので、手を洗った後は必ずハンカチやタオルで優しく拭き取るよう、子供に教えました。

手洗い後、水分を自然乾燥させると、水分と一緒に皮膚に必要な潤い成分も
蒸発してしまうからです。

日常の生活をちょこっとだけ改善するだけなので、
とても簡単だと思いませんか?

実は日頃から少しだけ気をつけるだけでも、
子供の乾燥肌は随分と改善されるんです。
できることから、始めてみることをおススメします。

 

 

 

注意したい子供の冬のお風呂の入れ方

ぐっすり眠ることは風邪予防にもとても大切。

そのためにはお風呂で冷えた体をじっくり温めたいものです。

 

毎日の入浴が乾燥肌の原因となり、かゆみなどの不快な症状を引き起こすことにつながるケースがあります。
ここでは冬場の子どもの入浴で気を付けたい点についてまとめてみました。

 

洗いすぎに注意!

毎日シャンプーし、ボディソープを付けたタオルやスポンジで体を洗っていませんか?

じつは、からだについている汚れのほとんどは水溶性です。お風呂のお湯に浸かるだけでほとんど落ちてしまいます。

石鹸で洗う必要があるのは、胸や脇、背中など脂っこい部分や、汚れの気になる陰部の周囲です。

しかも冬場は空気が乾燥し、肌も乾燥しています。

夏場と同じように腕や脚も石鹸で洗っていると、肌の表面を保護している皮脂が不足して乾燥肌の原因となります。

汚れの気になる部分や、汗をかいた首周り、背中周りは石鹸を手に付けて優しく洗い、
それ以外の部分を週に1~2度石鹸で洗うようにするだけで、十分清潔を保つことができます。

 

乾燥肌をまねく原因はさまざまですが、

お風呂での洗いすぎも原因のひとつです。入浴時に洗いすぎないことが大切です。

 

お子様の肌トラブルに【潤静~うるしず~】

無添加にとことんこだわった商品

・11時間後でも、つけたての95%のみずみずしさをキープ
・ポリグルタミン酸を配合
・アトピー性皮膚炎でお悩みのお子様に
・赤ちゃんから大人までご家族でお使いいただけます
・お肌への浸透が早く、サラッとしているのですぐにお洋服を着てもベタつきが気になりません
・一日に何度も塗り直す必要がありません
・お肌にオールインワンでお手入れできます
・安心の国内工場で生産しています

カテゴリ:乾燥肌 

ページの先頭へ